• <バブル崩壊で地価は1/3・・> <バブル崩壊で地価は1/3・・>

    オリンピックも終わり・・プロ野球も終盤戦・<引退>を、表明する選手も出てきた・・ <引き際の美学~ボロボロになるまで続ける>・・各人の選択ですが・・ 引退後が保証されてる選手は少数で・多くのの選手は<第2の人生>の岐路に立たされ 迷うところです・・ 小生は事実上は、<引退組>ですが未練たらたら・体調が回復したらを旗印に時々   <講習会や研修会>に出かけ・・ 同年齢のスターや孫世代の若者と交流して

  • <手帳の虫干し・・> <手帳の虫干し・・>

     <1990年~2013年> <2014年~2016年>書き写すのが面倒なので・・3年分貼り付けた 台風崩れの低気圧の影響で・・夜半から小雨が降り続いている・・ 午前中に<ガスの点検>で業者が来るので留守番をしている・・ 沢山たまった書類やカタログを整理・・ついでに<手帳>の虫干しを始めた・・ 1990年から10数年・・現役で活動している期間は、ほとんど空白・・ <9~新宿・・ 10~杉・・ 15

  • <幻の長沼団地> <幻の長沼団地>

    体調も今一・・天候も不安定なので・・何年も気になっていた書類の整理を始めた・・ 最初に・・昭和44年~45年・・京王線長沼駅至近の<山林買収>・・ 駅から入口まで4分~約16万平米の山林~500区画余りの住宅団地計画・・ 北傾斜ですが・・八王子市市街地~浅川が眼下に眺められる抜群の眺望です・・ 零細企業の30歳の青年社長(onigunsou)が、地上げした大型物件でした。 丁度都市計画の線引きで<

  • <宝物のスクラップブック・NO7~首都圏の交通網計画> <宝物のスクラップブック・NO7~首都圏の交通網計画>

      <昭和43年1月5日> 住宅新報~ (東京近郊鉄道網図)   <国鉄・現在JR> <ア>  東海道本線~ 新鶴見ー小田原間  47年度までに新鶴見ー平塚間を、複々線化し、ラッシュ時の乗車効率を、207%に抑える <イ>  中央本線~ 中野ー立川間 47年度までに複々線化し、ラッシュ時の乗車効率を、239%に抑える。 <ウ>  総武本線~ 東京ー千葉間 47年度までに複々線化し、ラッシュ時の乗車

  • <地価公示・・> <地価公示・・>

     銀座の価格が伸びず~渋谷・池袋に抜かれる    <新宿駅東口> 昭和43年の公示価格日本一は、新宿駅東口(高野フルーツ)で、3.3㎡~900万 トップ常連だった銀座4丁目(三愛)は、渋谷・池袋に抜かれ 3.3㎡~550万にとどまった。 バブル時最高値平成3年頃の <1億円超え>には及ばないが、 平成26年は都心部の商業地は<ミニバブル?>の影響で、各地区で上昇した。 銀座4丁目は ~1㎡当たり2

  • <宝物のスクラップブック・NO4~マンションの財産価値> <宝物のスクラップブック・NO4~マンションの財産価値>

    <昭和43年~住宅新報の社説> 不動産業界で49年目の私が<初年兵>の頃に収集した資料を振り返ってみています。   <マンションの財産価値> 最近におけるマンションの1年間の建設戸数は東京・大阪などを中心に14000戸に及び、過去12年間の建設戸数に匹敵するといわれている。(第1次マンションブーム) 20年~30年後の将来における <経済価値>に対して疑問を抱きながらも、ビジネスマンとして日々の活

  • <宝物のスクラップブック・NO3~北関東に100万都市> <宝物のスクラップブック・NO3~北関東に100万都市>

    昨今は<少子化>と騒がれていますが、昭和40年代前半では<一人っ子の家庭>は少なく~<独身貴族>も少なかった。 <北関東に100万都市の開発計画>  <首都圏整備委員会>では <北関東の再開発構想>を、練っていたが44年度の予算がついたので、4月から北関東3県に委託して大規模都市実現のための基礎調査を始める計画です。 首都圏から100キロ圏に、複合的機能を持つ~人口100万人程度の大規模都市を形成

  • <宝物のスクラップブックNO2~タナザラシの外郭環状線> <宝物のスクラップブックNO2~タナザラシの外郭環状線>

     <外郭環状線計画図>...  <予定地の反対運動> 1968年<創業当初のスクラップブック>より 23区の周辺を通り、埼玉県南部~千葉県西部を回る自動車専用道路・・東京都内部分は約18キロ 計画が明らかになったのは、昭和41年3月。 たちまち地元から猛烈な反対運動が起こった。 地区ごとに反対規制同盟ができて<建設大臣~都議会>に陳情。 地区によっては10日に1回集会を開き。結束を固めている。 住

  •  <昭和43年のスクラップブック>  <昭和43年のスクラップブック>

     <昭和43年のスクラップブックNO1>  <昭和43年都内・近県の地価相場>    <幻の宅地開発税> 小生は昭和42年12月~若干27歳で独立しました。 独立は正解ではなく <七人の侍>で始めた新会社で、意見の対立から <はじき出され~飛び出した>が真相です。 債権も放り出して裸一貫で不動産会社を設立 <細君と6か月の長女>を抱えていましたので、昼夜をとわず、無我夢中で働きました。 当時は、ま

  • <免許更新の為の講習会>

     昨日の東京は一日中雨でした・・特に朝方・夕方豪雨でした・・ 通常ならパスですが<管理業務主任者>の更新(5年ごと)に必至の講習会なので往復 4時間かけて出かけました・・ 9.30~19.00までの長時間ビデオ鑑賞でした・・ 個別に渡されたカードで受付から終了までに4回のチェックがありました・・ 真面目に教本とビデオで研修している人は少なく他の本を読んだり、書類を作成したり、昼からは居眠りしている

  • <進め・進め・前へ進め>

    今年の手帳に昨年の出来事や気になった記事・重要な言葉等の書き写しをしています。 タイトルは毎年記念に裏表紙に大きく書かれています。  昭和41年6月20日 私が26歳の時に初めて大学卒業の新人社員10数名にに教育?(上がってしまって大量の汗をかきましたした)時の言葉です。  以来40数年<猪武者の行動・言動>は歳相応に柔軟になってきましたが変わりません。  過去と他人は変えられないが自分と未来は変