• ヤンデレ、危険

    生きるに値しないというのは、正にこの事で、それを正常にするのは私の役目。 それを全うできるのは幸せであって、何も悲しむ事も人もいてはならない。 なぜなら、それが私の生きてきた証であり、懺悔であり、真の幸福を得ることができるのだから。 だから、喜びこそすれ、悲しんではならないと思って欲しい。 生きれば不器用で迷惑をかけ、仕事は無能。 愛憎にのたうち、日に日に狂っていく。 私はその歪みを直すべく、行動