• リノベーション工事開始から1ヶ月経過

    先月の4/13からリノベーション工事が開始したため、今日で丁度開始から一ヶ月になります。途中ゴールデンウィーク中は工事も止まっていましたが、それでも最初の頃の工事現場の写真と比較すると、現在の姿はだいぶ完成に近づいたなと感じます。 現在の工事の状況は、天井の石膏ボードが全て貼られ、一部でフローリングを貼る作業が始まっています。この後、建具(室内ドアなど)のための仕切りの設置や、建具そのものの設置、

  • 不用品の処分

    先日の突然のトラブルも無事解決し、工事開始の日程、そして中間金の件についても話がまとまりました。工務店さんが実際にリノベーション工事に入るのは、明後日の木曜日からと決まり、まずは不用品などの処分作業から始まるそうです。新築の場合は、基礎工事にかなりの時間が必要となりますが、リノベーション工事の場合はこの作業はほとんどありません。 しかし基礎工事が必要ない分、リノベーション工事前に不要な物を全て処分

  • トラブル発生?

    今日の午前中、不動産屋さんからの少し焦った感じのメールが届きました。曰く『直接お会いして、相談したい事がありそちらに伺いたいですから、空いている時間を教えてもらえませんか』とのこと。すでに着工日も粗方決まり、契約も結んだこの時期に何かあったか?と考えましたが、思い当たる節はありません。また通常であれば、『○○の件について相談した事があり…』となる連絡文が、相談する内容も書かれていません。どうしたも

  • 近所への挨拶まわり

    工務店さんからの連絡で、リノベーション工事が4月の10日前後から開始ということが決まりました。前後ということで、最速で今週の土曜日頃に少し入る可能性があるとも連絡があったため、昨日の日曜日に、菓子折り持参で近所への挨拶回りに行ってきました。たしかに私の実家がある名古屋と比べて、北海道の家々は距離が多少離れてはいるものの、工事が始まれば昼間はかなり五月蝿くなることは間違いありません。ですから工事開始

  • 北海道の家の特徴?

    つい先日、本州に居る知り合いと家のリフォーム工事の話で盛り上がりました。その中で、私が今回行うリノベーション工事の話も話題に出たため、現在の計画である一階部分は一部屋に間取り変更することを伝えたところ、「大丈夫か?」という反応が返ってきました。たしかに本州の家の場合でしたら、この懸念は非常にもっともです。 「そんな大きな部屋にしてしまったら、エアコン代凄いことにならない?」 たしかに、本州でこの種

  • ゆ…雪のせいで…

    ここしばらく、少しだけ暖かくなっていた北海道の片田舎ですが、何の因果か再び厳寒期に逆戻り。明日の最低気温は零下15度近くまで下がるようで…本当に困ったものです。そして、その結果どうなったのか…と言いますと、未だに寒い→雪が溶けにくい→道路の歩道周辺に分厚い雪の壁が未だに残留→車両が停車出来ない→工事開始の延長(笑)。 ということで、当初の予定では三月の中旬には工事が開始していた筈なのですが、目出度

  • 風除室

    ここ最近晴天が続き雪がたいぶ溶けていたのですが、今日の北海道の片田舎は一転して雪。今日一日で5~6cm程積もってしまい、再び白い世界に逆戻りです。とはいえ、この時期の雪は流石に直に溶けるため、おそらく今週末頃には無くなっているのではないか…と期待しています。 さて私が購入した家も、そろそろ工事が始まる気配がしてきました。そこで今日は、北海道の家には馴染みの風除室について書いてみたいと思います。私が

  • 雪が溶けてきた…?

    ここ最近本業の方が忙しく(まぁ年度末ですから、どの職業でも大変な訳ですが…このクソ忙しい時期に限って、依頼が多すぎ…。)、ブログの更新はおろか、家の方もほとんど頭から離れていました。そうこうしている間に、ついに日付は三月になりました。工務店さんとの話では、三月の上旬頃から工事開始…という事でしたから、おそらく来週中になんらかの話が出てきて、いよいよ工事開始になるかと思います。 そんなこともあり、久

  • 住宅ローンの審査結果

    先日、住宅ローンの本審査の申請を出していたため、そろそろ結果が来るかな…と思っていましたので、ようやく結果が来たか…という心境です。今回の住宅ローン関係の手伝いをしてもらっていた不動産屋さんからは、『額が額ですから、流石に問題ないでしょう。』と言われていましたので、あまり心配はしていなかったのですが、それでも『保証会社の保証承諾が得られました』という文面を見て、いよいよだな…という気持ちになってき

  • 洗濯部屋を考える

    本州に居た頃はあまり考えなかったのですが、北海道で暮らしてみて感じる事は、洗濯部屋が一部屋あると便利だな…という事です。これは冬の寒い時期、室内で洗濯物を干す専用のスペース(部屋)があると便利だな…という訳でして、実際に私の現在のあばら家でも、一部屋は丸々洗濯物を干すスペースとして使用しています。 ということで、今度の新居でも同じような部屋は必要だな…と考えたわけです。現在の新居の一階スペースは完

  • 一階の配置を考える2

    前回の続きになりますが、次はキッチン+ダイニングスペースについて考えてみます。まずは現時点での一階部分の平面詳細図がこちらになります。 このキッチン+ダイニングスペースの間取りを考える上で一番やっかいな点は、前回書きましたように、まだ残る柱が分からない点です。ですから現時点では、全ての柱が残るという最悪の想定で家具の配置などを考えることが、一番安全だろうな…と思いました。まずは、システムキッチン+

  • 一階の配置を考える

    天候次第ではありますが、早ければ工事開始まで二週間ちょっととなりました。工務店さんからは、パネルヒーターの位置も含めてある程度の詳細図も出てきましたので、これに合わせて家具配置などを考え、生活をする上で無理がないか?という部分について考えてみました。以前このブログで紹介しましたが、『家を建てて後悔した部分』という話題で時々出てくるのですが、家具の大きさや動線をあまり考えずに家を作ってしまった…とい

  • 不動産取得税の納税通知書

    そろそろ来るだろうな…と思っていたものが、ついに来ました。土地と家屋の取得に関する税金…不動産取得税の納税書です。今回の取引は500万円の取引でしたが、この税金…土地も家屋も、道税事務所が勝手に課税標準額を設定してくれる『とっても親切な』税金…。まぁ、実際に払った価格よりは安くなるだろう…とは踏んでいましたが、土地にも家屋にも一律3%程かかるため…いくらになるだろうか…と不安もありました。 送られ

  • 工事請負契約書と住宅ローンの申請

    先日書いていたとおり、本日工事請負契約書に捺印し、これに合わせて住宅ローンの本審査の申し込みをしました。ここまでにある程度、契約やローンについての説明も受けていますし、実際に行う工事内容も既に工務店さんと何度か打ち合わせもしていますので、思いの外すんなりと終了です。 しかし今回の工事請負契約書の説明を受けた際に、嬉しい誤算もありました。それは工事の期間についての話です。なんでも3月の上旬から工事に

  • 住宅ローンの申請手続きについて

    昨日の夜、仙台から無事に北海道の片田舎に戻ってきました。東北も寒いとはいえ、気温がプラスの世界からマイナスの世界に戻ってきますと、飛行機から降りた瞬間に分かります。なんといいましょうか…肌に突き刺すような寒さというのは、北海道の風物詩だな…と(笑)。 さて、昨年の11月頃に中古住宅を手に入れ、リノベーション工事はかなり遅れるという事でしたが(おそらく今年の4月の終わり頃に開始)、なんだかんだ言いつ

  • なんとか予算内?

    今日、今回の住宅関係の話をサポートしてもらっている不動産屋さんから、ローンに関する諸経費、抵当権設定に関する諸経費などの見積額を出してもらいました。おそらく、今回出た数字で、中古住宅購入+リノベーション工事に関する必要額が出揃う事になります。 今回の見積書に書かれていた額は以下の通りでした。 1. 登記費用(ローンに伴う抵当権設定):68,190円 2. 銀行融資事務手数料:86,400円 3.

  • 石膏ボードの強度

    以前公開した見積書の最終版を改めて見ていきますと、建材工事費の部分に少し気になる点がありました。それは、この項目に記載されている石膏ボードについてです。石膏ボード自体は、壁であったり天井を作成するために利用する建材のため、このようなリノベーション工事では非常に重要な建材でもあります。 今回の見積書に記載されていた石膏ボードについてですが、@9.5 3*6となっています。@9.5というのは、石膏ボー

  • 玄関灯を考える

    先日まで今年に入って二度目の東京行きの出張が入っており、また来週は仙台行きと、ここしばらく出張続きになっています。しかし出張続きといえども、ここ北海道の片田舎は時々雪が降っておりまして…ある程度は新居の雪かきも行わなくてはいけません(露骨に空き家という形は見せたくないので)。 という事で、今回も頑張ってスコップとママさんダンプを手に、家内と一緒に新居の雪かきをしてきました。そしてなんとか、門から玄

  • リノベーション工事の見積書(第三段)

    今日、工務店さんから三回目の見積書が届きました。昨年の12月に打ち合わせを行った件が反映された見積書です。ザッと見たところ、おそらくこれで決定かな…といった感じで、ようやく今回のリノベーションの全体像が見えてきました。 一番最初に出て来た予算を大幅にオーバーした見積書から、予算内にある程度収まりそうな見積書にようやくなりました。という事で、これまでの検討箇所の修正を確認するためにも、最初の見積書か

  • 床材の色を考える

    今日は昼過ぎから細かい雪が降り始めた北海道の片田舎ですが…明日は吹雪く予報が出ており、雪かきの労働的に本当に勘弁して欲しいものです。来週の水曜日にも再び東京行きが待っていますし、早く止んで欲しいですね。 さて、今回のリノベーション工事についてですが、工務店さんの都合もあり、工事開始までもう少し時間的余裕があるため、色々と考えることが出来るのは利点ではありますが、なかなか決定出来ないという欠点でもあ

1 2 3