• 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑨

    (そう言えば、最近リスカとかしてないな)風呂で体を洗っている最中にふと自分の腕が目に入り、すっかりとかさぶたが無くなってみみず腫の様になった複数の傷跡を見ながら思う。そう考えたら、今すぐリスカしなければ、と、強迫観念に駆られる事も無く。むしろ、あの行為は一体何の為にやっていたのだろうかと、分からなくなってしまった。(死神の世話で忙しいもんな)世話らしい事をしている訳では無いのだが、そんな事を考える

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑧

    「死神様にもそんな思考回路があるんだな」「本来なら持ち合わせている筈のない物だが、俺は他の死神と比べて色々と劣っているから、あってはいけない余計な思考を備えている事がある」俺の微笑混じりの嫌味を死神は気に介す事もなく、ご丁寧に説明してくださった。他の奴には無い物を自分は持っているって、優秀な事なのではなかろうかと思うが。例えばインプットされた言葉をただ喋るだけのロボットと、自分で考えて喋る事が出来

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑦

      願い事を言わないと離れないと宣言した通り、死神はずっと俺の側にいた。たまにどこかに出掛けるのか、姿が見えない時もある。しかし気付けばいつの間にか後ろに立っていて心臓が止まりそうになった、なんて事も多かった。飯も食わないし風呂やトイレにも行かないし風呂にも入らないし、買い物をする事も無いから、生活費は一人の頃と全く変わらない。俺的にはペットを飼っている気分だが、手間が掛からない分ペットより安上が

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑥

      なんて理不尽な。こっちの都合はお構い無しなのか。その後、怒鳴り散らしてみたり玄関から外に放り投げてみたりしたけれど、死神はどこからともなくまた俺の部屋に戻って来た。そんないたちごっこを繰り返しているうちに眠ってしまったのだが、目を覚ましてもやはり、そいつはそこに居た。「頭いたい…」「願い事は決まったか」「だから無いって…」慣れって恐ろしい。俺の命を付け狙う死神なのに、恐怖心を飛び越してうざった

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑤

    「お前は愛されている。だから死ぬ前にお前の願いをひとつ叶えてやろう。代価はその命だ」自分を死神だと言う彼は、さもそれが常識だと言わんばかりに意味不明な説明を繰り返す。俺は濡れた体にタオルを巻いて、飛び込む様にしてベッドに倒れ込んだ。「…俺が誰に愛されてるって?」「お前達の言葉で言うと、神だ」「俺が?神様に愛されてる?…はっ、そんな訳ないっしょ」今の俺の状態を見ろよ。どこが神様に愛されているって?神

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現④

     「…うっ…う…」酷い頭痛に急かされ目を覚ますと、辺りは真っ暗だった。地獄に来たのかと一瞬思ったが、よくよく目を凝らせば、自宅の風呂場であった。どうやらあのまま気を失い、夜になってしまったらしい。冷水のシャワーにずっと当てられていた体が、酷く冷たい。先程まで血を垂れ流していた腕の傷は、もう血液の流出を終えた様だ。腕にはまたひとつ、死にぞこないの証が増える事になる。(そう言えば…、人が、居た気がする

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現③

    流水音と共に、腕の傷から流れ続ける鮮やかな赤。どれくらいこうしているのか。ぼうっとした頭では分からない。(血って、何リットル出たら、死ぬんだろう)あの事件の後、両親は俺をすぐに家から追い出した。高校も辞めて、用意されていたのは実家から遠く離れた寂れたアパートの一室。俺の口座には、両親か毎月毎月事務的にお金が振り込まれ、それが俺を生かしていた。こんな息子、さっさと縁を切ってしまいたいだろうに。せめて

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現②

    元々両親とはそれほど仲が良く無かったから、家族を捨てるのにそれほど躊躇は無かった。リュックに必要最低限の荷物を詰め、ありったけの金と通帳を持って家を飛び出した。これからは彼と二人きりで生きていこう。俺達なら大丈夫。焦る身体。切れる息。彼のアパートの前。玄関の扉は開いていて、全く不用心なんだからと小さく笑いながら、室内へと足を踏み入れる。テレビの音。彼と抱き合ったベッドの上。見知らぬ女と抱き合う彼の

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現①

    一世一代の恋だと、思った。相手は十歳年上のサラリーマン。俺はまだ高校二年生の餓鬼だったけれど、俺はこの人と添い遂げるのだと、妙な確信があった。性別や年の差なんて関係ない。俺達にはそれを乗り越えられるだけの愛がある。例えばこの地球の全てが敵になってしまっても、この人が居てくれるのならば、俺はきっと海の底でだって生きていけるだろう。そしてこの人も、俺と同じ様に想ってくれている。だから、暗闇の中に身を投

  • 先祖返り×幼なじみ ⑥

    ━━━━━━━━━━埜重さんがどうやってあの稔示様をあそこまで手懐け、否、親しくなったのか、経緯は不明だ。気付いたら仲良くなっていた、と、使用人皆が口を揃える。一応埜重さんと稔示様は幼なじみという事になっているらしいが、噂によれば、埜重さんの母君が稔示様のお父様をたぶらかし、関係を持った際に出来た子供が埜重さんなのではないかという。兄弟となればあれだけ仲が良いのも不思議では無い。が、そうなると、男

  • 先祖返り×幼なじみ ⑤

    一時の後、ようやく気が済んだのか、稔示様は埜重さんを抱き締めたまま彼の肩元に顔を伏せた。先程の怒号とはまるで別人の様な艶っぽい声が、埜重さんの耳元でひっそりと囁かれる。「埜重、早く脱げ…」「ん…分かったから、ちょっと待って、後で」稔示様の手は鴬色の着物の上を滑り、今にも埜重さんの体からそれを剥ぎ取ってしまいそうだ。埜重さんが稔示様の体をやんわり押し退けた事で、二人の間に距離が生まれる。しかし稔示様

  • 先祖返り×幼なじみ ④

    使用人の中でも上位に君臨する老女が、俺に向かってヒステリー気味に叫んだ。はいはいと心の中で返事をしながら稔示様の近くに歩み寄るが、稔示様が退いてくれる気配が全く無くてかなりやりづらい。埃が立ったら立ったでお局さん達に怒鳴られるのだろうし。俺は周りにバレない様に溜め息を吐くと、とりあえず稔示様から離れた位置から掃除を始めた。「失礼します。埜重(のえ)様がいらっしゃいました」俺が床を掃き始めてからすぐ

  • 先祖返り×幼なじみ ③

    この一族は、代々から商売でも家系でもとにかく繁栄を続けて来た。会社を興せば、数年で誰もが名前を知るような大企業になり、子供が出来れば頭脳明晰運動神経抜群容姿端麗。まるで神から一心に愛されているかの様な血筋。一族にとってその神とは、他の誰でもない“稔示様”だ。選択を求められた時、彼が示した方を選べば必ず成功する。彼の助言に従えば、それは必ず幸福へと繋がる。まさに神の成せる技だった。彼の名前でもある“

  • 先祖返り×幼なじみ ②

    (さっきの音は、稔示(ねんじ)様の仕事部屋からかな。嫌だな、俺、今日あの部屋の掃除当番なのに)俺はふぅっと溜め息を吐くと、近くにあった掃除棚から箒と塵取りを持ち出した。先程俺の目の前を足早に去っていた使用人達の後を追うように、ノロノロと足を進める。こんなに部屋数が必要なのかと思いながら、迷路の様な屋敷内を歩く。屋敷の奥、目的の部屋に辿り着いた頃には、何人もの使用人達が青ざめた顔で動き回っていた。「

  • 先祖返り×幼なじみ ①

    三百六十度を緑で囲まれた、どこにでもある様な山。車が危なかしくすれ違える程度の道路は通っているものの、何時間経ってもそこを行き来する人間の姿は確認出来ない。それもそのはずで、この山の一帯は、ある一族の所有物であり、外部の者は立ち入りを禁止されていた。そんな、外の世界から切り離されたこの山中にも、探せばぽつりぽつりと家が建っている。洋館に平屋に別荘の様な邸宅に、と、統一性はないものの、どの家も己の財

  • 記憶喪失ネタ①

    「これをそっちに……」「大丈夫……」………あぁもう、枕元でドタバタ五月蝿いな。安眠を阻害する物音が気になって、まだ寝ていたいと主張する瞼をゆっくりと抉じ開ける。何故か俺のベッドの横に座っていた母親が、これまた何故か俺と視線が合った瞬間に驚いた様な顔をして泣き出してしまった。いきなり何事だと、慌てて起き上がろうとしたが、何故か体が固まったしまった様に上手く動かせない。しかも今更気付いたが、自分がいる

  • 王子×シンデレラ シンデレラパロディ⑧

       「こんにちは。この靴の持ち主を探しているのですけど」これは、夢でしょうか。うとうとしながら仕事に行く準備をしていた時に来客があって、はいはいどちら様ですかと扉を開けて見れば、あの神々しいオーラを背負った王子様が立っているなんてそんなまさか。王子様の後ろに屈強なボディーガード達がずらりと並んでいて凄まじい威圧感だ。俺は慌てて顔を伏せ、そんな靴は存じ上げませんと首を横に振った。「こちらのお嬢様が

  • 王子×シンデレラ シンデレラパロディ⑦

    「うっ、わ…!!!」俺は思わず、力の限り王子様の体を突飛ばす。その衝撃で、王子様がベンチから地面へと倒れてしまった。俺は、全身から血の気が引いていくのを感じていた。えっ、これって暴行罪…?暴行罪になるの?だって突然キスされたから、だって、正当防衛でしょこれ…!俺は顔を赤くしたり青くしたり、この場合どうすれば良いのか、忙しなく回転する思考が、もう限界ですと煙を上げた。「ごっ、ごめんなさい…!!」焼け

  • 王子×シンデレラ シンデレラパロディ⑥

    俺はベンチに座り直し、乱れた髪やドレスを急いで整える。幸いにも、胸に詰めた綿の塊は崩れる事なく形を保っていてくれていたが、カツラの方は鏡が無い事には確認出来ない。今が夜で、辺りにはランプが灯ってはいるが、庭の隅にあるこの場所は薄暗いのが幸いか。王子様の方に背を向け、顔を見られない様に俯く。「あ…あの…わたくしあと少し風に当たってから戻りますですわ…。何だか酔っちゃったみたいでほほほ」「そう。なら私

  • 王子×シンデレラ シンデレラパロディ⑤

     熱気の籠るホールを抜け、冷たい外気に頬を撫でられれば、一瞬で体の力が抜けてしまった。俺は庭の隅にちょこんと置かれたガーデンチェアを見つけ、よろよろと倒れ込む。ドレスが汚れるでしょうがと義母と義姉に怒られそうだが知ったこっちゃない。庭は隅から隅まで手入れされていて、名前は分からないがどこからともなくほのかに漂う花の香りが心地良い。草木が擦れ合う音をBGMに、シャンデリアの代わりに満点の星空。「あー

1 2