• 購入した中古住宅の二階部分

    予算の問題で、二階部分の間取り変更は取り止めになってしまいましたが、夫婦二人で生活していく事を考えると、この部分は妥協出来る部分かな…と思います。私達が購入した中古住宅の二階部分は、六畳間が二つ。一つが和室で、一つが洋室です。そしてそれぞれの部屋に対して小型の押入れが付いていますので、おそらく約30年前の典型的な間取りだったのだと思います。 当初の計画ではこの押入れ部分を完全に取り払い、一つの部屋

  • 中古住宅購入の決算

    今日の午前一番で銀行に行きまして、不動産屋さん、司法書士さん立会いの元で、中古住宅購入の決算作業を行いました。この作業で、今回の中古住宅の所有権が私達夫婦に移る事になります。 銀行での作業はひたすら通帳からのお金の操作です。 1.自分の通帳から今回の中古住宅の代金500万円を出す書類 2.売主さんの口座にそのお金を振り込む書類  (数字の操作のため現金を見る事は適わず…(笑)) 3.司法書士さんへ

  • 売主さんに最後の挨拶

    契約書に印鑑をつき、売主さんも今週の週末に引越し、そして来週の中ごろに決算が待っています。契約書の印鑑をついた後、売主さんと連絡をした際に、最後にもう一度会ってお話しましょうという事になっていたため、今日の休みを利用して、再び売主さん宅に家内と一緒にお邪魔する事になりました。 今日は、北海道の片田舎はまさかの雪…積もりました…はぁ。流石にまだ根雪にはならないと期待しますが、それでもこの時期に雪が積

  • 最後まで人に恵まれて契約

    昨日の日記でも書きましたように、今日無事に中古住宅購入の契約書にサインしました。売主さんは高齢のため、不動産屋さんからの説明に時間がかかるだろう…という事から、売主さんには昨日の内に不動産屋さんが説明を行い、印鑑をもらっているため、今日は私達夫婦だけが契約書に印鑑を押すという形になりました。 そして指定の時間に不動産屋さんに行きますと、既に契約書一式が準備されており、早速契約書などについての説明が

  • あれ?来年になってから?

    中古住宅契約の日程が近づいてまいりましたので、今日は契約書などのチェックのため、不動産屋に出向きました。契約書の内容、重要事項説明書の内容、付帯設備及び物件状況確認書の確認を済ませ、あとは契約日の当日を待つだけ…なのですが、ここで不動産屋さんから衝撃のお知らせが(笑)。 勿論このお知らせは、先日の住宅ローンの予備審査の結果ではありません。住宅ローンについては不動産屋さんに全て手続きを任せていました

  • 中古住宅+リノベーションを選択した理由

    私も北海道に赴任して早11年。そろそろ現在居住している築45年の隙間風が厳しいボロ屋から出ようかな…と思ったのがキッカケでした(+家内の爆発)。今年の夏ごろに、そろそろ新居を探したいな…と考えていた訳ですが、さてどのような形で新居を見つけようか?といったところで、様々な選択肢が浮かび上がりました。 1. 注文住宅(新築) 2. 建売住宅(新築) 3. 賃貸で一軒屋 4. 中古住宅(築10年くらい)

  • 中古住宅購入費用がほぼ固まる

    本日、不動産屋さんから連絡があり、そろそろ住宅ローンの予備審査の書類を作成したいとの事。幸いにも夕方頃に抜け出す時間があったため、家内を連れて一路不動産屋さんへ出発。住宅購入費用などは手持ちの資金で問題ありませんが、流石にリノベーション費用を全て手持ちのお金で…となると、少し厳しくなるため、ある程度のローンを組むつもりです。 私も驚いたのですが、今の住宅ローンの金利、固定金利特約3年ですと0.35

  • お庭探索

    中古住宅購入の件も、少しずつ進んできており、境界釘の確認が終わりましたし、契約書の作成、司法書士さんの選定、契約の日程などが決まり始めました。順調に行きますと、今月の終わりごろに契約、決算が来月の中ごろになりそうです。売主さんも、来月の頭に引越しが決まっているようですから、色々と片付けなどで大変な日々を送っているようです。 私自身は、来週そして再来週と、ほぼ出張でこの地に居ないため、売主さんと話す

  • 運命の出会い

    私は職場の近くにある、とても古くから経営している床屋で、自分の髪を毎回切ってもらっています。そして今回も…そろそろ髪の毛が伸びてきたか?という事で早速床屋にGO。床屋では、一人の老人がご主人に散髪をしてもらっていました。そして私の担当はそこの奥さん。 私もここの床屋は常連ですから、毎度色々な事をここで話します。古くからこの地に住んでいる人ですから、中古住宅を購入するに辺り、治安の情報を少し伺おうと

  • 不動産屋さんとの出会い

    不動産屋の中古住宅のチラシ、皆さんも色々と見る事があると思います。私自身も、中古住宅の購入+リノベーションを考えた際、真っ先に調べたのが中古住宅のチラシです。 このチラシには、様々な情報が書かれていますが、個人的には不動産屋で直接聞くのが良いかな…と思います。この際に注意すべきことは、自分に合った担当者との出会いに尽きる…と私は感じました。 私自身、最初に行った不動産屋は、担当者が…な感じで、次の