• キョンシー

    【概略】 俳優として落ちぶれ、家族からも見放された男が、化けものが出ると噂される集合住宅に入居。噂どおり様々な異形の者たちが現れ、パニック状態となるが…。 ホラー .0★★★★☆ キョンシーが清水崇制作でダーク・ホラー(シリアス)として復活。 まさか知らない人はいないとは思うけれども一応解説:キョンシーとは? 中国の死体妖怪の一種。硬直した死体であるのに、長い年月を経ても腐乱することもなく、動き回

  • NY心霊捜査官

    【概略】 ニューヨーク市警のラルフ・サーキ刑事は、動物園で我が子をライオンの檻に投げ捨てた女と、妻へ酷い暴力行為をはたらいた男を連続して逮捕した。関連性のない二つの事件だったが、どちらの加害者も何かにとり憑かれたように半狂乱で、常軌を逸した行動をとっていた。捜査の中で、自分にしか聴こえない、見えない“何か"があることを感じていたラルフの前に、神父のジョー・メンドーサが現れる。ジョーは、二つの事件は

  • AAAH! ゾンビーズ!! (俺タチだって生きている)

    【概略】 陸軍の極秘施設で行われていた実験が失敗し、兵士がゾンビになってしまう。一方、おバカな若者・マットが作ったソフトクリームを食べた4人がゾンビ化し…。 ホラー .0★★★★☆ 青春のストライク・ゾーン真っ只中!腐っちゃいるけど、恋したい! ボーリング場でバイトするティムの元に、バカな親友マット、マットの元カノ・ヴァネッサ、そしてティムが長年想い続けるシンディが集まる。マットは勝手に売店でソフ

  • オキュラス/怨霊鏡

    【概略】 引っ越した新居で父親が妻を殺害し、父親も銃で撃たれ死亡する事件が起こる。11年後、残された姉弟は、事件が鏡の魔力によることを証明し、鏡を葬り去ることを決意するが…。 ホラー .0★★★★★ オキュラス=眼球 その眼を通して見ているものは、果たして現実か。巧妙な鏡の魔力に惑わされる─。 鏡って不気味ですよね。鏡にうつるその自分は、果たしてそこにいる自分と同じものなのか。とか、考えた事ありま

  • スガラムルディの魔女

    【概略】 失業による結婚生活の破綻でヤケになり、強盗事件を起こしたホセ。幼い息子を連れて何とか逃走した彼は、魔女たちが巣食う村に迷い込んでしまう。 ホラー 「気狂いピエロの決闘」「刺さった男」が記憶に新しいスペインのアレックス・デ・ラ・イグレシア監督の新作です。「刺さった男」と同時期に出たんだけどね。こっちは魔女もんだし、ピエロ並みの衝撃くるか!?と思ってみるの引き伸ばしてたら、意外とそうでもなさ

  • 【概略】 ある日事故で母親を亡くしたパーカー家。美しい姉妹アイリスとローズは母に代わり、先祖代々伝わる恐ろしい秘密の儀式を引き継ぐことになる。 ホラー .0★★★★☆ レース縁取りで飾っても、肉は「肉」なんです。 思慮深く善良なパーカー一家。厳格な父親フランク、優しい母親エマ、思春期のふたりの姉妹アイリスにローズ、幼い長男ロリー。 かつてパーカー家の先祖は、大飢饉が襲った際「ある方法」で飢えをしの

  • 悪霊のはらわた

    【概略】 ある山小屋にやって来たアルビンたち友人グループ。だがその小屋の地下には悪霊が棲んでおり、憑り付かれた者は魔物と化してしまう。生き残るために、彼らは凄惨な殺し合いを繰り広げるが…。 ホラー .0★★★★★ ライミさんの「死霊のはらわた」へのスウェーデン産オマージュ全開ホラー。タイトルでアハハと笑って見下したくなるのもわかるけれど、血みどろ、人体破壊ゴアがあなどれない。久々にみた、これぞまさ

  • 死霊館

    【概略】 1971年、ロードアイランド州ハリスヴィル。野中にポツンと建つ古びた一軒家に、ロジャーとキャロリンのペロン夫妻と5人の娘たちが引っ越して来た。一家は新しい生活に胸を躍らせるが、翌朝から様々な異変が一家を襲い始める。室内は外よりも寒く、死臭が漂い、家中の時計が全て3時7分で止まり、キャロリンの身体には原因不明の痣が浮かんだ。“何か"の存在を確信したキャロリンは、数々の心霊現象を解決して来た

  • ヘンゼルとグレーテル

    【概略】 山道を運転中に事故に遭い、車を捨てて森をさ迷うウンス。やがてひとりの少女に遭遇したウンスは、導かれるように森を進んでいくが…。 ホラー .0★★★★★ 韓国の容赦ない側面がまたも鮮烈に子役たちを飲み込んでいる。子役が凄い! ストーリーはミステリー仕立てで進んでいくのですが、話の筋そのものもそうですが、終盤の真相が訪れるまでどこかアンバランスな部分(計算ずく)がずっと続くのがどこか後味の悪

  • 殺人漫画

    【概略】 ある日、WEB漫画の編集長が変死体で発見される。担当刑事のギチョルは、編集長が担当していた女流漫画家ジユンのWEB漫画に、編集長の死が予言のように描かれていたことに気づく。その後も彼女のWEB漫画で描かれる死が次々と現実となっていくのだったが…。 ホラー .0★★★★★ WEB漫画が、そのまま殺人現場となる。 当然漫画家に容疑がかかるが、自殺と断定せざるを得ない状態で、そんな事件が立て続

  • フッテージ

    【概略】 ノンフィクション作家のエリソンは、一家首吊り殺人事件をテーマにした新作執筆のため、事件現場となったその家に、妻と2人の子供を連れて引越してきた。そして屋根裏部屋で古びた映写機と5本の8mmフィルムを発見する。それら「フッテージ」には、その家で起こった首吊り殺人に加え、時代も場所も異なる溺殺、焼殺、刺殺、轢殺された家族たちの凄惨な殺害現場が写されていた。一体誰が、何のために?それぞれの映像

  • 悪魔のいけにえ

    【概略】 1973年8月18日。猛暑に襲われた真夏のテキサスを、ワゴン車でドライブ旅行する5人の若者たちがいた。彼らはグループのひとり、サリーの祖父が埋葬されている墓地に立ち寄る。その周辺では墓荒しが続発、遺体が盗まれるという怪事件が続いていた。墓が無事なのを確認すると、若者たちはサリーと彼女の兄で足が不自由なフランクリンが幼少期を過ごした屋敷に向かう。 ホラー .0★★★★★ ホラー映画の金字塔

  • バスケットケース

    【概略】 頭部と両腕しかない異形の姿のべリアルは弟のドゥエインの腰に寄生しているシャム双生児。3人の医師の手術により彼らは強引に切り離されたが、ドゥエインはバスケットケースにべリアルを入れ、彼らを切り離した医師たちに血みどろの復讐をしていくが、ドゥエインが若い女性と恋に落ちたことから兄弟の間には溝が生まれ、恐ろしい悲劇を迎える。 ホラー .0★★★★☆ フランク・ヘネンロッター監督のカルトホラー。

  • 11:11:11

    【概略】 最愛の妻と息子を放火で失った人気作家・ジョセフは、故郷のバルセロナで自らに降り掛かる不吉な出来事のすべてに“11”という数字が関わっていることに気付く。 ホラー .5★★★☆☆ 数字に取り憑かれていく男の話といえば、ジム・キャリーさんの「ナンバー23」っていうのもあったけど、これは11にとりつかれた男のお話。 母親の命日が11月11日、放火されて亡くなった妻子の命日も11月11日。自動車

  • ダーク・フェアリー

    【概略】 内気な少女・サリーは、ある日100年間封印されていた秘密の地下室を発見し、そこで不気味なクリーチャーと出会ってしまう。 ホラー .0★★★☆☆ ギレルモ・デル・トロ監督の製作・脚本ってことで期待してました。残念ながら監督はしてないんですけれどね。 TV映画「地下室の魔物」のリメイクらしいです。子供の抜けた乳歯をコインと交換してくれる妖精トゥース・フェアリーが登場。トゥース・フェアリーと聞

  • ゾンビ大陸 アフリカン

    【概略】 撤退を決めたアメリカ軍が乗っていた飛行機が墜落。唯一生存していたブライアンは基地を目指すが、途中息子を捜すデンベレと出会い…。 ホラー .0★★★★☆ これはいい映画です。邦題で騙されちゃう人もいそうだけれど、歩くゾンビですが存在感がある。 すぐに振りきれる、そう思うかもしれない。しかしゾンビは眠らない。ゆっくり少しずつ背後に近づいてきているのだ。知らぬ間に急接近とかドキドキもんですよ!

  • 遊星からの物体X

    【概略】 南極に飛来したエイリアンが蘇生し、次々と観測隊員たちに襲いかかっては、その身体を乗っ取っていく。隊員たちは、仲間の中にエイリアンがまぎれこんでいるかもしれないと疑心暗鬼になっていき、ついに血液検査が行われるが…。 ホラー .0★★★★★ ジョン・カーペンター監督の傑作作品。何度観てもやっぱり凄かったー! 途切れない緊張感と「The Thing」(それ)の造形の生々しさが素晴らしくグロテス

  • ムカデ人間

    【概略】 ヨーロッパ旅行中に車が故障し、森の中で立ち往生してしまったふたりの美女。森を彷徨う彼女たちは1件の邸宅にたどり着くが…。 ホラー .0★★★★☆ つ・な・げ・て・み・た・い。それは究極の夢!? 双生児分離手術の権威ハイター博士は、人間を結合させ「ムカデ人間」を創りだす妄執に囚われる。博士の気持ちはなんとなくわかるなぁ。分離も出来るなら繋げたらどうなるか、非常に気になりワクワク感すら生まれ

  • ウィッカーマン

    【概略】 行方不明の少女を探す為に孤島を訪れた警察官だが、人々は少女の存在を否定し続ける。やがて奇妙な島の風習と古代宗教に行き当たった彼だが、そこから本当の恐怖がはじまる…。 ホラー .5★★★★☆ カルト映画ですねぇ。ニコラス・ケイジ主演でリメイク版「ウィッカーマン」もでてます。しかし、こちらのほうがはるかに凄かった…。 ヘイ~ホ~♪ 閉鎖的な島の宗教観なんだろうか、妙な民謡的ミュージカル仕立て

  • デスドール

    【概略】 父親から小さな古い機械仕掛けの箱を相続したベンは、その箱がオカルト信者として有名な天才技術者によって造られたブードゥー呪術を駆使した道具だと知り…。 ホラー .5★★★☆☆ 犯人の動機づけは弱いとは思いますが、これ意外と面白かったよ! 主人公ベンとその兄マーカス、ベンのガールフレンドのメアリーとが盗まれた箱を持つものを探すというストーリー展開になっています。 遺産の残りであるこの不気味な

1 2 3 4