• ウイッグを使うか

    快晴です(^^)さむ〜い 母は現在、CMFという抗がん剤を用いた治療を行っています。 抗がん剤の副作用として代表的なものは「(1)吐き気、(2)脱毛、(3)白血球減少の3つですが、副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によっても違いますし、また個人差もかなりあります」(国立がん研究センター がん情報サービスより)。 病院から貰った資料にも、上記(1)〜(3)の副作用が載っていました。吐き気に関しては

  • お出掛け

    ちょっと前に撮った写真です。まだ葉は落ちていないでしょうか。 先日、母と出掛けました。母が外出で電車に乗るのは、約4ヶ月振りです。お昼にお蕎麦を食べ、デパートの中をうろちょろ。母の化粧品などを買って、4時間の外出を終えました。 帰宅した後、母は10分ほど横になったらすぐ家事をしてましたが、私はおやつを食べたらどっと疲れに襲われ、晩御飯まで寝てました(-_-)zzz 母は今週ずっと「背中が痛い、胃が

  • 胡粉ネイル

    黄色いバラ。名前は忘れました。旧古河庭園、来週あたり行きたいです! ある種の抗がん剤は、副作用で爪が変色したり割れたりすることがあります。 母は面倒くさがりなので、元からネイルはしていません。ただ、指先が目につくと気になるからと、抗がん剤治療が始まる前から「マニュキアを探して欲しい(p_-)」と言われていました。 調べてみると、岩絵具等を販売している上羽絵惣(うえばえそう)さんで、除光液を使わずに

  • 標準治療と

    みかんの美味しい季節ですね。スーパーのダンボールに印刷されていた〈みきゃん〉…かわいい!! がんに限らず、医療用語は難解です。大学生の頃、一番初めの法学の授業で「法律用語は外国語みたいなもんだ」と言われましたが、専門性の高い言葉は似通っていたり、一遍読んだだけでは意味が分からないものが多いですよね。 父方も母方もがん家系の我が家ですが、がんに関する知識(抗がん剤の副作用等含む)は全くと言っていいほ

  • 日々の食事

    母は甘いものが人並みに好きです。 ケーキや、クッキー、紅谷さんのくるみっ子、あんパン(つぶあん)…。今は生クリームを始め、摂りすぎないようにしていますが、全く口にしないという訳ではなく、以前よりは摂る量を控えている、というレベルです。 生クリームに関しては、がん細胞に対しての作用を気にしているというより、前にバナナオムレットをひとつ食べたら気持ち悪くなったのが原因のようです…。 普段の食事は、がん

  • 副作用

    退院後は1ヶ月半ほど脇の下の痛み(シクシクする)や、倦怠感に悩まされていました。リンパ浮腫にならないよう、病院でリハビリのやり方も習ったので、痛いながらもゆる〜く腕を動かしていました。運動やストレッチが大嫌いな母にしては、頑張っていたな…と思います。 9月中旬 CMF療法の開始。毎回血液検査をして、結果が出るまで1時間程待ち、そのあとに点滴で抗がん剤治療を行います。点滴を打っている間は、薬剤師や看

  • 手術後〜退院

    2年前、鎌倉に海を見に行った時の写真です。冬の海が好きです。 手術翌日の14時過ぎに母を見舞いに行きました。体に繋がれていた管はドレーン以外全て外され、トイレも一人で歩いて行けるし、ご飯も全て完食出来ました。母曰く「手術が終わってホッとしたけど、窓から外の景色を見ると〈何でいま私はこんなところにいるんだろう…〉って思っちゃった(>_<)」とのことでした。 リハビリも手術翌日から始め、日を追って動き

  • 手術当日②

    職場近くの木々です。色づいて綺麗ですね。 私は母の部屋で手術の終わりを待つことにしました。がん関連の本と、大好きな笹野高史さんの『待機晩成』という本を持って行ったのですが、とてもがんの本を読む気になれず、笹野さんに励まして頂くことにしました。私は笹野さんの『味のある声』と『優しい目』が好きです。今いちばん好きな役者さんです。 部屋で本を読み始めて1時間ほど経った頃、看護師から「手術が終わった」と言

  • 手術当日①

    手術が10時からだったので、立会いのために8時30分に病室へ。 今までで一番ナーバスな状態になった母が、パジャマを着てうなだれていました。睡眠導入剤と下剤を飲んだのですがどちらも全く効かず、緊張したまま朝を迎えたようです。 弾圧ストッキングを履き、手首に点滴を刺し(1回目が上手く入らなくて…やはり緊張していると入りにくいのでしょうか)、9時30分に手術室へと足取りも重く向かいます。 だだっ広いエレ

  • 入院

    8月上旬〜 当時のメモを読み返してみると、母は『胸のしこりがチクチクして、おなかが痛い』とずっと言っていました。しこりのチクチクは患部が気になってのこと、おなかが痛いのは緊張からくる症状かと思います。なるべく消化の良いものを食べ、脂っこいものは避けていましたが、手術当時の朝までお腹は痛いままでした。 がんの告知を受けるまでの期間と、手術前のこの準備期間が、特に落ち着かなくて不安でした。 8月中旬

  • マンモグラフィーと超音波検査

    入院前でバタバタしている時期、私も母のかかっている病院の乳腺外科を受診しました。 住んでいる自治体の保健所から届いた『がん検診などのお知らせ』に乳がんの視触診が安く受けられると載っていたからです。 昨年『歯科健康診査のお知らせ』が届いて歯医者に行ったら治療すべき歯が見つかって助かった経緯もあり、また、実際に胸にあずき大の小さなしこりがあったため乳腺外科の予約をとりました。 病院に電話した際、自覚症

  • 入院準備期間のこと

    ☆お金のこと 入院・手術となると医療費が高額になので、病院窓口で支払う額を予め自己負担額までにするために高額療養費制度の「限度額適用認定証」をもらっておきました。7月末に問い合わせした所、8月から1年間有効なので8月に入ってからの申請を勧められました。 ※差額ベッド代は高額療養費制度の対象外です。母は個室だったので、その分は自己負担でした。 ☆病院に持ち込んだもの ・院内用の履き物(介護ショップで

  • 入院前の検査の結果(サブタイプ等)

    17年8月上旬 検査結果が出たので、病院に行きました。またまた、A4の紙が登場。 ・浸潤性乳管がんではなく、「アポクリンがん」 ・ホルモン受容体「陰性」、HER2も「陰性」、「核グレード3」 ・転移は今の所認められず「ステージ2a」 ・手術は片方の乳房を全摘 ・センチネルリンパ節生検後、必要ならレベルI〜IIのリンパ節郭清を行う ・手術跡とドレーンを付ける位置の図解 ・手術時間の予定、入院期間の予

  • 入院前の検査

    がん告知後の検査はいろいろあります。CT、骨シンチ、心電図、肺活量、骨密度、採血…。肺、肝臓、リンパ節、骨にがんが転移していないか、外科手術が受けられる体の状態なのかを調べるためです。 これ以外に、歯医者に行って虫歯の検査をしてくるようにも言われました。 7月下旬から8月頭まで、検査が続きました。忙しい毎日で、母はとても疲れていました。 私は、骨シンチ(骨にがんが転移していないかを調べる検査)に関

  • がんの告知

    17年7月下旬 家族で総合病院へ。私はノートを持参。担当医に聞きたいこと…今後の検査・手術の予定はあるのか、日常生活で気をつけること等。 あとはがんの性質(サブタイプ)やそれに応じた治療法、家から通える「がん診察連携拠点病院」をメモしていました _φ(・_・) ////////////////////////////////////////////////////////////// 母が診察を受

  • 話を聞くことと、情報収集

    検査結果を聞きに行くまでに、していたこと。それは母の話を聞くことと、情報を集めることでした。 ★話を聞く 不安な気持ちを吐けるだけ吐いてもらうこと。どんな病気だろうと治療してよくなろうね!とか、普段通り下らない話をいつものようにしていました。話の内容が支離滅裂だろうと愚痴だろうと、話すことで気分が落ち着きますよね(^o^) ★情報について 私が主に参考にしたのは、 ・国立がん研究センター がん情報

  • 診察、検査

    17年7月初旬 母が胸のしこりを気にして、近所の総合病院にある乳腺外科で診察と検査(超音波、マンモグラフィー、視触診)を受けました。 検査後、担当医から「これは良くないですね」と、婉曲な?表現で言われたらしく…(^-^;) 後日(一週間後くらい…でしょうか)針生検をすることに。再度予約をして帰ってきました。 母本人は、もうこの時点で乳がんだと思っていたようです。 でも私たち家族には「乳腺の病気かも

  • お久しぶりです

    お久しぶりの投稿になってしまいました^^; あんまりブログ書かないと、 この方 亡くなったのかな…? なんて、思っちゃいますよね^^; 実際に私自身 何度かそういう場面に直面しているので、あ。書かなきゃ!!と思って、更新した次第です。 さて、近況報告します\( ¨̮ )/‧✧̣̥̇‧ 現在もまだホルモン治療継続中です。 体重は、とある目標に向かって、頑張ってダイエット中です\( ¨̮ )/‧✧̣̇

  • 乳がん術後定期検診。

    先週末はジャックの 乳がん術後定期検診がありました! 乳がん宣告され 左乳房全摘手術して 4年半経ちました・・・ ジャックの場合は非浸潤で早期だったので この定期検診も次回の半年後 5年で終了ですと 担当医に告げられました・・・ この担当医と初めて対面したのは・・・ ガンかどうか細胞検査をするときでした・・ ジャックの乳がんは場所が悪くて、、 (だから早期ですが全摘になりました、、) なのでめちゃ

  • 麻央さんありがとう。。。

    小林麻央さんのご逝去の報に接し、 なんなんだろう・・・ この気持ちは・・・ 麻央さん、よく頑張ったです。。。 もう戦わなくていいよ・・・ ゆっくりやすんでください。。。 本当、美しい女(人)でした・・・ たぶん、きっと心も綺麗なんだと思います・・・ だから、いつも反対に励まされてました・・・ 一杯ありがとう。。。

1 2 3 4 5