• 想定内、だった(汗

    えーどうもこんにちは。いやまぁ記事を書いてる今はこんばんはに差し掛かるちょいと手前ですが。まぁこんにちは。 時に、私が以前このブログで取り扱っていたMTBルック。修理を諦める宣言をしたあいつですね。 一時のあいだ、棄てるつもりで庭先に投げてありました。はい、棄てるつもりで。つまり棄ててないんですよね。。 なんかこう、やっぱり直した方がいいんじゃないか、みたいな感情がふつふつと沸き上がってくるわけで

  • もう一度走りたい...!

    みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 今回はですね、MTBルックのレストアについての記事を書こうと思ってます。 はい。早速ですがシートポストです。 内側から切除するため、いい感じの長さに切ってあります。 と言うかそもそも、なぜ切除することになったのか。まぁ日常的に自転車の整備とかをされてる方は解っていらっしゃるでしょうが、それ以外の、ちょっとわかんねーや的な人たちのために書きます。 そう、それは

  • 小布施と長野の男旅

    本日、父と小布施と長野に行ってきました。 豊野駅まで輪行で行って、僕は自転車で父は歩きで約6.5kmの小布施への道を進みました。 長い! 流石日本一長い千曲川(後に信濃川) 河川敷に小川が、 小布施駅到着! まずはどこ行こっかな〜 お洒落な小径 うちの町内にもこのようなのがあればいいのになぁ〜。 ここで祖父母のお土産と自宅へのお土産を購入。 そしてここで父と合流 ここや栗の小径などを見物、 そして

  • 折りたたみ機能って必要?

    折りたたみ機能というものは重要なのでしょうか。折りたためた場合は便利だと、安易に考えて折り畳み自転車を購入することが非常に多いとよく聞きます。折りたたみ式は、分割などのできない通常のフレームのマウンテンバイクよりも強度の面でかなり低下します。また、折りたたみと呼ばれる特殊な構造のため、コストがより多くなり値段も高いのが特徴です。折りたたみ式でないなら、上位の優れた高度な部品が使われた軽量で耐久性の

  • 適した服装は?

    マウンテンバイクを安全に活動する服を推薦したい動きやすい服装、寒い時期には、衣服、手袋などの防寒など。履物は足首がスムーズに動くシューズ類をお勧めします。また、その他、安全に活動するために準備することは、まず、夜間時のサイクリングをしている場合は、フラッシャやライト。もし、転倒時の怪我を最小限に抑えるための重要な、肘パッド、膝パッドとヘルメット。水分補給のに水筒も必要ですね。また、突然の雨に備えて

  • メンテナンスについて

    マウンテンバイクのメンテナンスは、走行距離、または整備する前に、自転車をきれいにすることだと思います。バイクを常に清潔に保つことは、メンテナンスの基本中の基本だ。パーツを長持ちさせることができ、問題の防止のための第一歩である。メンテナンスは、重要な操作なので、次の旅行前にぜひ行っていただきたいと思います。自転車にあまり目に見える汚れがない場合は、動作する部分を中心にクリーニングをする必要があります

  • メジャーブランドってあるの?

    世界に多く存在するの自転車ブランド。主要なブランドを3つほどあります。キャノンデールは積極的な活動をしているアメリカのブランドです。ここは、鉄道と建物で創業し、駅名が社名であることです。1990年代にオリジナルチューブおよび創造性の高いフレームワークで一時代を築きました。ジャイアントは、世界最大規模を誇り、素晴らしい自転車をリーズナブルな価格で提供するブランドです。マウンテンバイクだけでなく、ロー

  • スタンドについて

    本格的なマウンテンバイクスタンドは、多くの場合適用できません。だから、ディスプレイスタンドを使用してください。一方、スーパーなどで売られている安価なバイクは、スタンドを付けることができます。本物のマウンテンバイクは重量を軽くするために、シートステーとチェーンステイの肉質が非常に薄いです。だから、ここにインストールするために穴を開けると極端な程の強さがなくなるのだそうです。一方で、安価なマウンテンバ

  • 賢いマウンテンバイクの選び方

    マウンテンバイクは長い間一緒にパートナーと同じであり、常に好みのものを購入したいですよね。どのように選択するのですか?ディスカウントストア、スーパーなどで販売しているのは避けるべきである。そのような場所での販売は2~3万台の製品では、フレームが弱くダート走行は困難で、走るととフレームが折れる可能性もあり購入は控えた方が無難でしょう。そして最も大きな問題は、輪行が出来ません。出来ないこともないですが

  • ツーリングに最も適したマウンテンバイク

    ツーリング用自転車というものは何でしょうか。リジットバイクと呼ばれるペンがない自転車です。リジットフォークは長期のツーリングに最適だと思います。なぜと呼ばれます。この場合、ダボが前または後ろになるキャリアを安全に接続出来るるためです。最近のバイクはサスペンション付がおおく、初心者はサスが付いている自転車に乗ることが多くなってしまいました。しかし、最近ははリジットフォークタイプを見つけるのは難しいん

  • マウンテンバイクの歴史について

    マウンテンバイクはいつ、どこで生まれたのですか?通常、1970年代後半に米国カリフォルニア州サンフランシスコでヒッピーたちが急な山を実際の車とビーチクルーザーなどで時間を競ったことが始まりです。カリフォルニアのマウンテンバイクの発祥の地として認識され、マウントタムで行われていた当時の最も大きい競争によるものが大きいようです。当時のビーチクルーザーは完成度は高くないものとして知られていたそうです。そ

  • 消耗パーツ

    マウンテンバイクのパーツは、実際には、さまざまな種類があります。そのような部分で「消耗パーツ」というものがあります。私は、文字通りのマウンテンバイクを使い込ん、年が経つにつれて徐々に使い果たされていくものです。当然それらのパーツのそれぞれがある程度の交換の時期があります。まず、タイヤのは硬化してひび割れし、ブロックが減少し、目立つように欠けていれば、それは、交換時期が来たようですね。チェーンは、滑

  • 泥除けについて

    マウンテンバイクは泥除けがついていません。だから、雨の日とかに自転車に乗ると、タイヤの跳ね上げてきた水が背中を汚してしまいます。だから、雨の日は、自転車に快適に乗ることができる泥除けをすることにしました。現在の泥除けはメーカーからのさまざまな種類がリリースされました。泥除けは長さが短く、ほとんど装飾のようなもので、泥除けとしての機能を十分に成さないかと思います。過去に乗っていた折り畳み自転車泥除け

  • タイヤの上手な選び方

    タイヤといっても、さまざまなものがあり、選ぶことはそう簡単ではないことは知っている。実際のタイヤの選択は難しいものですが、いつものようにマウンテンバイクをどのように使用するかによって方向性がきまるのだと思う。たとえば、通常は町から舗装路を走る場合は、スリックタイヤに乗っても、軽くて快適に走れます。スリックだとマウンテンバイクの雰囲気を損なうので嫌だという場合、半スリックタイヤまたはセンターリッジタ

  • 好みのデザイン

    せっかくのマウンテンバイクを買う場合、自分の好きなデザインのヤツが欲しいですね。デザインも、好みの自転車に乗ることのための性能や乗り心地などの要素を少し犠牲にしてまで、専門的にデザインされたバイクに乗っている方もいるかもしれません。多くの自転車の中を探しているなら、あなたは間違いなくあなたの好みのデザインを見つけられると思います。しかし、「これは!」と感じたのマウンテンバイクは、価格も高価であるこ

  • マウンテンバイクと好みの色

    目的の色のマウンテンバイクを買う、これもバイクの選択の重要なポイントだと思います。白なんかが結構気に入った色ですね。ルイガノのマウンテンバイクを初めて見たとき、いいと思ったのがホワイトカラーの自転車でした。それ以来、ホワイトカラーの自転車が頭から離れることはありません。さすがに嫌いな色の自転車を購入する人はあまりいないでしょう。特に人気の高いスポーツ自転車というのは、予約時に完売になる可能性がある

  • チョークバッグは便利

    財布や携帯などの小物類をしまうチョークバックはホームセンターで購入することができます。その前にチョークバックとは何ですか?という方もいると思います。なんでも、ロッククライミングなどの人々は、滑り止めに使うチョークを入れて、使用したのが起源だそうです。最近、小物入れとしてパンツなどに固定している方が結構見ることができますよ。固定はフロントのハンドルのステム部分にタイで固定してみた。このチョークバッグ

  • タイヤサイズの確認方法

    マウンテンバイクのタイヤは、さまざまなサイズがあります。タイヤの側面に「26×1.5」と書かれていたら、それは、これらのタイヤのサイズになることです。表示すると、26×1.5、26という数字はタイヤの直径を表し、1.5のタイヤの幅を示します。数値はすべてインチで表示されるために治療するためには、1インチ2.54センチであり、2.54倍すればいい。そのため、タイヤ幅が1.5インチと約3.81センチタ

  • 凄く軽量なマウンテンバイク

    マウンテンバイクは、他のバイクよりも利点として軽いです。これは、少し持ち上げて、見た瞬間に知ることができるほど軽い。ルイガノ・キャスパーはカタログ上、12.7キロです。それまで乗っていた折りたたみ自転車は17.5キロだったが、その違いがはっきりとわかります。5キロ以上の重さは違いがはっきりわかりますね。この車体の軽さのおかげでであるかはわからないが、非常に速い加速を行うことです。ペダルを踏むと、ス

  • 日焼け対策

    夏にはマウンテンバイクでのサイクリングを安全に日焼け、紫外線対策を行いましょう。サイクリングをするときは、日焼け止め対策よりも多い。まず結論は長袖を着用することが理想的である。とはいっても、さすがに夏の長袖はきついと思う。だから、襟付きシャツのように七分袖を最大限にあなたの体の露出少ない衣服を選択することが効果的だと思います。また、色は黒いのが光を吸収するので、皮膚まで届く紫外線自体は小さくなる可

1 2