• 文学的文章を読む(母の巻き)

    井上ひさしさんの『あくる朝の蝉』を読んでみました。Dream Navi 7月号の「"文学的表現"を読み解く秘訣」pp. 74~77を読んでの行動でした。 「蛍」や「蝉」の比喩を文脈から読み取ることは容易ではありませんでした。 しかし、それ以上に不安に思ったことは、孤児院で生活している兄弟が祖母の家に行くまでの情景描写を息子は思い浮かべることができるのか。 文学的文章の読解が苦手な息子には無理なので