• 仕事の事、趣味や何か色んな事

    明日明後日はお休み。その後は来月末まで通勤します。 通勤電車はかなり混み合うので、怖いです。 が、以前のようなパニック障害の発作はほぼ出ないので大丈夫。 (だと思います…)精神安定剤は飲みますが… 世間の50代60代は1500万円以上の貯蓄がある、とニュースで聞く(読む)とお先真っ暗です。 働ける時は働かなきゃ。 正社員で働くのが理想だけど、51才のおばちゃんにそうそうイイ話はないのです。 やりが

  • 鬱病

    パニック障害は一番酷かったのは約10年前。 仕事を辞めて半年位はほぼ引きこもり。 その後、やっとパニック障害が軽くなってきた頃に鬱病発症。 (これには色んな理由がある。) それでも、沢山の薬を飲みながら派遣で働いたり、パート勤務したりして、4年前に抗鬱剤の断薬に成功。 今の診療内科の担当ドクターは、薬よりも気持ちや考え方、行動を大事にする方向に持っていく人(だと思う)なので、 今のところ、抗鬱剤は

  • blog

    9月まで、ここで綴っていたのに、 何故かどうしてなのか、居心地悪くなってしまった。 私にはblogは合わないのだと思って削除した。 多分、色んな事を読み過ぎたから? 色んな事が、本当は私には関係なくても、チクチクと刺さったりくよくよと悩んでしまったり、 自分の小ささ、弱さ、コミュ障、不安神経症、再確認した感じ。 復活したから元気!な事は一切なく、私はやっぱり私のまま。 そのまま綴っていこうと思った

  • あらたに、

    ブログを作り直しました。 削除して、作り直すの大変だった… アナログ人間だとあらためて実感。 基本的には何も変わらない、ネガティブな吐き出し用の日記。 色んな事を気にし過ぎる性格なので、あまり気にせず、 書きたい事を綴っていきたい。

  • 患者数

    320万人を超えたらしい。患者数というより、精神科心療内科にかかったことがある人数か。40人に1人。一瞬多いなと思ったが考えると、学校でいうとひとクラスに1人。それに選ばれてしまったのか! という絶望がよぎる。明らかにやべー奴がいっぱいいたのに。。平々凡々、どこにでもいるちょい馬鹿なのに選ばれてしまった。 疑問に思ったのは認知症と薬物アルコール依存は精神疾患の枠なのかということ。

  • 狭間

    神経症と鬱の狭間を歩いてる気がする。嫌な記憶を延々と反芻している。自分で自分を苦しめてるのだ。 これ読みたい。 第1章自分を受け入れてもらえなかった時ー失恋、いじめ、拒絶体験 第2章誰とも繋がっていないと感じる時ー孤独 第3章大切なものを失った時ー喪失、トラウマ 第4章自分が許せなくなったときー罪悪感 第5章悩みが頭から離れないときーとらわれ、抑うつ的反芻 第6章何もうまくいかない時ー失敗、挫折

  • 鬱々と

    個人輸入でサプリと抗不安薬を買った。ほんとはサプリだけにしたかったが抗不安薬も買ってしまった。バスパーというもの。良くない、きっちり医者に見てもらうのが正しいのだが。ベンゾジアゼピンは最高の効果があるが飲みたくない、そうなると非ベンゾジアゼピンの抗不安薬という選択肢になるが、これが少ない。ほとんど2、3種類くらいしかない。そうすっともういっか個人輸入で、となってしまった。このバスパーってのは日本で

  • ジャンクフード

    食べてしまった。コンビニのパスタとサンドウィッチ。でもジュースは飲まなかった。食事と運動は大切です。 引きこもりの人のブログを見たら、コメントがないからブログを休止します。と書いていた。ふと見たら、ブログにはコメント欄がなかった。コメントしようにもコメントできないのだ。その人のブログは引きこもりカテゴリーで注目記事ランキングで1位だった。恐らくみんな気になっているのだろう。言ってあげたい、「コメン

  • 歩いてきた

    証拠写真 1時間ほど歩いた。結果変わらない。歩いている瞬間も嫌な感情ばっか。まいいや。大切なのは歩けたという事実だ。 あー、しんどい。神経症が治ったとか鬱病が治ったとか都市伝説のような気がしてきた。トイレの花子さんレベルなんじゃないかと。

  • 特に

    書くことがない。気分と戦っているだけだ。便が少し硬くなった。ビオフェルミンのおかげだろうか。あと白飯を一切欲しいと思わなくなった。不思議。 瞑想とか禅とか調べるとどうしても宗教チックなもんが出てくる。オウムも始まりはそんな感じだったのだろうか。「宗教に入れば治ります!!!」とか言われたら入信してしまう気持ちも分かる。まさに溺れるものは藁をもつかむである。 デイケアとか作業所とか調べるけどまったく現

  • 腸と精神疾患

    長いこと下痢しててもうそれが気にならないくらいずっと下痢してるのだけど、気になる記事を見つけた。 腸と精神疾患 セロトニンは歓喜や快楽、ドーパミンはやる気を感じさせる働きがあり、脳内でこれらの物質がが不足するとうつ病などの精神疾患に陥りやすくなってしまうのです。 このセロトニン、実は人体内では脳内に2%、腸内に90%という割合で存在しています。 このたった数パーセントの脳内セロトニンが人の精神状態

  • しんど

    寝転んだまま認知行動療法やマインドフルネス森田療法など調べてます。実行実践しなきゃ意味ないのに知識だけ増えてます。 一人の人間と周囲の人間にとって大病で死ぬことは悲劇だ。だが人類にとっては必要なことなんだ。ということを本で読んだ。もし病気がなかったら人類は爆発的に増えて滅亡する、みたいな理論だったが、知らんがな、と思う。人類とか。 だが長寿国と自殺率トップクラスという分けの分からない国、日本。もし

  • 芸能人

    のメンタルの強さはどこからきてるのだろうか。SNSをやれば毎日なんやらかんやら言われ、おそらく街を歩けば直接言われることもあるだろう。指指されたり勝手に写真撮られたり、とんでもない。分けて欲しいその強靭なメンタル。

  • 攻撃性

    神経症や欝は内に内に向かってひとりで苦しむ病気だが、外にいく人もいるのいだろうか。攻撃性を伴う神経症、鬱病。あまり聞いたことがない気がする。実は今日人を殺す夢を見たから気になった。起きた瞬間思わず「よかった~」とうなった。 石郷岡病院事件恐ろしいですね。動画は怖くて見れないですが文字だけ見てもおぞましい。あれで無罪とは。。。

  • デパス!

    が年間約7億4000万錠出荷してる。という記事を見た。つい最近まで個人輸入もできたみたいだからさらに倍々ゲームだろう。デパスは飲んだことないけど1回飲んだら抜け出すのは相当苦労しそうだ。

  • 数年前の

    しんどすぎる故に数年前のなんとなくとっておいたレキソタンを飲んでしまった。やっぱ凄いなこの薬は。ほんとは飲んでたいけど副作用や依存、危険性を訴えるブログを見ると怖すぎるんだよな。そして何より精神科心療内科に行きたくない。俺が行ってたのは閉鎖病棟と併設してる病院だったが、正直恐ろしかった。あそこで見た光景は忘れられない。 薬通販のサイトで抗不安のサプリでも買ってみようかなと思ってる。

  • ネット彷徨う

    神経症の交流会に行った記事を見た。なんと説教されて終わったと。恐ろしい。いまだに鬱の人に頑張れ!頑張れ!と言い続けてる人たちがいるのだろうか。ナイナイの岡村さんとかあれだけの有名人もどんだけ苦しんだことかと。岡村さんは半年かからずに復帰できた。奇跡だ。もうテレビに出れない可能性も十分にあったのに。

  • 同じ

    朝起きて一番最初に感じる感情が不安というのは辛いです。不安からくるえづきに苦しんでます。

  • 食欲ゼロ

    今日も何も食べてない。精神状態は速攻で食欲減退になる。不思議と不眠はない。これが鬱との違いかなと勝手に思ってる。そもそも病名なんて分からないけどね。勝手に不安神経症と思ってるけど。名前的にピッタリくるから。 精神に問題を抱えながらも仕事してる人、家事してる人、学校行ってる人、外出してる人、とてつもなく尊敬しております。

  • 不安神経症者の内面心理 

    不安神経症の恐怖というのは、 自分でもわけがわからない、適当な表現も見つからない、だけど何かもの すごく危険きわまりない、とてつもない膨大なエネルギーが、 誰にも言えず、どの本にもネットにも誰も書いてない奇妙な症状や、 どうにも割り切れない、やるせない積年の苦しい感情や、 自分を激しく嫌い憎み貶める傾向や、罪悪感などと不可分に混ざり合い、 なんら益するところがないと自分でもわかっていながらも、いく

1 2