• 押し競饅頭(おしくらまんじゅう)

    歌うように話す 寒い日の子供の遊びの定番でした みんなで背中を合わせて、押し合いへし合いしているうちに 体がポカポカ温まってきたものです ~おしくら饅頭押されて泣くな~ 昔の遊びは大勢で遊べて、歌がついているものが多いですね。 かごめかごめ、はないちもんめ、だるまさんがころんだ・・・ 遊びの中に歌があり、こどもたちは、日常の会話に節をつけて なにかと声を合わせて歌っていたような気がします 「○○す

  • 当たり前

    当り前の奇跡 共同で収穫したり、漁や狩りをしたときの一人あたりの取り分けを、 当たり前と言ったそうです。それぞれの働きに応じて分け前は決められていました。 「当たり前」が当たり前で無かった時代があったのですね。 私たちが何もしないで受け取っているものは、何らかの恩恵だと考えた方がよさそうです 人は慣れるとすぐに当たり前を思ってしまいますが、私たちが生まれたことも 生きていることも、そして水や空気が

  • 「 王者の星 」 昴とは星野集まりにつけられた名前で、おうし座のプレアデス星団のことです。 六個が集まっているように見えるので、六連星(ろくらぼし)という別名もあります が、実際の星の数は、百二十個もあるそうです。 「 統ばす(すばる)」という、集まって一つになるという意味の言葉が語源です。 古くから親しまれ、「統一する」と言う意味に通じるところから、王者の星と 呼ばれました 冬の凛とした空気の中

  • 弱冠(じゃっかん)

    成人式の冠 ~人は生まれて十年したら、「幼」といい、学問を始める。二十年したら、 「弱」といい、冠をつける。三十年したら、「荘」といい、妻を迎える。 四十年したら「強」といい、士官する。五十年したら、「艾(かい)」といい 重要な官職つく。六十年したら、「耆(き)」といい、人を指揮する。七十年すると 「老」といい、家事をその子に伝える。八十年以上を「老毛」といい、生まれて 七年までを「棹」といい、「

  • 仕合せ拍子(しあわせびょうし)

    これぞ、プラス思考 仕合せ拍子とは。うまく幸せに巡り合うという意味です。 ~しゃんと手拍子口拍子。仕合せ拍子うちつれて。 顔もいきいきにこにこと~ (歌舞伎「ふたり夕霧」より) 仕合せ拍子の「拍子」は。もののはずみとか、調子という意味です。 そして、幸せと言う意味は、もともと、「仕合せ」と書いて、単なる、 巡り合わせという意味でした。それがやがて、よい巡り合わせだけを仕合せと 呼ぶようになり、幸い

  • 若菜摘(わかなつみ)

    今日は七草粥 若菜とは、春の七草の事です。 ~芹・なずな・御形・繁縷・仏座・菘・蘿蔔 これぞ七草 秋の七草は見て楽しむのに対して、春の七草は味わって楽しみものです。 一月七日に七草を食べる風習はご存じのとおりですが、実はその七草は、 その日の朝、摘んできたものを使っていました。 ~君がため 春の野に出でて 若葉摘む わが衣手に 雪はふりつつ ~ 百人一首でおなじみのこの歌は、男性である光孝天皇の作

  • 大盤振舞(おおばんふるまい)

    一膳のごはんから もとは、「椀飯振舞」と書いて、「おうばんぶるまい」といいました 「椀飯」とは、お椀に持ったご飯のことです。平安時代、宮中に参上した人々を お椀に山盛りのごはんでもてなしたことに由来するそうです。 白いご飯は、この占い御馳走だったのですね。 江戸時代には、お正月に親戚などを集めて催す宴会のことを、こう呼んでいました。 そして「椀飯」は「大盤」へ、つまり食べ物を持った器をのせる台へと

  • 福寿草(ふくじゅそう)

    ちいさな花に託した、たくさんの思い 元日草(がんじつそう)朔日草(ついたちそう)とも呼ばれます。 まさにお正月の花です。 南天と合わせて寄せ植えにされるのは、「難を転じて福となす」 という語呂合わせです。 人生には、「五福」といって、五つの服があるとされてきました。 長寿(寿命が長いこと) 富貴(財産に不自由なく、その人の地位が尊ばれていること) 廉寧(体は健康、心は安定していて穏やかなこと) 好

  • 鳴き龍

    天にのぼる声 お寺や神社のお堂でかしわ手を打った途端、どこからか「ビィィ=ン」と いう不思議な音。何の音だろうと思って上を見ると、天井に龍の絵。 「そうか。龍が鳴いたのか」 鳴き龍現象・・・。日光東照宮や京都の相国寺などが有名ですが、その正体は フラッターエコーです。天井と床や、壁などの並行している面の間で、音が何度も 同じ場所を反復して、鳴き声に聞こえるのだそうです。 お堂にはフラッターエコーが

  • お年玉

    お金じゃなかったのだけど お年玉は、もともと年の賜物という意味だそうです。 神様にお供えしたお餅などを、お下がりとして分け与えたのが始まりだと言われます。 やがて、目上のものが目下のものへ、御餅やお供え以外の品物を、渡されるようになり、 いつのころからかお金に変わってしまったようです。 江戸時代には、良く扇が配られたということで、年玉扇ということも残っています。 今では、神様とも、お供えととも無縁

  • 大晦(おおつごもり)

    明日を迎えるために 「つごもり」は、「月隠」がなまったものだそうです。 旧暦では、新月の日が一日ですから、月の終わりは月が隠れてしまうという意味で 「つごもり」といいいました。 そして、一年の最期の日は「大つごもり」というわけです。 同じ字で「おおみそか」とも読みますが、「みそか」は「三十日」ということ。 旧暦では、12月はだいたい30日まででした。 その日の夜は、除夜ともいいます。旧暦を除く夜と

  • 悲喜交々(ひきこもごも)

    来年へのこもごも 「交々」は、もともと「此も此も」だそうです。 これもこれも、かわるがわる、次々に・・そんな意味です 一年を振り返る時期です。 あなたの交々は、「あんあこともあった、こんなこともあった」ですか? それとも「ああすればよかった、こうすればよかった」ですか? 悲喜交々、さまざまな思い出に彩られて過ぎていく今年。 喜びばかりの人生はありえないでしょう。 闇があってこそ光がわかるように、悲

  • 賑やか

    平和のあかし 「やか」は、形容動詞を作る接尾語です そして、「にぎ」の方は、「和(なご)」が変化したものなのだそうです。 「和やか」や「和む」の「和」ですね 「凪ぐ」「慰める」とも同じく、風が止まった状態を表す「なぐ」が 言語だと言われています。 「和やか」と「賑やか」では、イメージが違うような気がしますが、 心が和んでいるからこそ、人も集まり、陽気に話がはずみ、活気も出てくるのでしょう。 年末の

  • 思い差し(おもいざし)

    本命も義理も この人と思って、心をこめてお酒をつぐことを思い差しといいます。 その気持ちに対して、好意をもって差された杯を受けることは 「思い取り」です。 忘年会などで、たくさんの人が集まって、お酒を飲む季節になりました」 その中で、秘めやかな二人だけの以心伝心。胸がときめく、素敵な時です。 でも、もっと軽い気持ちで、「思い差しよ」と言って、ビールやお酒を ついであげるのも、いいかもしれません。

  • かぎろひ

    はてしなく受け継ぐ感動 ~東(ひんがし)の 野にかぎろひの 立つに見えて             かへりみすれば  月西渡(つきかたぶ)きぬ~              万葉集 柿本人麻呂 かぎろひは、日の出の一時間ほど前に見られる最初の陽光と言われ 良く晴れた寒さの厳しい日にしか見られない現象だそうです。 陽炎の語源ともいわれるかぎろひですが、 もとは、かぎる火。つまり、ちらちら光る火という意味

  • 月天心(つきてんしん)

    月と地球を結ぶ点 冬の月は、ひときわ天高く輝いています 天心は、天の中心のこと。あたかも、月が、天の中心にいるようにみれるので こう呼ばれています。 もうひとつは、天心には、天の心という意味もあります。 冴えわたった空からの月の光は、やさしく見守ってくれる眼差しのようです。 冬の夜道も、真上からのスポットライトを浴びるような気分で歩けば 足取りも軽くなりますね。 ふと、足を止めて、空を見上げてみま

  • 年の瀬(としのせ)

    明日は宝船に 瀬は、川の流れが浅いところ、または急流のことです 一年を川に見たると、くれも押し迫ったこのころは瀬にあたるということでしょう。 (これは、この本のPじゃない 12月14日 に書かれている言葉です) 「瀬」の語源は、「塞く(せく)」または、「切る(せる)」だそうです。 一年の節目を前にして、岩に堰き止められた場所のように、 流れが速くなっているのですね ~年の瀬や 川の流れと 人の身は

  • 箒星(ほうきぼし)

    天のお掃除 彗星のことです。彗星の「彗」と言う字も、手で草ほうきをとって 掃いている様子を表す漢字だそうです。 箒は、もともと「ははく」。鳥の羽根を使ってはいたので、 「羽掃く」といったそうです。 「掃星(ははきほし)」という呼び方も残っているので、 この箒星も、掃除用具のほうきに似ているから、というより 「ははき星」が変化したものではないでしょうか。 天が穢れを掃き清めてるいると、考えられていた

  • 人間(ひとあい)

    人と人間のちがい 普通に読めば「にんげん」ですが、実は、この字はほかにも読み方があります 「じんかん」と読めば、仏教用語で、人の住む世界、現世のこと。 「ひとま」と読めば、人のいない時。 そして、「ひとあい」と読めば、人付き合いや、人に対する愛想のことで 人愛とも書きます。 どれも。人と人との関係を表す言葉ですね。 人は一人では生きていけない・・・・。だから、人とのかかわりが人間そのもの。 何をい

  • 奥の手

    誰でも持っている とっておきの最後の手段。みなさん、お持ちですか 「これがあったら苦労しないよ」とおっしゃる方も、「実は・・・」とにんまり する方も、本当は誰でも持っています。そう奥の手とは左手のことでした。 昔は、左を尊重していたので、左手のことも奥の手と呼んだのだそうです。 中国の影響だそうですが、中国も時代によって左を重んじたり、右を重んじたり していたようで、「左遷」は右を重んじていた時代

1 2 3