• 不安と「叫び」

    エドヴァルド·ムンクの「叫び」は大変有名な作品ですが、中にはこの絵の題名を「ムンクの叫び」と勘違いしている方もいるそうです。 ムンクは統合失調症だったと言われていて、この「叫び」の絵は統合失調症の症状である幻聴が聞こえるのをムンク自身が耳を抑えて聞こえないようにと怯えている絵とも言われています。 私はこの絵画が大好きで寝室に飾ってあります。 そして今、私自身も不安で叫び出しそうです。 一昨日から不