• 1st#3 vs名古屋。韋駄天に手こずるも「押し出し」でホーム初勝利。

    [Review]1st#3 vs名古屋(H) 3-2で勝利(前半1-1)  予想以上のものすごい冷え込みの中の試合。スタンドのシートがガタガタ揺れてたのは地震ではなく寒くて仕方ない人の震えのため。震災を思い黙とうから始まった試合は、やっぱり打ち合いに。それでもケンゴのぼてぼてのミドルシュートで決勝点をとり、唯一のいまだ負けなしチームになった。前半は攻撃が形になる回数も少なく、ショウゴがCBとGKの

  • 1st#2 vs湘南。4-4のおバカ試合。得点力はある。

     フロンターレのホーム開幕戦。15時からの試合前は春らしい暖かい日差しがあったのに、試合が始まってからどんどん冷え込んできて、スタンドではみんな震えてた。  試合の方は、キーパーチャージをとってもらえなくて失点してからリズムが崩れて、前半だけで三失点。でもヨシトも、ユウも(二点)とれて、ハーフタイムは3-3。この時点でサポーターは苦笑いするしかない状態。  後半、カウンターからファーサイドまで流れ

  • 観戦記:天皇杯vsG大阪。これにておしまい。勝つためには・・。

    天皇杯四回戦vsG大阪@万博記念。0-2で完敗。勝負への気持ちの差か。  前半から前から積極的にプレスに来る相手に押し込まれて攻撃の形にならず。20分以上シュートもなし。それでも30分過ぎくらいから攻撃の形はできて決定機もあったが、あいかわらず決めきれないまま、前半アディショナルタイム(も終わってたはずの時間)に、パトのドリブルからのクロスにショーゴが対応できず、中央たくさん選手がいたのにボールウ

  • 観戦記:vs浦和。面白い試合。詰め将棋が必要。

    J1 2nd第16節 vs浦和(A)。1-1。前半追いつくものの後半決定力不足でスリリングな試合もドロー。 ヨシト不在でも中盤躍動で決定機多く見ごたえあり  前線にツートップ気味にユウとフナさんで、トップ下にケンゴ。ボランチに、リョータとこちらも久々先発のケンタロー。右ウィングにケガ軽くてよかったのエウソン。左ウィングにヨシヨシ。3バックは、右からユウト、ショーゴ、チンタロ。GKはこちらも久しぶり

  • ヨシヨシ、リョータとリオへ?

    広島戦にはU22の「双子の片割れ」カントクがいらっしゃっていたようですね。 やっぱり、ヨシヨシはリオをめざすジャパンの候補に。 U-22日本代表候補トレーニングキャンプメンバー選出のお知らせ フロンターレ公式サイト「お知らせ」2015年10月19日(月)より。 あのヌメヌメドリブルは、中継してた解説者のみなさまも絶賛してましたからね。 ・アジアで突破するにはドリブルは重要。 ・攻撃のバリエーション

  • 観戦記:天皇杯vs京都。坊主に女形に怒られ役。あと4つ。

    天皇杯三回戦vs京都@等々力。3-0。ヨシトとコミとケンユーが得点 ※ヒーローインタビュー。キヨカさんはヨシトの頭を見て笑っている、わけではない。 若手中心の京都を我慢しつついなして快勝  10日ほど試合間隔があいた中、J2残留争いの方が大事なのでターンオーバーと呼ぶかどうか別にして若手中心の編成の京都さんを等々力にお招きして開催された天皇杯三回戦。平日の夜開催のため、二階スタンドは閉鎖して500

  • メディア:ヨシヨシ大注目されてる。

    ※ヨシヨシのことは、Tシャツになっても応援してます。by クーさん 先日のガンバ戦での活躍から、ヨシヨシ(中野くん)に注目集まってる。 U-22の“秘密兵器”が遂に登場か。 川崎・中野嘉大がA代表DFを翻弄! number.web いいことだなぁ。 プロの選手は個人名で語られてなんぼ。 ほんとに代表に選ばれてリョータと一緒に活躍してほしいね。

  • 観戦記:vs G大阪。ヨシヨシのダンシングドリブルで、よしよし!

    J1 2nd第13節 vs G大阪(H)。5-3。途中追いつかれるも筑波同期二人の頑張りもあり快勝 ※ゲストキャラクターはやさしい感じの女の子、陸前高田のゆめちゃんでした。試合の派手さをこの時点では知るはずもなく。 お疲れの相手に大量得点するも途中追いつかれる派手な試合  4日前に中国の蒸し暑さの中の死闘をくりひろげたG大阪をお迎えしての日曜日のデーゲーム。快晴で暑さも残る中、体の重い相手にいきな

  • 観戦記:vs新潟。落ち着いて強みを発揮すれば勝てる!

    J1 2nd 第12戦 vs新潟(A)。2-1逆転で勝利。新潟は鬼門ではない。  テレビ(BSーNHK)での観戦。全国無料放送では勝てないしなぁとちょっぴり不安な気分だけど、戸田さんがあからさまにフロンターレの華麗な攻撃への期待コメントをするのを聞きたくて。スカパーはカントクコメント確認用に録画しながら。  立ち上がりはテンポよく攻めたものの、ハイプレスにボールロスト多く前半は思うように攻められな

  • 観戦記:vs名古屋。カントクのイメージが具現化した試合

    J1 2nd 第11戦 vs名古屋(H) 6-1 。今期ベストゲーム!!  試合開始からとんてもない緊張感でボールを追いゴールを目指すチーム。すべての選手が動き、後ろに下げずに前を突く。スペースを固められても、周りを囲まれても、パスをつなぎ、裏を狙う。ボールを奪われてもすぐに寄せて一人もしくは二人で執拗に奪取を試みる。ゴール前に三人四人五人と連動して入ってくる。一対一で寄せられても技術で交わすこと