• 人生のピーク    2015/07/30

     中曽根康弘元首相は、2015年7月30日現在、97歳で、田中角栄と同年生まれである(同月生まれでもある)。また、ジョン・F・ケネディの1つ年下である。  スティーブ・ジョブズは、千代の富士、明石家さんま、鳥山明、桑田圭祐、野田秀樹、ビルゲイツ、江川卓、所ジョージ、具志堅用高、中村勘三郎と同年生まれで、生きている者は60歳になる年である(12月31日になれば全員60歳になる)。また、安倍晋三の1つ

  • 友へ。

    「なぜお前なんだ。」 あの日君は僕にそう言った。 あの時の僕にはその模範解答は見つけられず、 頭の中はパニック状態。 君はただ寂しかったんだとわからずに。 月日は流れ、君は去った。 僕は空を見上げる。 君を探して。 僕は生きる。君がいないこの世を。 そして、いつかまた。

  • What's Minimalist ?

    Hello;-) 去年くらいから話題になっている MINIMALISTという考え方 皆さんはご存じでしょうか??(^-^)v ミニマリストって読むんですが、 この考えかたは、 「最高にお気に入りで最低限のモノを持って暮らす」 「モノを持たないことからスタートして、食生活や人付き合いなど、研ぎ澄ますようにシンプルに心地よいものだけが残るようにする」 というものです。 ある意味新しい生き方の提案です。

  • なぜ人は泣きながら生まれ、笑いながら逝きたいと願うのか

    「ありがとう」 果てがどこか、誰もみたことのない広い宇宙。 何もわからずこの世界に産み落とされた。 それが何であれ君がいるここが、僕らの世界の中心。 地球と月は毎年4cmずつ離れていくって。 二人が偶然出会い、そして回り始めてからずっと。少しずつ。 月日は流れやがて、終わりが来る。 「ありがとう」 誰が誰に言った言葉がわからないけど。 そうしてまた世界が生まれていく。

  • 山の仙人

    「分かってるんだろ。全部。」 あなたは私の目をじっと見つめる。 私はただ吸い込まれるように、あなたの瞳から目が離せなくなる。 不思議に酔わない酒と、凛と張り詰めた山小屋の空気。 あなたはまた豪快に飲み始める。 「命とは、酒なり」 あなたは何をみて来たのか。 私は何も知らない。なにも分からない。 ただあなたの瞳の奥にある、消えない過去の光を除いて。

  • 祈りよ届け

    「キロ6分」 逸る気持ちを抑えつつ、顔を挙げて空を見る。 まだ君が見てるから、きっと祈りは届くはず。 出会ってしまったあの日から、あなたは僕を支えてくれた。 急上昇して星に向かったあの時も、地の底を這いつくばったあの夜も。 あなたは今何を思い、天を見るのだろう。 また会えるその日まで、僕はただ走り続ける。

  • 人生楽しまなきゃ

    旦那のことを思い出すと寂しくて泣きたくなるけど、笑ってばかりの生活だったからいい思い出がいっぱいある。 幸せってそんなもの。 両親に会うと思い出して辛くなるから帰らないってのもある 父は旦那が亡くなってから、一切旦那の話はしてこない 辛かった闘病生活、7年。 家族に支えられてたから、私は耐えれた 旦那は痩せていく姿を誰にも見せたがらなかった、お見舞いもことわった だから両親と最後に会ったのはお葬式

  • 色んなことが… ☆ 止まない雨はない!!

    すべてうまくいかず… 本当はもうどうしたらいいのかわからなくて… 私はいったいこれからどうしたらいいのかなぁ~? 病気のことも八方塞がり… 私生活も八方塞がり… 最近、特に思います。 昔に戻りたい。 人生やりなおしたいです。 いつも読んで頂きありがとうございます😊

  • 勤労感謝の日に思うこと

     勤労感謝の日というが、いったいどういう意味だと思った。ぼくは、単純に考えて、働くこと、働けることに感謝して、一日働きたいと思うのだが、残念なことに、今日は休日だ。  辞書で調べてみた。大辞泉によると、国民が勤労を尊び、生産を祝い、互いに感謝しあう日とある。ブリタニカ大百科事典も調べてみたら、もともとこの日は新嘗祭で、新穀を天地の神に供え、天皇自らも食する儀式の意味だった。いわゆるThanksgi

  • 本との出会い 人生で限られているかも

     小学3-4年生の頃、学校の教諭であった父が、毎月ニコニコしながら運んでくれたのが「少年少女世界の名作文学」でした。小学館だったか、毎月配刊全52~4巻だったように記憶しています。大きな本棚はついに一杯になりました。「つんどく」だったと思います。今思えば、一冊も読まない長男に、毎月よくニコニコ持って帰ったものだと思います。  ある日、夕立の後、にわかに本との出会いがあったように漠然と記憶しています

  • こどもの多様性とは

    当教室には、ロボット教室や理科実験教室など多くの科学教室があります。私もプログラミングの教室を担当しています。 今年、10月生として新たに加わった小学四年の男の子。先日振替授業で一緒になりました。新たに自律型ロボットを製作するのが導入時の授業です。プロジェクターで動画を見せ、仕様書に沿って3時間程度制作を進めます。パソコンに向かっていた時。 突然、背後から声が聞こえました。かみしめるように。「幼稚

  • 全てにあてはまるね!

    世界一の投資家バフェットが言った 「証券会社に今のおすすめ銘柄を聞くことは 床屋にいって今日散髪した方がいいか聞くようなものだ」( ̄^ ̄) 深いね~。これ全てにあてはまるわ ①「今が一番の買い時です~」と言う不動産屋 いつもやないか❗ ②「この服すっごくお似合いです」というアパレル ホンマに思ってんのか❗ ③「店長おすすめ」とかいてあるレンタルビデオ どれもタイトルとパッケージ見るとおもんないぞ❗

  • 甘え上手

    こんばんは! ぶるおかーちゃんです! ( ̄(エ) ̄)ノ♡ 昨日は 沢山の 励まし ありがとうございました。 坊っちゃんの ペースに 合わせて ぼちぼちやるしかないですね。 シャンプーは 気持ち良い! 爪切りは 痛くない! お外は 嫌なことばかりじゃない! 本当は 楽しいことだらけなんだ! って、こと。 ゆっくり ゆっくり 教えてやりたい。 かーちゃん そう考えております。 ( ̄(エ) ̄)ノ それで

  • 生きている限りできること(๑>◡<๑)

    私が、生きる意味を求めて生きていた頃は、 「笑う」 なんて、そんな当たり前すぎて、簡単すぎて 「意識してする事ではない」 と感じていました。 もちろん、悩みも不安も迷いもなく、生きている方は 「意識して笑う」事はないかもしれません。 が 問題は 「生きている意味がわからない」方。 生きる事が難しくなりすぎて、 当たり前な笑う事さえ忘れてしまっているんです。 【当たり前に楽しくて、当たり前に笑う事が

  • 自分を知ることから始めます〜自己紹介を兼ねて〜

    45歳。 自分ってなんだろう? 何かをするために生まれて来たのかな? でも、何をしてきたんだろ? そんな自分問答を繰り返すうちに、 自分を知らなきゃ始まらない。 当たり前なのに、目を背けてきたなと 今さら気づきました。 わたくしP子は東京郊外の生まれ。 両親は私と妹2人を可愛がってくれました。 昨年父は亡くなり今は母だけです。 元気でいてくれるのがありがたい。 妹は独身、私も結婚は四年前の41歳で

  • ふと休息をすると葛藤が…。

    こんばんは。 前回のブログと同じ事を書くかもしれませんがすいません。 ウジウジ面倒くさい人間なので(-_-;) 私の世代は丁度就職氷河期に入り、何度か就活をして現在の会社に入りました。 少しだけバイトの経験はあったものの、会社に入って働く経験は勿論初めてでした。 最初の1週間地獄でしたね…(-_-;) 身体は痛いし気は使うし…でも必死にがむしゃらにやってきて、気付けば30歳になっていた。 少し足を

  • 怪物

    私が生きていることは間違っている。 悲観的になっているわけではなく、ただそうなのである。 私に関わる全ての人間が私にとっては人間には見えなくて、何か別の世界の野蛮な怪物にしか見えなくて、嫌悪と恐怖の対象でしかなかった。 とにかく、不自由を知らない人生だったけれど 、私の欠陥は、それを幸せだとは思えないことである。 それを人が幸せと言っても、私は小さな小さなシミでもシミがあるとそれを白とは言いたくな

  • 〈旅〉 私は酷い辱めを受けた時、いつも旅に出る。 もちろん、耐えがたい屈辱を受けたその瞬間、その場所でである。 とは言っても何も別の国へパスポート持って逃げ出すわけではない。 私の思考がどこか別の次元の、もっと穏やかで美しい世界へと旅立つわけである。 そこでは私以外誰もいなく、ただただ私が望む美しい建築や映画や私を満たす風味豊かな色の数々しかなく、誰も私を傷つけない。 私を傷つける者などいるはずな

  • 定義

    『課題』は。 『やるかやらないか それだけです』 F氏は言う。 『課題』をやらなければ。 当然。 今のまま。 『課題』をやれば。 何かが変わる。 けれど。 『課題』のその先にあるものが。 大きければ大きいほど。 『課題』はやるごとに。 どんどんと。 難易度を増していく。 美奈ちゃんの場合。 子供を授かるか。 授からないか。 雅ちゃんの場合。 結婚できるか。 できないか。 私の場合。 生きるか。 死

  • 人生に挫けそうな時

    「人生」 傷つくことが人生ならば 悲しむことが人生ならば 痛むことが人生ならば やはり死ぬ瞬間こそが生の全てではないか 傷つき悲しみ痛んで選んだ生への別れ そのとき人は最大に生を感じ安らぎに満ちるのではないか 幸せになることこそが人生ならば 私はまだ産まれておらず生きていまい 人生を始めたいと模索しているけれど 死ぬまで孤独であったなら 私はなんと自分を慰めようか 「恵まれた人生だった」 と言って

1 2 3 4