• 雑貨♫

    100円ショップで発見! ん〜♡良いですねー! でっ!思ったんです。 私の好きなものって なんか こぉ〜 まとまりが無い 、、、、、、、。 アメリカンだったり 日本の古き良き時代ものだったり 、、、、、、。 なんかまとまりが無い感じですが 自分が好きなもの! だから良いか!笑

  • 目の覚めるような昭和の映像

    【衝撃】高画質カメラで撮った昭和の写真!!懐かしい画像に目が釘付けになる…昭和の時代にあった嘘のような本当の話【驚愕】 【衝撃】少し切ない…高画質カメラで撮った昭和の写真!!懐かしい画像に目が釘付けになる…貴重な歴史写真! 【衝撃】高画質カメラで撮った昭和の写真!! ② 記憶が一気によみがえる嘘のような本当の写真 【衝撃】高画質カメラで撮った昭和の写真!!懐かしい画像に目が釘付けになる…貴重な写真

  • ノスタルジア

    夕日に染まる暖簾 きれいなブルーの暖簾が新鮮に映る いつの間に新しく変わったのか記憶にない 去年の夏から我が家の風呂のように夕方になると入りに来る 土壁を通り抜けて、通るごとにタイムスリップしてしまう わくわくの瞬間 よくいう哀愁風景まさに その奥にある「ゆ」♨をくぐれば♨ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 幼すぎる私、祖父と一緒に男湯に入れられる、 深くて足がとどかない湯船、 お湯が熱く

  • 昭和の女優美人度ベストワンは?(一部訂正)

     女優として好きなのは高峰秀子がナンバーワンです。 「カルメン故郷に帰る」 高原でストリップ  国内初のカラー作品。高峰秀子、可愛いでせう?可憐でせう?  女性として好きなのは三宅邦子。  でも美人度でいったら、橘公子。通称ハムちゃん    橘公子  と、大川恵子ではないか、と。  若かりしころは「鳴門秘帖」にも出演していました。大川橋蔵とは縁もゆかりもないです。  あと、八雲恵美子も美人です。

  • 昭和レトロな歌謡ポップス ②

     骨まで愛して 城卓矢「骨まで愛して」~名曲特選(当時の本人映像)  誰かに似ていると思ったのですが・・・、サンタナ!に似てますね 若い二人 北原謙二 さん 原曲  リズムはドドンパみたいな感じ。 僕は泣いちっち 守屋浩 さん 原曲  僕の恋人 東京へ行っちっち 僕の気持ちを知りながら  なんでなんでなんで どうしてどうしてどうして   東京がそんなにいいんだろ 僕は泣いちっち   横向いて泣いち

  • 昭和のヒーロー

    NANAIROKAMEN 七色仮面 スリーエース  やや音大きめ 月光仮面 「サタンの爪」オープニング・エンディング  これは映画版です。テレビドラマ版ではありません。松島とも子の演技がちょっと鼻につきます。 National Kid A Invasão dos Incas Venusianos Episódio 04  これはもちろん放映されていません。(映像だけは覚えがあります)  意外に違和

  • 大正区あたりのコンビナート

    コンビナートがいい。大阪 大正区あたりの たとえば中山製鋼所とかの工場じゃないか、やっぱコンビナートです、火がたまにワッと出るような感じのところですが、いいですね。で昼間いって写真にとります。近くで見ると 古びてさびてるところとか 油とかほこりまみれになってたりするところ また、古い何か液体なのかなんなのかわからないが 送ってる感じのパイプとか 鉄管みたいなものが なんともレトロチックでいい。それ

  • 昭和レトロな歌謡ポップス ①(改訂版)

     昭和20年代はラテン一般をジャズと呼んでいた時期があります。ラテンでもないジャズでもないポップス(C&W、R&R等)も存在していました。もちろん海外のカバー曲のほうが多いわけですから元のジャンルを正せば答えは出ます。〇〇風歌謡ポップスでしょうか。 Izumi Yukimura - BLUE CANARY  名曲だし歌も伴奏も抜群です。 Mambo Italiano - Izumi Yukimur

  • サルビアの花   真夜中のギター

    もとまろ サルビアの花  「サルビアの花」はいろいろカバーされました。元の原曲は作曲者の早川義夫版があります。  これはもとまろ版です。シングル盤を持っています。もとまろは美大生でこれがヒットしたにもかかわらず解散してしまいました。メンバーの一人は貴ノ花のファンでした。 真夜中のギター  千賀かおるは渋谷の会計事務所でバイトしていた時の女性事務員に似ています。

  • 昭和の歌謡曲

     子どものころ、森山加代子は絶対坂本九と結婚すると思っていました。 kyu sakamoto 九ちゃんと加世ちゃん 坂本九  キレイだし歌はうまいしリズム感もいい。歌も面白いものばかり。好きでした。 あと、印象に残っているのは高田浩吉の歌声です。 大江戸出世小唄 高田浩吉  この節回しは特筆すべきものです。

  • ~古き良き懐中時計~

    皆さん、こんにちは。 冬休みの宿題におわれています、きたなかです。 一昨日、伯母から懐中時計を貰いました。 そういうわけで、今回は懐中時計について 書きたいと思います。 まず、こちらが貰った懐中時計です。 格好いいでしょ? 懐中時計というものは、幼い頃からの憧れでした。 ちなみに、中身はこんな感じ。 いたってシンプルです。 下手に装飾をして、 みにくく(二つの意味)なるのは御免です。 はい、次。

  • 昭和レトロなタンスのリメイク

    おはようございます。またまた台風だょ…… ( ´ A ` 。 ) グ ス ン こちら地方は、まだこれから……九州・四国の皆さん地方は、大丈夫かなぁ?(´-﹏-`;) アタフタ((ヽ(;´Д`)ノ))アタフタ ホント今年はどうなってるの…… さて そんな 台風ばっかりの中 昭和レトロなタンスのリメイク ついに完成しました。 before 取っ手は after タンスの脚元にモールディングをつけました

  • レトロな漢方屋さんと喫茶店

    ▶︎今日はお仕事 朝、漢方屋さんの前を通りました。 いつも、もっとじっくり眺めていたいと思うのですが。 今日も写真撮るのが精一杯。 急ぎ足でお仕事へ。 帰りに、たまに行く喫茶店へ。 四条河原町交差点近く。 狭いテーブル、狭い椅子、 狭い階段、きしむ床。 ちょっと息抜き出来ました。 写真撮るのも気が引け、ぶれてます。 ▶︎明日は自治会の草刈り 雨は降らず、ありそうです。 ◾️today's run

  • ガーデニングするのには いい天気です。

    鼻がまだ ジュルジュル ですが 元気になりましたょ~♡(°´ ˘ `°)/ 気温21℃ 曇り☁ 絶好のガーデニング日和です。 昨日……おとといか(汗)の雨で、だいぶ潤った こちら地方。 開花中お花達には厳しかったみたい💦 ゼラニウムは重たげに 頭を垂らし、ネモフィラはあんなに咲き誇っていたのに もうお花が溶けちゃった(;°;ω;°;) 仕方ないなぁ……( ̄∀ ̄) その代わり、畑の野菜達は 待って

  • 神楽坂界隈 続

     神楽坂はそれほど大きくない街ですが、店の入れ替わりが激しいです。店を出す側は人がにぎわうのを見てここなら大丈夫だろうとタカをくくってしまうのでしょう。現実はそんなに甘くないようです。1年ぐらいで閉店なんて店も少なくないです。  老舗レストラン田原屋は夏目漱石がお気に入りの洋食屋でしたが、2000年代に閉店しました。  90年代に一度ハンバーグを食べたことがあります。母と叔母が一緒だったのですが、

  • お食事処 みやこ        訪問日2015年11月22日

    久しぶりの散歩で、お腹を空かせた豚さんは、昭和の香りが残る食堂を発見(☆▽☆ ) 今回訪問したのは、『お食事処  みやこ』さんです。 場所は陽南通りアピタ近くの交差点の角です。 店内はどこか懐かしい雰囲気で、不思議と居心地が良いです。 日曜の午後ということもあり、隣の席ではオジサンたちが酒を飲んで盛り上がっていましたが、最近の飲食店と言えばチェーン店ばかりが増え、オジサンたちのオアシスが絶滅の危機

  • 自転車で図書館通い

     昭和52年ごろから図書館に通いました。世田谷から小石川までです。自転車のコースは、  北沢~笹塚~幡ヶ谷~本町(渋谷区)~西新宿~弥生町(中野区)~本町(中野区)~中央~中野~東中野~上落合~下落合~高田~西早稲田~目白台~関口~音羽~小日向~小石川  だいたい以上のコースでした。  たまに北新宿~百人町~大久保~戸山~原町~市谷柳町~弁天町~早稲田鶴巻町~山吹町~関口(以下同)のコースもありま

  • ヤングギター GUTS ライトミュージック

     70年代の音楽誌、ヤングギター、GUTS、ライトミュージックには、後ろのページにコンサート情報やミュージシャンのプロフィールが載っていました。それを細かく見ていました。  生年月日  吉田拓郎 昭和21年4月5日 これは正しいと思います。  加藤和彦 昭和22年3月21日 ←雑誌によって昭和21年になっていることも。おそらく22年が正しいと思います。  岡林信康 昭和22年7月22日 ←雑誌によ

  • 昭和の思い出

     母方の実家には縦型の電話がありました。昭和のいつごろまでだったか正確には思い出せませんが、少なくとも昭和50年代までクルクル回して交換手に住所と何ケタかの番号を伝えて喋っていたと記憶しています。  縦に長くて黒い電話ですが、横にレバーが付いていてクルクル回すんです。叔母たちは交換手にはふつうに喋るんですが、相手が出ると「もしもーし」と遠くの人に声かけるような感じで喋ります。  話は全然変わります

  • 昭和の喫茶店

     年代は下りますが、昭和50年前後の喫茶店のことを書きます。地域は幡ヶ谷と下北沢です。あくまで普通の喫茶店です。  ジャズ喫茶のことは別に記す機会があるかもしれません。  幡ヶ谷に「白亜館」という喫茶店がありました。  甲州街道沿いのレンガ色のタイル張りのわりとちゃんとしたビルでした。中規模ですが重厚な喫茶店でした。  椅子やソファが大きめでゆったりとしていました。かかる音楽は「シバの女王」とか(

1 2