• オーストラリア一ヶ月滞在

    今日で大体一ヶ月滞在していることになる。 昨日はレジュメをトラトラとかいう日系の会社で作って、そのあとラーメン屋の面接して、タウンホールの日本食屋にレジュメを提出した。 すごい日本人を感じた日。結果面接は落ちた。多分俺とそんな歳変わらない人が面接してくれたけど、めちゃ疲れていた。電話があれば採用ですと言われ、来ない笑 全然いいけど時給15ドルって言われたな。別で、俺の質問にキョドりながら答えてくれ

  • ビザ取得

    パスポートを郵送してから帰ってくるまで 何にもすることもなく前回の記事からだいぶ開きました! 書類提出してからいろいろ記入でミスってるのが分かって焦ったけど焦ってもできることもなく、笑 1週間くらいでかえってくるやろと思ってたらわりと帰ってくなくて、 わたしはもう落ちたと思いました笑 もう、イギリスいけない貯めたお金でどこ行こうと考えてたら返ってきました! パスポートの中にオレンジのステッカーで、

  • 昨日

    カンナビスが見つかったのに、また落とした。 昨日はカンナビス全部使ってまた別のドイツ人のカイと遊んだ。カイは最初訝しげに俺を見てたが、カンナビスとビールによってだいぶフランクになった。ドイツ人のノリって賢そうな間の取り方があって日本人みたいなだなと思ってたけど、もれなくカイもそんなノリだった。 フランクなカイがかなりいい感じで俺は飲みすぎてしまった。カイのビールだけど。カイは全然酔わないらしい。

  • 今日

    朝から人が入ったり出たりの音で目を覚ます。毎朝早くから行動する女の子は、朝以外もはや顔を合わせない。ブッキングコムからのお客が増えたから毎日色んな外人がくる。俺は肌がダニですごいことになっていて、ダニアレルギーだった事を思い出した。 とりあえず昨日はカンナビスをどこかに忘れて探し回ったけど見つからんから色んな人からお裾分け狙いでぐるぐるホステルを徘徊していた。わかった事は、海外の女の子は英語が話せ

  • カンナビス

    特にやる気が出ない今日、何もせずに宿に泊まっていると中国人が話しかけてきた。いつものことだが英語話せる中国人多すぎ。やっぱり賢い人が多いんだなぁと思った。俺は最近ビビらなくなっていた。目の前でシャブをやっていようが、強気でこられようが、地元で生活しているノリで外人と接することができていた。中国人は暇だからと飯を買いに行く俺についてきた。仕事探しは中々難しいらしい。中国レストランはハードヲークときい

  • やすいホステル

    おそらくブッキングコムというサイトに、今住んでる宿が表示されるようになってから日本人がめちゃ来るようになった。 ありがたいことかもだけど日本のノリが出ちゃうとOGとかと話す時とっさに話せんかったりするから、なんとも言えないかもなと思った。 今日までほとんど外人環境だった。外人のノリを掴みつつあった。 日本のノリのパターンと海外との違いは結局話す相手のノリに合わせるのがベストだけど、外人は基本話した

  • 金欠

    金欠過ぎて外に出られない。外へ行けば金を使う。YouTubeを見るしかない。 今日起きてから何度目かのカンナビスをし、ホステルをウロウロした。どうやら皆おかしいようだ。クレイジーが多い。 同室のブレイクは精神病らしく、集中疾患なんちゃらを持っているらしい。だから仕事が出来ないといい、宿の清掃で生活を繋いでいるらしい。カンナビスは好きだけど弱い。そう言っていた。 上の階のリビングでディム?とかゆう怒

  • ジャンキー

    宿へ帰ってきた。一応シドニーの栄えている所は回ってみたけど、そもそも俺はそんなに建築物に興味がない。シドニーはシティだったけど、感動はなかった。 10ドル宿では金ない奴らがBBQして飯を食っていた。そっちの方が安く上がるんだろう。同室のブレイクは6ドルしかないって言ってたっけ。カンナビスのディラーが飯とか酒の金を出している感じがあった。 イングランドから3人くらい別口できてるらしい若者がカンナビス

  • シドニーの都会感

    日本からアデレードに来た時は、正直微妙だなぁと思ったけどシドニーはやはり都会だった。アデレードは田舎らしい。アデレードに住むOGが教えてくれた。 シドニーの公園でセブンで買ったコーヒーを飲む。暇だ。宿戻っても皆金が無さすぎてタバコのたかりが凄まじいから、街へ繰り出した。 俺のこの生活は、日本からやってきた普通の人とは色々と違うだろうなぁ。ドラッグとか危なそうな人とかには、縁遠いと思うし。距離を詰め

  • シドニー生活3日目

    おそらく、Sydneyで一番安いホステルに今泊まっている。 一泊10ドルで管理がめちゃボケボケで、大変汚いし電気はつかないけど、お湯は出る。俺としてはそこが重要だったので、割と気に入ってる。値段が安ければしょうがないよね。 あと俺の住んでる10人部屋の前が駐車場になってるんだけど、そこで堂々とカンナビスをさばいている。俺にとって一番そこが良かった。 毎日夜遅くまでクラブのノリで音楽ガンガンだけど、

  • アデレードからシドニーへ車旅

    アデレードのコストコで集合し、シドニーへ向かった。この時拾ってもらったのはネットで知り合った女の子。女の子は26歳でセカンドをとってすぐらしい。これからはシドニーで生活するみたいだ。 車で一心に走る。それだけ。恋愛トークしたり、生活について話したり、お互い今までの事を話したりした。 1日目は割とすぐ予定の宿に到着。飯をご馳走になり、満足して寝る。2日目はかなりの距離のある移動になった。でも日本人と

  • アデレードバックパッカーINN2日目

    アデレードバックパッカーズINNに泊まっているけど、アデレードバックパッカーズINNっていくつもあるんだね。知らんかった。 適当に今までぐるぐる4モーテルくらい泊まっているけど、中東系の人が経営していた一番最初の宿が一番良かった。 安いけど汚い!みたいな宿ばっかだったけど、集まってくる金なしバックパッカーがおもしろい奴らばっかだった。 昨日は、同室のジェシーってやつが金なさ過ぎて、たかられまくった

  • 二日間

    同室のイカレたジョーボーという奴と仲良くなって早2日。 こっちが英語全然聞き取れないにもかかわらずジョークを連発してくる。唯一聞き取れたジョークは、俺はスナイパーで、スコープを覗いてあそこの木を撃とうとするけど木の横のビルの窓から裸の女が見えたからセンズリする、という下品なものだった。 ジョーボーとウィスキーの缶を10本空け、そっから街に繰り出した。ジョーボーがかなりイカレていたのでそわそわした。

  • アデレードからの

    記事を書いて途中寝てた奴がそのままだったので、UP。 今書いてて思ったけど、アデレードきて5日経っていたわ。 なので、その間の話を書く。 携帯と銀行を、つたない英語を補うように全力の愛嬌を駆使して契約した夜、浮浪者に話しかけられた。でも一応カンナビスある?と聞いてみると、探してやるよと言われた。まぁ、いいか。 それから二人で街の至る人に声をかける。浮浪者は真面目そうな人にも声をかけるから、注意しつ

  • オーストリア ワーキングホリデー(WHP)申請で困ったこと。

    オーストリアのワーホリ申請時に困ったことについて、思い出してみました。 大使館にメールで問い合わせてたのですが、 ホームページ見てとのみ返信が帰ってきました。 仕事を休んで東海地方からワーホリの申請に東京まで行くため、 なんとか一回で終わらせたくて、いろいろ調べたのですが、 出てくる情報はオーストリアではなくて、オーストラリアのことばかりでした。 WHPを申請するために、どの書類が必要なのかはっき

  • 白ウサギ

    浮かれてます。 というのも、 朝から野ウサギ見ましたっ! 思った以上にデカかったです笑 庭にはリスがいて、家で飼ってる犬が そのリス達に対して吠えます笑 前回の記事でカルガリー小さいって言ったんですが、 デカイです。 やっぱり。 行ったことのないダウンタウンが多いかも。 もっと冒険しないとなーと思いつつ、 いろいろな手続きに奔走してます、、、 銀行、SIN申請、携帯、は終わりました。 残っているの

  • 学校2日目

    バタバターっと到着してから すぎちゃいました、笑 初日の学校はまぁ、テスト三昧です。 で、その日は午前中で終わってしまいました。 午後からは授業がないので、 買い出しやら散策やらしに行きました。 とにかく、カナダ人の優しいこと! 面倒見もよくて、全て教えてくれます。 もしかしたら、ホストファミリーだからかも 知れませんが…。 カルガリーはやっぱり小さいかも。 んー、 ダウンタウンはデカイです。 い

  • ワイタンギ・デー

    本日2018年2月6日は、ワイタンギ・デーと呼ばれる祝日でした。 なので語学学校もお休み。 この国に住むからには、やはりなぜお休みなのかを知らなくては… と思いちょっとだけ調べてみましたが、 これがなかなかハッピーになれるだけのお話じゃありませんでしたね… ニュージーランドはマオリ族と呼ばれる民族が 最初に住んでいました。 その後世界は”大航海時代”を迎え、イギリス人・クックが上陸し その後ヨーロ

  • NZ ワーホリ。

    初めまして、さきたろです。 このたび人生初のワーホリを祝いまして(?) 人生初のブログを開設いたしました! というのも 私人生の中で後悔していることの一つとして、 記録、がないんですね。 旅行に行っても写真は撮らない。 日記書いても続かない。 そこで人に見てもらうようにすれば少しは 努力するのでは? という安直な理由です。 突然思い立ったので、 実はこちらNZ・Aucklandに到着して実は1週目

  • のんびり今思うことをただ語ってみる

    今年27でしょー。 ただ年だけ重ねていってるけど中身が追いついていない。ただ身体の新陳代謝とかそーゆうのは確実に老いていっているのはなんとなく感じる。。哀 いきなりだけどね、恋愛の話をすると、 2016年の秋に大失恋をしまして。 初めてあんなに心の底から人を好きになる、恋をする、愛、なのかなぁわからないけど、全身で人を好きになるって経験をしまして。 その人とは出会いから終わりまで結局ずっと遠距離、

1 2 3 4 5