• 書籍:四季報で学ぶ決算書の読み方 ~「会社の数字」を読み解く会計トレーニング

    この本も図書館で借りました。内容は実際の「四季報」を載せて、その数字から状況を読み解く会計トレーニングです。様々な会社のものを載せているのではなく、「三菱重工業」のものをベースに学んでいく形式です。投資キャッシュフローや財務キャッシュフローといった会計の知識がないと難しい用と思います。投資をこれから始めようとしている人には、簿記の学習よりも内容的に役に立つと思います。この本を読む前に、簿記の基礎、

  • 書籍:「管理会計入門〈第2版〉」

    この本も図書館で借りました。タイトルは入門となっていますが入門編にしては広範囲にわたって書かれています。管理会計そのものについて学ぶというよりも、会社での仕事上様々な会計に関わることについて解説しています。この本を読んでもP/Lや原価が計算できるようになるわけではありません。むしろ基礎的な簿記、B/L、P/L,C/Sなどを理解していないとこの本は読みにくいかもしれません。また、管理となっているので

  • 書籍:「ベーシック財務諸表入門 」

    この本も図書館で借りました。内容は、財務三表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)の基本から、国際会計基準(IFRS)のまで幅広く解説されています。特に国際会計についてはこの本の半分のページを割いています。また、「実践編」では、実際の決算書を使って、学んだことを復習することになっています。この本のサイズでは仕方ないですが、決算書と解説が同じページであればもっと見やすいと思います。巻末の

  • 書籍:ゼロから始める「会社で役立つ」簿記入門

    この本も図書館で借りました。内容は、社会人となって経理部へ配属される人だけでなく、営業、技術、企画部でも部署をとわず会社で勤める碑とは最低限これだけは知っておくべきことを分かりやすく説明しています。3級をとろうとしている人が3級の参考書を読む前にさっとこの本を読むと理解しやすいのではないかと思います。この本の半分くらいは使った経費をどう仕訳するのかに詳しく説明していますので、社会人になっていない学

  • 書籍:「大阪・兵庫 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内」

    この本も図書館で借りました。大阪・兵庫の有名どころの神社の御朱印と由緒が見開き2ページでまとめられていて非常に参考になります。

  • 書籍:「見仏記 」

    社寺仏閣巡りが好きなので、これも図書館で借りた本ですが、さすがに仏像に関する内容はレベルが高いと思います。いとうせいこう氏とみうらじゅん氏のヤジキタ道中記、JRの車中、田舎のホテルなどでの会話内容は読んで笑えます。これを読めば少しでも社寺仏閣に興味をもつようになると思います。 【4K】新TV見仏記 4K版トレーラー~みちのく岩手編・みちのく山形編~

  • 書籍:「ドコノモン」

    この本も図書館で借りました。本のタイトルの「ドコノモン」とは何か。それは「ドコモモ(DOCOMOMO)」に敬意を払ったパロディですが、建築の裏側にある事実を面白く解説できるのは、著者が建築史家ならではと思います。大阪では知らない人はいない複合施設、「レジャービル味園」も載っていました。 DOCOMOMO(ドコモモ、英: International Working Party for Documen

  • 書籍:「世にもふしぎな極上ワンダーランド」

    この本も図書館で借りてきました。内容は、一風変わった建物、美しい自然の景色など、ウソのような本当の風景を世界中から選りすぐって集めらています。各写真には解説がついています。また、本当に写真?と思うのも載っています。この本の印刷はすべてマット調になっているので、どうせなら実際の写真に近いツルツルした印刷で見たかったと思います。

  • 書籍:「信貴山むかしばなし」

    この本も図書館で借りました。信貴山縁起絵巻を元にした物語絵本で、内容は、「飛びゆく倉」「帝の病い」「老尼の旅」の3部に分かれています。本のサイズは11.8×14.7cmととても小さく絵本となっていますが、文章を読むと子供用ではないようです。 https://www.mercari.com/jp/u/441318165/

  • 書籍:「生きる」

    この本も図書館で借りました。途中で一人になった以降も希望を捨てず孤独と戦いジャングルで生きていく帝国の軍人。本のタイトル通り「生きる」とはどういうことかについて、小野田さんの考えを明確に書かれた本だと思います。 小野田少尉の30年戦争

  • 書籍:「原発報道とメディア」

    この本も図書館で借りました。内容としては深く調査していると思います。本のタイトル の「メディア」には、マスメディアだけでなく、TwitterなどのSNSについても言及されていて深く調査されています。ただ、この本全体として、著者の何か1つ訴えるものがバラバラのような気がします。従って、各章をみて自分が興味あるところを読んだほうがいいと思います。また、学校の宿題などでちょっとしたレポートを書くには役に

  • 書籍:「クー・クラックス・クラン: 白人至上主義結社KKKの正体」

    この本も図書館で借りました。今までにKKKについての本を読んだことはありますが、ミステリアスに書かれているものばかりでしたが、この本は真面目に歴史、変遷、意味など詳しく解説されています。ただ、過去の資料を基に作成されており、最新の情報や現役のメンバーへインタビューするような内容は書かれていません。 The KKK vs. the Crips vs. Memphis City Council (Fu

  • 書籍:「経済用語図鑑」

    この本も図書館で借りました。久しぶりに買ってもいいかなと思った本です。「図鑑」というだけあって、経済用語をわかりやすく、図、イラストで解説しています。小学、中学生でも理解できると思います。この本でアウトラインを理解して、次に難しい本を読むための基礎知識の本として使えば有効的だと思います。

  • 書籍:⑦【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

    この本には、奈良県の生駒山上遊園地の日本最古の大型遊戯機「飛行塔」のことが書かれていますが、もはや、本のタイトル「地理、地名、地図の謎」からは離れてしまってます。内容としては面白いです。

  • 書籍:⑥【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

    この本に載っている、「畝傍山麓で、村や神社まで移動させる天皇陵の壮大な引越しが行われていた!」」は興味深い内容です。「天皇陵を見下ろす場所に神社があってはならない」のが理由とこの本に書かれています。 去年、畝傍山にある「畝火山口神社」「東大谷日女命神社」などの神社巡りをしましたが、けっこう山の上の方になり、天皇陵よりは高い位置だったと思うのですが。。。 👇【東大谷日女命神社】(ひがしおおたにひめ

  • 書籍:⑤【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

    奈良県大和郡山市矢田町にある式内社、「矢田坐久志玉比古神社」(やたにいますくしたまひこじんじゃ)、プロペラ神社のことで、よく知られている有名な神社です。「謎」というほどでもないです。 「矢田坐久志玉比古神社」(やたにいますくしたまひこじんじゃ)は、奈良県大和郡山市矢田町にある式内社、別名「矢落(やおち)神社」。延喜式神名帳に記載されている大和国添下郡十座の筆頭社で式内大社。 祭神である櫛玉饒速日命

  • 書籍:④【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

    「天川村に能をもたらした紀伊半島の地理的背景とは?」について、この本では簡単に3ページで説明されています。奈良県吉野郡天川村の「天河大辯財天社」(てんかわだいべんざいてんしゃ)は有名な神社で境内に能舞台があって、よくTVなどで取り上げています。紀伊半島の地理的に天川村は、神仏習合の「熊野」、真言宗密教の道場「高野山」、修験道の聖地「吉野」を結ぶ三角地帯の中央に位置しているのである!って、それほど驚

  • 書籍:③【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

    書籍:【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認③  「なぜ、平城京には大極殿の跡がなぜふたつもある?」ですが、しょっとした観光ガイドブックに載っている内容です。この本の「謎」というレベルの内容でもないでしょう。  奈良文化財研究所によりますと。。下記内容です。 「大和西大寺駅から近鉄奈良駅へ向かう電車に揺られていると、左手の遠方に第一次大極殿が見えてきます。この建物は、2010年の平城遷都1300

  • 書籍:②【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

    若草山の山焼きの発端について書かれていますが、由来や理由についてはネットやTV番組なのでよく説明されています。主に下記の理由です。 1)若草山をわざわざ山焼きをする理由というのは町おこしでもあり、冬は暖房やストーブを使う時期で火災が起きやすく火災防止の呼びかけをするためです。 2)また、若草山の山頂にある「鶯塚古墳(うぐいすづかこふん)」の霊魂を鎮めるためともいわれています。 この本では、2ページ

  • 書籍:①【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

    書籍:【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認① 法隆寺に伝わる「七不思議」とは?ということですが、この本にも書いてあるように「七不思議」といっても色々あり、代表的なものを載せています。①寺の建物にはクモが巣を作らない。②因可池の蛙に片目がない。③地面に雨だれ・・・など7つ。このような内容なネットでも簡単に調べられます。同じような内容です。 法隆寺の「七不思議」は主に次のようなものですが、正確な記

1 ... 19 20 21 22 23 ... 25