• 一歩前へ! (その2)

    右折ライン(右折車線)の無い交差点を直進する時 一台前のクルマが右折車両だと(当然)そのクルマが右折するまで あなは(直進することを)待たされることになります しかし生活道路などの狭い路地なら待つのは当然で間違っても (早く行ってよなんて)クラクションなど鳴らしてせかす事は しないでしょう しかし信号もあってそこそこ広い交差点で前の右折車があと1mでも 前に出てくれたら横をすり抜けていけるのにぃ~

  • 押しボタン信号機を降りて押す その3

    細い路地から幹線道路へ出て行く時、車がなかなか途切れません でも幸いそこには押しボタン信号が設置されているのでボタンを押して 信号を変えれば出て行けます。でも先頭の車はボタンを押さずに ひたすら(出るタイミングを)待っています。 こんなとき後続のクルマはほぼ全員イライラなのではないでしょうか なぜって後続の人はボタンを押せない(言い換えると押す権利が無い?) 状態なので2台目以降の車の運命はすべて

  • 今日から自転車の取締りが厳しくなるそうな

    こんなタイトルの記事やブログって今日は山ほどあるんだろうなぁ どうしようかな~書くの止めようかなぁ なんて事も思ったりもしましたが 交痛をテーマとした私のブログではやはり書かないわけには行かないでしょう なんてみょーな自負を抱いてやはり書いてしまいました 自転車ってクルマを運転していると一度や二度はジャマだなぁ なんて思った経験がおありだと思います。 そんな事言っちゃあいけないよ! と言うお叱りの

  • 永久渋滞 その3

    前回不幸にして永久渋滞に はまって しまったあなた しかも原因は なんと あなた自身 さあ、こんな時はいったいどうしたら良いのでしょう なんてもったいぶる間もなく(ここをご覧になっている)賢明な方々は 「そんなの(車を)詰めて貰えば良いのでは」 とすぐに気づく事でしょう そうですよね、みんなこの渋滞を早く抜けたいという思いは共通のはず 右折車両が居て一向に車が流れない時、付近の車両は何とかしてその

  • 永久渋滞 その2

    前回、対向車に2度まで進路を妨害されたあなた さぞかし腹立たしい気持ちでしょう えっ 別になんでも無いですって? そうですか、あなたはとてもいい人ですね ところがそんな仏のあなたもさすがに困ってしまう事態がこのあと起こるのです 2台目の車にも進路を塞がれて右折できないまま、前回同様に車が流れるのを 待っているのですが今度は一向に対向車線が動き出しません 渋滞しているのは対向車線の進行方向(つまりあ

  • 永久渋滞

    いつだったか(ずいぶん前) まだ笑っていいともが放送されている頃 司会のタモリさんが「永久渋滞」という渋滞のお話(説明)をしていた(と思う) 例えばあなたが交差点で右折しようとしているとしましょう でも対向車が交差点内に入り込んであなたがこれから曲がろうとしている 右折路を塞いでしまい右折できない!! なんて事はよくありますよね (対向車もワザと塞いだわけで無くて前の車に続いて交差点へ進入したら前