• 水ぬるみ!

     昨日、ゴーゴーとうなる音に驚き、ベランダを見れば、物干し竿が落ちていた。ニュースによれば、春一番が吹き荒れて、四月並みの暖かさの一日だったそうだ。  あくる今日は雨水!池や川の水が何となくあたたまってきた感じがする、水ぬるむころ!水底の水草も生え、魚も動き出し、水面の水鳥たちも心騒ぎ、活動的になる。  水ぬるみ心さわがし水鳥の水面に群れて小魚探す

  • 雨水!

     2月18日は雨水!  毎年今ごろ訪れる二十四節気の一つ。旧暦正月の中気に当たる。雨水ぬるみ、草木が芽吹きはじめるころの意味。中国語でも雨水(yu3 shui3)。英語では、”The season when snow turns to rain.”   2週間前の2月4日は立春!春が立った。そして雨水、水ぬるみ草木が芽吹く。次は3月5日の啓蟄、冬ごもりしている虫が地中から這い出る。  梅の花はいよ

  • 立春!

     今日は立春!午後の強くて温かい西日が窓から差し込んでくる。  旧暦では1月8日、すでに新しい年に入って8日目だ。新暦で考えると、季節感が何だかずれて感じられるが、旧暦で考えると季節感がよくわかるので、いつも旧暦何月何日かということを気にしている。  二十四節気の立春は毎年2月4日だが、旧暦一月一日は毎年異なる。ここ数年の立春が旧暦では何月何日か見てみると、以下のようになる。 2002年 12月2