• 苦しみを手放す

    独りきりで心をコントロールしようとしていると すかさず天使がみかねて エンジェルナンバーを示す まるでエンジェルナンバーのラッシュのように 行く先々で、伝えたい言葉を数字に託して投げかけてくる 車のナンバーだったり、店で売っているものの値段だったり そういったもので、同一の意味をもつエンジェルナンバーを次々に示してくる 彼らの溢れんばかりのメッセージの思いに「ああ、見守られているのだった」と改めて

  • 闇のような時代の中で

    この苦しい闇のような時代に 途方にくれてしまうような時代に 拠るべき光は存在する 天使が、いまここに現れ、そばにいる 苦しいときは思い出そう 力強いサポーターがいつもそばにいてくれていることを 私たち一人一人が見守られている 決して見放されてはいない 救われる道は示されている 天使は言う 『独りで闘わないで』 天使に導きをお願いしよう 終局に向かうように見える状況のなかで 救われる道があることを知

  • 許せないと思うとき

    許せない と思い詰めることが、これまでの人生で多々あった。 なかには、ちっぽけなことに対しても 自分だけ疎外されたように感じたり 理不尽なことをされたり 傷つくことを平気で言われたり そのたびに 許せない と心を逆立てて、周囲を拒否した そして、その感情に振り回され続け、エネルギーを消耗させていた そんな気持ちでいっぱいになると 大切なことが見えなくなる 感情の奴隷になって、冷静さを失う 大切なこ

  • ありがとう、今あるものに

    『ありがとう 今あるものに 与えられているものの多さを教えていただきました』 これは、クリエーターが集まるイベントで出会い、買い求めたポストカードの言葉 ないものを数えて 足りないものを嘆いて 出来ていない自分を嘆きはじめたら 走り続けることにすこし疲れたら この境地に立ち返ろう ハッとした そうなのだ 足ることを知っていなければ、どんなにどんなに与えられても 「まだ足りない」といい続けるだろう

  • 道のりの途中で

    人生を、自分を、もっともっと豊かに変えていきたい 自分の望みを実現したい そう決めて、歩んでいく道の途中で 時につまづき、そのときの自分の心の未熟さを嘆き、理想的に振る舞えない、行動できない自分をどうしても責めてしまう しかし、そんな自分を許さなきゃいけない 自分を丸ごと受け入れ、愛さなきゃいけない そう導かれ そうしたいのに 出来ずに気持ちがふさぐ いつもの駄目さ加減に戻ってしまったり いつもの

  • lesson3 ウォーキングを始めよう!

    こんばんわ! 毎日運動してますか? 忙しさを言い訳に運動不足な人は多いはず!! 自分もそうでした。(たまにゴルフや月1回ソフトボールをしている程度) このblogを期に運動不足から脱出しましょう! 先生にウォーキングを始めようと思うことを伝えたところアドバイスを貰ったので皆さんも参考にしてみては? 1つ 普段の歩幅より少し大きなスライドで歩くこと 2つ 膝と爪先の向きは真っ直ぐ向いて歩くこと(これ