• お久しぶりです。

    前略 死んでいた訳ではありません。 むしろ生き生きしてました。 ところでミスチルのリフレクション。 良いですね。(^^)/ 全然ブログ更新していなかったのに、気にかけてくれる方々がいて いとありがたしです。 仕事がんばります。                                 草々

  • 孤独。

    前略 孤高の天才という言葉をよくきくが、あれはほんとに孤独だろうなぁと痛烈に感じる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか? イチローが3000本を達成した時、ベンチに戻ってすぐさまサングラスを掛け涙した時、何故か僕も泣けた。 別に僕は天才でも孤高でもないが、想像してみるのは以外と簡単だ。 あとはミスチルの桜井さん。 敢えて過去形にするが孤独だっでしょう。 なんで皆もっと頑張らないんだ! それが

  • Get the rich

    前略   スペル間違ってたらすいません。 ミスチルのリフレクションを奇遇にも入手した。  小林武史色から脱却したのがもろに分かる。 逆手にとればシンプルになってしまったとも捉えられるが、音楽的カオスから開放された桜井さんを感じる。 いつもならスマホをイジイジしているが、今日はアルバムに浸っている。 出来る事なら世界中の音楽という音楽を網羅して天寿を全うしたいと強く想う今日この頃です。       

  • ネットの常識。

    前略 どーしても読者の方に観てもらいたい動画があるのですが、元来山男的なこの僕は公開して良いものか分からない。 大したことでは無いのかもしれないけど、ロープーと一緒に歌ったモノなのでまずいのかも。。。 ヴァーーーーーー。 観て欲しい。                草々

  • あいつ今何してる?

    この番組皆さん見てますか? 芸能人が学校で仲が良かった人、 好きだった彼、彼女の今現在を見に行く番組です。 これ見ると、同窓会行けば良かったな、とか思います。 一昨年、昨年と誘われていながら自分で拒否してました。 子供が幼稚園終わる前に地元に戻って来て、と言っても隣町に頂けですが、 子供の運動会などで同級生は殆ど見えませでした。 会いたいけど会いに行かない自分も変わっている奴だと自分でも思うよ。

  • 開放感。

    前略 この気分は何回でも味わいたい。誰も僕に期待しちゃあいないのに勝手にプレッシャーを感じる僕が、僕の設定した壁を乗り越えた時の爽快感といえば例えようがない。 楽をするというのを嫌う性分を持つ僕は、自分を追い詰め、何度も潰れ、沢山の人を裏切ってきたが、やっとこさ本来の自分を自覚できる年齢になったんだなぁと思ったりもする。 ミスチル教の信者である僕は、どうもがいたって次のフレーズが脳ミソにシールのよ

  • やっぱり唄いたい!

    前略 イベントも2カ月後に控え、やはり唄いたい病、いわゆる帖佐シンドロームが僕の心を模索し始めた。 あれも唄いたいこれも唄いたい。ろくな歌声でもないのに、あれもこれも伝えてみたい。 でも自分がホントにやりたいならやれば良いのですが、僕がヴォーカルで演奏したい人なんて、よっぽど出来た人間だ。 うーむ。迷う。               草々

  • 冴えない現実。

    前略 もっと稼ぎたいし、キツイ思いもしたい。そんな漠然とした僕の無意識が意識を苛立たせる。 このご時世、どこの世界も楽じゃない事くらい分かってるけど、僕は自分に怠けを憶え、落胆する。 不思議とテンションが低めだと、比較的筆が進む。 突拍子もありませんが、日本でミスチルを聴いてはいけないという法整備が行われていたら、僕はとっくのとうにあの世に行っているであろう。 救い主桜井の存在は土星の輪郭より大き

  • 擬態

    心理学の講義では胎内にまで遡って勉強します。 胎教がどれ程大切か、早産や未熟児出産の意味も習います。 それどころか、結婚する意味も考えさせられますし、若い人にこそこの学びが必要です。 人間はみんな二面性を持っています。 嫌いな人が多い人はそれだけ自分にも許せない部分が多い人です。 人間は相手と鏡の関係なんです。相手に見ているのは実は自分だったりします。 明るい人も暗い部分は持っているし、おおらかそ

  • 嬉し楽し♪

    昨日は嬉しい楽しい1日でした。 息子が入賞! 長距離ランナーです。 久々の表彰台に上り、母は毎日5時起きしてる甲斐がありました。 ありがとう、息子! その後ミスチルのライヴでした。 シャトルバスの中で体調が悪くなったものの、後は復活! ミスチルの才能に感動し、桜井さんは神様にさえ見えました。 本当にMr.Children最高です。 歌詞の奥深さと鋭さ、流石ですね!曲も素晴らしい! 何年たってもミス

  • 桜井和寿

    ミスチルが大好きなんです。 辛いときや悲しいとき、桜井さんの詩に何度救われたかわかりません。 嬉しいときや楽しい時は車の中でボリュームを高くして、一緒に歌います。 桜井和寿の詩は奥が深く、時に哲学書を読んでいる気にさせられます。 ミスチルの曲は聞き流してはいけません! メロディーは勿論、歌詞はちゃんと把握して聴いて下さい! すると、素晴らしいメッセージが伝わってきます。 バケモノの子の主題歌になっ