• <女性週刊誌>

    朝日新聞朝刊の広告で、<女性自身と週刊女性> いずれの雑誌でもも・・XXの離婚~不倫等の記事を競争で掲載 どうも・・女性は、他人の<離婚や不倫>に興味があるらしい・・ 自分の生活と比べて・・嫉妬心や真似したくてもできないので・・よく分からないが 芸能人や知名人にも人権があるだろうし・・模範生を求めるのもどうなんだろう・・ 昨年<ベッキーさん>が不倫問題で、たたかれて長期の自粛をしていたが・・ 30

  • <朝日新聞に釘付け・・>

    興味のある記事を探して朝日新聞のHPを覘いていた・・ 関連から<ハフポスト日本版>にたどり着いた・・  おおー・・こんなのあり・・ラッキー・・ <下半身を大胆露出のドレス・ 目が釘付け> イタリア・リド島で8月31日夜(日本時間9月1日未明)・・第73回ベネチア国際映画祭が開幕した。 コンペティション部門では20作品が最高賞<金獅子賞>を競う。  9月3日には、イタリア人モデルのダヤネ・メロとジュ

  • <新聞のタダ読み>

    毎日<日刊工業新聞~日経産業新聞>からメールが届く・・ <セミナー等>の案内~応募が多いが・・一部の記事の概略が掲載されている。  我が家は朝日新聞を購読していますが・全部に目を通すだけで1時間くらいかかります。 複数の新聞を、購読すると費用だけではなく労力(目の負担>も大きい・・  それで産業~工業等の新聞のメールから<気にかかる箇所>をチェックしておいて 後日図書館で閲覧・・要点はコピーしてい

  • <折々のことば>

    朝日新聞・朝刊の1面に毎日掲載されるコラムで、2015年4月に始まり500回を超えました。  著者は・・京都市立芸術大学学長・哲学者の<鷲田 清一>さん 古来の金言からツイッターのつぶやきまで、さまざまなことばがを紹介されている・・  それらを、60文字以内の言葉を、150文字前後の解説で伝えてくれる・・ 昨日は <512 あの子は魚と絵が好きだから~ さかなクンの母親・・  さかな博士は小学生の

  • <認知症予備軍夫婦への助言>

    朝日新聞掲載の<悩みのるつぼ>・今日の回答者は社会学者の・・上野千鶴子さん 相談者・・私は81歳・妻は78歳、二人暮らしの夫婦です。 短期・長期の物忘れ、持続するうつの状態、ささいのことへの怒りの爆発、ぎこちない ふたりの間のコミュニケーション、お互いに対する思いやりの不足、ときにはいわれのない嫌悪感の表出・・ これらは、明らかに認知的夫婦の不幸な関係の現れと言わずを得ません・・ 回答者・・上野千

  • <びっくりした・・さかなクンは・・>

    小生の大好きな・・さかな博士・さかなくん 感情を表に出して元気に飛び跳ねながら甲高い声で明るく喋る姿で人気者です・・ 10年くらい前から <大沢 悠里>さんの番組に<ゲスト>で出演・・豊富な知識を、聴いていた・・ 7月2日の・・朝日新聞の記事でも <タコ・母と感度できたから・・>を、読んでお母さんのコメントに感動した・・ <あの子はそれでいいんです> 小学校では、授業中も休み時間も魚の絵を描いてい

  • 今現在。マスコミがネット環境において、多くの批判に晒されているのは

    それが時代遅れ、その存在が時代遅れになって来ているからだと思うんだ。 個人の情報発信能力。 それが上がったんだよね? 自分は見たんだ。 被災した自宅を自ら写した写真を それは、悲惨な状況。 今の時代は 自ら体験した天変地異や特殊な事柄を簡単に人々に伝える事が出来る。 そして,人は敏感に反応し拡散するんだ。 人々は、なんらかの共感を得るし、同情をする現象。 それに対して マスコミは、特権? ある種の

  • 狼少年。その逸話

    「狼が来るぞ、狼が来るぞ」と 村中の人々を驚かせ。 自分の付いた嘘で村人の驚く姿を見て面白がり そして、最後に本当に来た狼によって食べられてしまった。 少年の話。 自作自演? マッチポンプ? 今迄。マスコミの人達がして来なかった訳ないんだよね? こんな事。日々。何処かの掲示板やネット環境で行われている。 段々とそれが人々の目に晒されて来ている。知る事になっているみたい? 困った人達のニュースを伝え

  • 人の不幸。それを商売に繋げようとする人

    マスコミが行ったと思われる悪い事。 ガソリンの横入り。 現地での弁当調達。 等々。他にもいっぱいある。 ホテルの予約とか、報道ヘリの騒音。 それに、潰れそうな家の前でシャッターチャンスを狙うカメラマン? 悪い事だと思うんだ 検索先 御船町の町役場。乗っ取り? 関連サイト・ホームページ 御船町の町役場のホームページ 偽善のボランティア団体。 「 TSUNAGARI」 この団体は、怪しい団体?悪い人み

  •  < これからの乙武さん >

    タイトルは、今朝の朝日新聞朝刊に連載中の<瀬戸内 寂聴 さん~ 残された日々>より 今から17年前の初夏、乙武洋匡さんが後にも先にも一度だけ、京都の私の住み家,寂庵へ訪れてくれた。 会ったのはその時だけだったが、その後の乙武さんの動きや噂を他人事ならず注意していた。 ずっと陰ながら行為を抱きつづけ、その幸福を祈っていた乙武さんが、突然不倫の不行跡をあばかれ、週刊誌に掻き立てられ、マスコミに非難され

  • < 出る杭は打たれる >

    朝日新聞の記事から・・ 今年、新入社員への経営トップのエールで目立ったのは、<力強く>だ。 ホンダの<八郷隆弘社長>は、 <出る杭は打たれる>ということわざがあるが、出ない杭は腐る。 出ない杭に未来はない。 皆さんには<出る杭に>になってもらいたい・・と、呼びかけた。 小生は幼い時から <超生意気~反抗的>で、先輩たちから・・虐められたり・・しごかれたりの繰り返しでした・・ それでも懲りずに・・猪

  •  < 菱 山 南 帆 子 さ ん >

       < 朝日新聞朝刊掲載 >    <村内社長の記事から盗載>・・ごめんなさい・・ < 都立長沼公園・・真中の山道より右側5万坪を地上げ > <村内ドットコム社長のブログ>で度々紹介されている <菱山南帆子さん>の記事が掲載されていました。 タイトル・・国会前のデモでシュプレヒコールを先導する・・菱山南帆子さん(26) 朝日新聞の朝刊・2面<ひと>欄で、菱山さんが紹介されていました。 <諦めない

  • ある時期。マスコミが政権与党を必死こいて叩いていた理由

    おそらく、電波料金の値段。 出した答えは、これなんだ。 テレビ局の公共で使う電波使用料金。 それは、とても安いんだ。 政権与党が力を持って、 その問題に踏み込まれ改革されては、困る。 特権を壊されては、困る。 だから、必死こいて 無力で無害な政治集団を祭り上げた。 簡単に言うとこのあたりなのかな?

  • マスコミの持っている情報リテラシーとは

    それを商売に直結させる事だと思うんだ。 だから、敢えて誤解や曲解を与える目的で視聴や読者に対して行う。 その方が、次にテレビ番組や、新聞や雑誌を見て貰う事が機会が増えるのだからね? 正確な情報? 主観をなるべく控えた情報を伝えていない。 公共の電波を使う立場の人達でありながら イラっとするんだ。 自分は、常に温厚でやさしいおじさんなのだけれど 年を取っているので時間がない。 無駄な事に時間を費やさ

  • 今でもマスコミは、一般人に対して政治に対して強い影響力を持っていると思っているらしい?

    今。生きる人は、情報リテラシーが高い。 だから、変な事を書くと、すぐに解ってしまうのにね? 丸山議員の言った問題と思われる発言と云うのは、 一般人の間では人種差別発言に繋がらない。 一般的に知れられる過去の歴史的史実に基づいた発言。 マスコミの人ってそれに自分達に都合の良い様編集をくわえる。 彼の言った本来の発言の趣旨は、ダイナミックな政治改革。 今の日本がアメリカの第51番の州になるような それ

  • < 聴取率NO1~ゆうゆうワイド >

    小生は18歳の時に <TBSラジオの放送モニター>を,した。 TVのクイズ番組でも <後1歩>まで・・クイズ嵐が誕生した・・ 以来 <TBS>のファンになり、ラジオのチャンネルは<TBS>が主体になった・・ 車に乗ると・・<大沢 悠里>さんの <ゆうゆうワイド>を聞いていた・・ 偶然・・大沢さんは同じ年なので・・時代考証も同じ・・快く聞ける・・ アナウンサー出身なので歯切れもよく・・声帯模写も得意

  • 当時の偏向報道や印象操作はすごかった

    これが、民主党を与党に押し上げた最大の理由。 そして、自民党を与党の立場から野党の立場へ転落した最大の理由。 お互いの立場を逆転させた最大の力。 それは、テレビや新聞の雑誌や本。マスメディアの力。 そして、その頃の自民党。 調子に乗っていた訳ではないとおもうのだけれど 非常に警戒心が無かったと思うんだ。 人気絶頂の人達が野党になるなんて事。 党内の人。誰も考えていなかったと思うんだ。 警戒心が無か

  • その後。必死にマスコミは、自民党を叩き出すんだ

    従来の特権を持ったある種の人達は、危険視した。 増長した自民党。 そして、改革路線へ舵を切ったかと思われる与党。 それをとても、危険視した。 人気が出れば簡単に郵便局を壊す事をする政党。 だから、叩きに行ったんだ。 この先。自らの身に危険が及ぶのではないかと云う理由でね? 特権に守られた。その身に危害が加えられないかと云う理由でね?

  • <今朝の時事放談・・>

    毎週日曜日午前6時より <TBSTVの時事放談> 司会は御厨 貴さん 今朝のゲストは自民党OBの <野中広務さんと古賀 誠さん> 経験豊富な二人が、ざっくばらんに最近の政界に忠告~助言をしていた・・ <憲法によってできた内閣が、その憲法を無視して、その場の解釈でコトを図ろうというのは本末転倒です> 昨年の選挙で大勝したので、総理周辺が、何でも思うままにできると勘違いしている 安倍総理の中東での発言

  • <シリア渡航計画カメラマン>

     <朝日新聞のニュースより> 外務省は7日、シリアへの渡航を計画していた新潟市在住のフリーカメラマンに対 し、旅券法に基づいて旅券(パスポート)の返納を命じ、受領した。 外務省は返納を命じた理由は <隣接国を経由してシリアに渡航する旨を表明~警 察庁とともに渡航の自粛を強く説得したが、意思を変えなかった> カメラマンは、難民キャンプの取材等でシリアへの入国を予定していた。 <読売新聞のニュース>・

1 2