• 平成26年度-事例3 再現答案(第4問)

    第4問(配点30点)(160字以内)  切削工程は24時間稼働であるが、切削工程の加工不良率の改善により良品の数が増える。さらに、その他の工程は昼間8時間稼働であるが、夜間も稼働するように変更し、自動旋盤に材料を供給するために24時間稼働しているオペレーターが他の工程も担当することで、生産量を増やし、X社以外の販路開拓に対応する。  ======  考え方  事例3ということを考慮し、どのように販

  • 平成26年度-事例3 再現答案(第3問)

    第3問(配点40点) (設問1)(100字以内) 生産拠点の海外シフトによって国内発注量の減少が続く中で、一本化により受注量を確保できることに加え、在庫管理および受注発送業務の付加価値を高め業務委託費による収益確保する事ができる。新たな情報が得られる。 (設問2)(160字以内) 切削工程の加工終了後に各工程担当者の判断で加工順を決めている事を変更し、X社の顧客から直接入手する1週間ごとの確定発注

  • 平成26年-事例3 再現答案(第2問)

    第2問(配点20点)(100字以内)設備オペレーターが故障対応に主眼を置いてそれぞれの経験で行っている自動旋盤のメンテナンスを、定期点検に変更し、製品検査担当が切削精度を計測し、基準を超えた場合調整を行うように変更し加工不良率を減らす。=====考え方設備オペレーターが故障対応に主眼を置いて経験で行っているこの3点に注目し変更案を考えました。事後保全、予防保全、予知保全という考え方がありますが、こ

  • 平成26年-事例3 再現答案(第1問)

    第1問(配点10点)(60字以内)強みは世界市場で著名かつ高額な精密機器の構成部品の一貫生産体制であり、弱みは売上、生産・管理技術等経営面でX社への依存体質。============考え方配点が10点であり、1文字あたりの配点も0.1666・・・と小さいためあまり時間をかけてはいけないと判断しましたが、強み、弱み分析は何度も練習した設問であるため、確実に点数を取りたいところでもあります。「創業から