• 寄り添うことの大切さ

    鳥たちの行動をよく観察していると 家族や恋人と寄り添って暮らす大切さを垣間見ることが出来ます。 1羽の若いオスのワカケホンセイインコがパームツリーの実を食べていました。 足場に繁る葉は割れ目が多く、 右足を隙間に挟んで抜けなくなりパニックになってしまいました。 もがいても、羽をばたつかせても抜けず、興奮して目が点に。 その異変に気付いたメスのワカケホンセイインコが駆け寄ります。 メスが駆け寄ったこ

  • オオグンカンドリに挑むワカケホンセイインコ

    世界で最も速く飛ぶオオグンカンドリ(英名Great Frigatebird )。 羽を広げると2メートルを越える大きさで羽ばたきせずに滑空して飛ぶ黒い姿は まさに名前の通り軍艦のように恐ろしく威圧的な雰囲気を持っています。 海鳥ですが自分で魚を捕ることは苦手で、他の海鳥を襲って獲物を横取りして暮らしているそうです。 先日、オオグンカンドリに挑むワカケホンセイインコを写真におさめることが出来たので紹

  • 実りの秋と野鳥~ ハワイ

    「常夏のハワイ」と言いますが、ハワイにも季節はあります。 最近は、7‐8月の灼熱太陽が少し和らいで少し涼しいです。 ホノルルの気温は24~30度。 秋?と言うには、蒸し暑すぎますが、 植物を見ていると季節を感じます。 ワイキキ水族館の近くに生えている1本の巨木が実をつけ たくさんの鳥が集まってきていました。 オレンジ色の実がい~っぱい。 木の下へ行くと甘~い香りと赤ワインのような発酵した香りがしま

  • ワカケホンセイインコ(油絵)

    ワカケホンセイインコのペアを油絵で描きました。 オスはメスを気遣い、目を見開いてメスの気持ちを探っています。 メスは眠っていて(眠っているふりをして)オスに構っていない様子。しかも片足立ち。 鳥のつがいを見ていると、メスが優位。 メスは自己中心的。食べたいものは食べる。遊びたいものは遊ぶ。寝たい時は寝る。 オスは、メスの後について行き、機嫌を伺い、何とか気を引こうとします。 うちのセキセイインコ達

  • 演出ワカケホンセイインコ

    カメラを構えて野鳥観察をしていると、鳥の方から近づいてくることがあります。 鳥に興味を示す人間やカメラへの好奇心? ワイキキFort DeRussy Beach Parkのソーセージの木の下でカメラを構えている時、 ワカケホンセイインコが目の前に飛んできてくれました。 食べ物を探すふりをしていましたが、全く食べる気がない様子で 私の視線を気にしながらカメラの前でおどけて見せてくれました。 ↑「ここ

  • ケモノ?

    ワイキキのFort DeRussy Beach Parkでワカケホンセイインコを見つけました。 ワカケホンセイインコは果物が大好き。 パパイヤの木に熟したパパイヤが実っているのをじーっと見ていました。 彼らがパパイヤを食べる姿を見ようと思って待っていたのですが、なかなかパパイヤの木に飛び移らずギャーギャーと鳴いています。 パパイヤツリーをよく見ると... 逆光で よく見えないのですが、鳥ではない毛

  • ノウゼンカズラと野鳥

    Waikiki 西側にあるFort Derussy Beach Parkで 大きな木から垂れ下がる枝に色々な鳥が来ていました。 ゆらゆら揺れる枝にとまって、鳥達は楽しそう(*^^*) ワカケホンセイインコ↓ 開花が終わっているお花を食べていました。 キマユカナリア↓ お花が落ちた後のガクの中に溜まった水分を飲んでいました。 黄色いキマユカナリアと黄色いガクがお似合い。 メキシコマシコのメス↓ 食べ

  • ウクレレ フェスティバル ‐ カピオラニ公園

    いつも野鳥観察しているカピオラニ公園で 昨日はウクレレ フェスティバルが開催されていました。 多くの人が集まり、ステージの音楽を聴いたり テントで販売しているカキ氷やプレートランチを食べたり 活気が溢れています(◎_◎) 学校のイベントにもなっているのか、たくさんの子供たちが揃ってウクレレを演奏。 さすが、ハワイの学校! 色々な色のウクレレを展示販売。 ちょっと変わったウクレレも。 野鳥達は人の賑

  • ワカケホンセイインコとモンキーポッド アクリル画

    モンキーポッドの花にワカケホンセイインコが来ていました。 オスとメスのペアです。 お花をかじって、蜜を吸っているようです。 ハチも来ていています。 他にも、たくさんの鳥が集まっていました。 「この~木なんの木♪」のモンキーポッド、 「みんなが集まる木♪」なのですね。 この光景をアクリル絵具で描きました。 思うように描けず何度も塗りなおし、 オーバーワークの絵になってしまいました(~_~) 次はシン

  • 巣乗っ取り インドハッカ

    インドハッカは、他の鳥の巣を略奪して自分の巣とすることで知られています。 ワカケホンセイインコの巣を略奪しようとしているインドハッカのペアを目撃しました。 朝、カピオラニ公園へ行くと... ↑木の穴にインドハッカのペアがいたので、彼らの巣かなぁと思って写真を撮りました。 ↑そこへ、ワカケホンセイインコが勢いよく飛んできて彼らを追い払い、 ↑ワカケホンセイインコは穴の中へ入って行きました。 ↑インド

  • イオラニ宮殿 野鳥観察

    日曜の朝、イオラニ宮殿へ野鳥観察に行きました。 イオラニ宮殿の向かいに、キング カメハメハ 大王の像があります。 大王様の頭に乗っているのは、インドハッカ。 黄色い帽子がお気に入りかな? 空を見上げると、たくさんのシロアジサシがいます。 ホノルルの中心、オフィスビルが立ち並ぶ中をハイスピードで飛んでいます。 木の枝で、シロアジサシのペアがグルーミング中♡ カメラに気づいたのか、逃げてしまいました(

  • それぞれの食べ方 ワカケホンセイインコ (アクリル画)

    注意深く野鳥観察をしていると、同じ種類の鳥でも、 それぞれ個性のある食べ方をしているのが分かります。 例えばワカケホンセイインコ。 ワカケホンセイインコがヤシの実に集まっています。 熟していない固めの実を しなやかな手つきで 美しく食べるオスのワカケホンセイインコ (#^.^#) 熟した実をワシ掴みして、舌を出してガップリと噛みついている メスのワカケホンセイインコ (*_*; 別の木でも食事中の

  • ハワイで1番美味しいインド料理屋 ワカケホンセイインコ

    今週末は、ハワイで1番美味しいインド料理屋へ。 ワイキキから近いS King沿いのCafe Maharani。 色々なグルメランキングがあり、このお店が1番でないリストもありますが、 私はここが1番だと思っています。 ヨーグルトとスパイスでマリネした鶏肉をオーブンで焼いた料理が最高。 とても柔らかく、程よくスパイスが効いています。 どの料理も美味しくて、値段も高すぎないので、いつも満席です。 この

  • 鳥の巣探し ワイキキ

    鳥の巣探しがマイブーム。 宝探しのようで、発見出来ると嬉しくなります。 今日の1個目。 ワイキキの某ホテルのエントランスに鉢植えされた低木に発見。 おそらくメキシコマシコの巣。 雛は未だ羽化しておらず、メスが卵を暖めている様子。 メスは地味な色ですが、近くにオレンジ色の頭のオスがいたので おそらくメキシコマシコ。 よくもこんな人通りの多い場所を選んだなぁと、 この先、心配です。 あまり近づくと警戒

  • 荒れた春の海 ワイキキ

    今週も天気が良くないホノルル。 山側は雨。 ワイキキは晴れ間も多いのですが、海は荒れています。 波が短くてサーフィンも無理。 ワカケホンセイインコが木の枝に止まって、不機嫌そうにしていました。 何がそんなに不満なのか。天気が悪いから? 楽しいこと、考えよう。ほら、笑って!・・・? コーレアがアラスカに行く日は近そうです。 体のエネルギータンクは満杯です。 これ以上太れないくらいに太ってます。 まる

  • 野鳥観察 ’ワカケホンセイインコ’ と ’ゴイサギ’

    ホノルルに住んでいると、多くの種類の鳥に容易に出会うことが出来ます。 中でも目を引くのが、大きな声で群れて飛んでいるワカケホンセイインコ。 鮮やかな緑色や青色の体でしっぽが長いインコ。 インド原産で昔からペットとして飼われていたそうです。 今では逃げたペットが日本を含めて世界中で繁殖しているそうです。 首周りに黒い輪があるのがオス、輪がないのがメス。 「あれ?あの子はシッポが短い?」と思ったら幼鳥

  • インコライフ

    こんにちはtanotanoです。 今日はインコたちが来た時の話をしたいと思います😄 約半年ほど前になりますが、元々セキセイインコの「チャビン」を飼っていましてそこに小太郎が来たわけです。 チャビンと小太郎もそこそこ仲が悪くケンカも多かったので どうしたもんかと思っていたのですが、そんなある日事件は起きました😓 なんとチャビンが脱走してしまいまして、周辺を探したのですが見つからず・・・ とりあえ

  • インコたちの紹介です!

    初めまして、tanotanoです!今回初投稿という事で、僕のインコたちを紹介していきたいと思います(^^) 飼っているのは、全部で2匹。オカメインコの小太郎とワカケホンセイインコのワカメです。 性格としては、小太郎はかなりのビビリ( ;´Д`)僕がくしゃみをしただけでビックリして飛び立っていきます笑 ワカちゃんの方は、割と気が強くて小太郎に意地悪をすることもしばしば(^_^;)決して仲が良いとは言