• 【故障?】DUCATIの維持費【維持?】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日は維持について書いていこうと思います。 DUCATIは故障がとか、ぼったくり価格などと世間では言われています。 確かに国産メーカーに比べて工賃や物品、純正部品は高いです。これは間違いないです。 しかし、これは「ぼったくり」ではなく分母の違いです。 例えばHONDAの「スーパーカブ」を例に挙げると分母は累計8700万台 そこまで分母があると製造

  • 【自作】ガスケット【制作】

    本日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 古いバイクを扱うと結構な頻度でバックオーダーや製造終了、再販予定なしなどの部品が出てきます。 これは部品などを作るときの金型というものが日本の場合資産扱いになるからです。 簿記などをやったことある人はわかると思いますが減価償却後に資産扱いになると、その分いろいろな税金など無駄な経費がかかってしまいます。 もちろん人気車種でその経費よりも利益がでる

  • 【バイク】任意保険【代理店】

    本日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はちょっとパーツではないのですが、ある意味重要パーツなのですが。 保険についてです。 意外に知られていませんが、自賠責保険と任意保険の関係です。 まず、事故が起きて、怪我を負わした。(自賠責は対人のみ) その治療費は自由診療になり国民健康保険適用外なので10割の値段で換算されます。 その際例えば手術をして金額が200万円かかったとし、全額保険

  • 【DUCATI】エア抜き【キャリパー】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日は部品というより、ちょっとしたコツを書きたいと思います。 これは916系と言うよりリアキャリパーがローターに対して下側についているバイクに共通なのですが こういう向きについているものです、 この状態でフルードを交換してもエアーは抜け切れません。 なぜなら、フルードの出口は下向きにあり、エアーは上にあがっていきますので、フルードがエアーの下を通

  • 【DUCATI】ベアリング【Aprilia】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はベアリングの話をしたいと思います。 バイクや車は驚くほど回転部品を使っています、そのほぼすべてにベアリングが使われています。 まずDUCATIの純正でベアリングを頼むと こんな感じで届きます。 よく見られるのが、ベアリングは純正部品で取らなければならないと思っている人がいますが、別にそういうわけではありません。 ベアリング関係はある程度規格

  • 【916系】スタンド【折れる】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 題名通り916系のサイドスタンドはよく折れます。 ほんとネットてなんでも画像がでてきますね(笑) こいつなんですが、まず足元のとこらへんを見てください。 変に角度がついていますよね、上からの角度より鈍角になっており、そこにバイクの荷重がかかってきて折れやすいです。 材質もアルミなので、柔らかくまがりやすいです。 さらに折れやすい個所があり 根本で

  • 【ブレンボ】ニップル【キャリパー】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日の記事は別にレアでもなんでもないんですが、旧車やハードなブレーキをされている方なら交換をした方がいいと思われるパーツです。 それがニップル あまり交換するような場所ではないのですが、私は一つの目安として10年5万Kどちらか速い方で交換をお勧めします。 ニップルとはなにかというと この作業、エア抜きやフルード交換の時にゆるめるネジ こいつのこと

  • 【リスク】中華カウル【998】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 やはりパーツの話になると中国の話は避けれません。 よくいうチャイナリスクというやつですがどんなものがあるのかというと 今日さっそくありました。DUCATI998のカウルを塗装済みで注文したのですが フロントカウルの端がこのありさま。 まーもともと塗装の技術はよくないのですがこれはさすがにひどかったです。 チャイナリスクの要因に彼らは出荷チェックを

  • 【ブレンボ】リアキャリパー【998】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はDUCATI998、996のリアキャリパーにるいて話したいと思います。 基本的にこの年代のDUCATIは年式によってブレーキキャリパーがきまるので結構汎用性がたかいです。 しかし998では02年式となりもう15年以上も前の車体になってしまいます。 オーバーホールKITもでてこなくなりました。 もともとブレンボのリペア、オーバーホールKITは

  • 【海外】パーツとかはどうなの?【中国】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日は中国品について書いていきたいと思います。 一昔前まで中国品は「安かろうわるかろう」でした。 しかしこの10年で中国はせかいの工場と呼ばれるまでに成長しました。 そこで現在中国ではなんとエンジンまで製造しています。 まーどことなくカブっぽいような似たような・・・・ 正直このクラスになるとパクっているというより基本だから替えれないということです

  • 【名義変更】250㏄【陸運局】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日は125㏄-250㏄のバイクの名義変更についてです。 この場合は結構簡単にできます。 まず陸運局で250㏄のバイクの名義変更をすることを受け付けでいうと 軽自動車届出済証記入申請書 と言うものをもらい、記入します。 記入例は岐阜さんから愛知さんへの名義変更です。 そして旧所有者からは 軽自動車届け出済み書、俗にいう車検書です(250㏄なので車

  • 【名義変更】陸運局【一時抹消】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 先日Aprilia RSV4の車検をしようと知り合いの検査場で検査だけしてきました、結果不合格。 部品と新たに調整しなければならず、車検時に名変とおもっていましたがもう3月も終わりなので、名変し一時抹消をしようとおもい陸運局へ 奈良県の場合ここになります。 それぞれの都道府県に必ず1つ以上の陸運局がありますので、ネットで調べれば場所はすぐ出てくる

  • 【999】ステップ取付位置【998】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 DUCATI998と999のステップ取付位置の話です。 DUCATIに乗られている方はその違いは、分かると思いますが、そうでない方やDUCATI初心者の方はまだまだ分からないかもしれません。 形を見たら一目瞭然ですが、ステップ位置など共通と書かれていたら信じるかもしれません。 916,996,748,998は同じ形なのでステップ位置共通と分かりま

  • 【空気】タイヤの空気【窒素】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日の記事は窒素についてです、最近どこのタイヤ屋さんにいっても「窒素始めました」と言わんばかりに窒素を進めてきます。 コストも1本数百円で、そこまで高い物ではありません。 しかしここで疑問に思うかもしれません、何故窒素なのか?空気中に7-8割程度窒素があるのになぜ10割窒素が必要なのか。 (ほんとなんでもネットで画像がありますね) 結論から言うと

  • 【HMD】ヘルメット【ナビ】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 友人のバイク用ナビをそろそろ買い替えと話しており、その話の中でいろいろ調べてるうちにこんなものを発見しました。 画像はアメリカのSKULLY社のものです。 っが!2016年夏にすでに破産申請しておりその後は・・・・ もともとクラウドファンドで多額の資金を調達していたようですが、資金がショートし、中国企業への買収も失敗したようです。 カッコ良かった

  • 【いる?】タンクパット【要らない?】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はタンクパットについてです、一昔のバイクはタンクがタンクでした。 なに当たり前のことをいっているのか?とおもわれるかもしれません。 じつは最近のバイクはタンクの上にタンクカバー、カンクカウルがついています。 要は叩いても金属の音がしないのです。DUCATI998の様に金属のタンクに塗装をしたようなタンクではないということです。 なぜ、タンクカ

  • 【Harley 】Dynojet【ECU】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日の記事はあまり触れていないHarleyについて書こうと思います。 アメリカンバイクでアメ車好きの人には憧れのバイクだと思います。 ドイツではBMW、イタリアではDUCATIの様にアメリカではHarleyと言うように しかし、私はあまりアメリカンバイクには興味がなく、Harley自体あまり知らなかったです。しかし、最近ふときっかけでHarley

  • 【レーサー】DUCATI RSシリーズ【SBK】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 DUCATIにはRSシリーズと言うのがあります。 996RS 999RSといった感じに名前がついています。 このRSシリーズはSBKキットを装着したバイクであり、本物のレーサーです。 当時は高価だったカーボンパーツをふんだんにつかい、レースごとにオーバーホールするようなSBKのマシンです。 写真は996RSです。 黄色は996S こうやって比べる

  • 【割れる】フューエルカプラー【燃える】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はフューエルカプラーについて書こうと思います。 私は998を整備したりするとき、タンクを外すことがあります。 タンクを外すとなると大げさに思うかもしれませんが、DUCATIの車両はレースを見据えたつくりになっており実は六角レンチ1本でタンクを外すことが出来ます。 その外し方はまたの記事にしますが、タンクを外すとき必ずフューエルホースがネックに

  • 【空気圧】タイヤマネージメント【TPMS】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日も商品説明と言う名のダイレクトマーケティングです(#^.^#) バイクの空気圧チェックはサーキットを走行されている方には常識だとおもいますが、ワインディングやツーリングではおろそかになりがちです。 理由はちょっとめんどくさいから、ゲージを持っていてもいちいちタイヤを覗き込んでバルブキャップをはずしてはかるのは面倒ですからね。 では、なぜタイヤ

1 2 3 4 5