人魚のムラゴンブログ

  • 旅人の物語【海の幸車】

    旅の通りがかり、漁村近くを歩いている時だった。 手前向こうに、車輪を付けた家が見えた。ふと屋体なのかと思ってみるが、大きさと運ぶ人数が、それを払う。 気になったので寄り道を決めて、向こう側へと移動している間に、車輪を付けた家は、たたきのような所から海へと落とされた。 どうゆうことなのかたずねると、亡くなったただひとりのために行われたことらしい。 海の中にいる魚のために、車輪が付いた家を作った者がい

  • 鱗姫~うろこひめ~

    姫の体に、鱗ができたことを知らされたのは私が匙になってからまだ歴のない頃だった。 転んでひざから出血しただけで不吉なことであると診断されるが、天の意はなにゆえとただそれだけで問いすぎたのかと頭を抱える他の匙たちをよそに、姫の首回りや二の腕にはえてきた鱗を診て、息を呑むほどに内心美しいと思った。 元々が天武の才が姿をなしたのではないかと謳われるような才女である愛らしい姫の、御足に鱗がはえてくる頃、姫

  • 洞窟にあるお宝【メガネと人魚姫】

    酒に酔って船から落ち、 海流に流されて 気がついたら、 洞窟につながる砂浜に倒れていた。 可憐な歌声がするので、 洞窟の奥に進んでみると、 おそろしいほど澄んだ大きな水溜まり。 脈が透った魚の尾が水面を叩いた。 足元に上半身を見せたそれは、人魚。 濡れた髪の毛をかきあげ、 少しほほえむ。 「言葉通じる?」 「ええ、分かるわ」 「君が助けてくれたの?」 「そうよ。  お礼に『本』と言うものが欲しいわ

  • ピンクの赤髪

    気配に気付き振り返ると、 遠くから馬が走って来る。 突如いななきと共に 上半身を起こした馬をいさめ、 目の前に現れたのは ズボン型に腰布をした ベリーダンサー服を着た美女だった。 その女が笑う。 「お久しぶりね」 「あいかわらずのじゃじゃうま」 女は馬に言った。 「ですって」 馬が言った。 「え?うちに言うたんけ?」 近くの酒場に入り、 彼女がすすめた ロベロベジュースを頼む。 出てきたのは紫色の

  • 華鬼

    「人魚が見たいわ」 若いが、もう長くはないと告知された病床の可憐な女が言った。 兄やである美しい男が、探してきますと言って、芍薬の花を持ってきた。 「あら、お花?」 「これは人魚の鱗でできた花」 「まぁ、どうゆうこと?」 「私はムゲンという力を使って、自然とはがれた鱗を人魚からわけてもらい、それを花にして見舞いに来た華鬼です。兄やの姿を借りています」 「ありがとう、華鬼さん」 「鱗花だけですいませ

  • …人魚のわたしでも……

      …いまのわたしは……人魚みたいなものなの いつも‥深い海に沈んでるわ…… …あなたと……してみたいことが 色々あるの… その内の一つなんだけど…… …笑われるかもしれない …ニューヨークのクラブで… いつか……あなたと踊ってみたい…… あなたと腕を組んで… そのまま…フロアへかけ出して… そして…あなたと音の渦に滑り込む… 流れる音の波間に…身を任せて… あなたと踊ってるの……    STER

  • レジン(*^^*)水面5

    昨日のリフレッシュが効いたようで、今日の会議で見せるバッグチャームのサンプルが完成しました。昨日、夜遅くに、アリエル風に作ろうと深海ぽく作る過程で、つい、最近の癖で、水面をやってしまいました。 ところが、無でやったせいか、かなり、理想の薄っすら水面が出来ました。空枠なので、裏もデザインして、両面バッグチャームにしました。今回、色んな方からの要望で冬休み前に体験教室をやることに、レジン以外とのコラボ

  • クラッスラ寿限無についての仮説を立ててみました

    風邪を引いて、おじさんみたいな声のまま月曜を迎えたくないわ〜 CDTVでaikoと一緒にカブトムシを歌ったけど、 八代亜紀のモノマネをしている奴姉さんになっちゃって、笑ってしまいました。 レポスの多肉村で気になるクラッスラがあって購入して、 発根待ちの間に徒長してしまって… クラッスラ 人魚 ムニムニしてて…♡ あれ? 似てない? 寿限無に❣️ クラッスラ 寿限無 葉の重なり方も出方も一緒… 人魚

  • UQ HOLDER 2巻

    UQ HOLDER 2巻を電子書籍化。表紙と裏表紙で一枚の絵になっていたので、見開きで一枚の絵になるようにPDFのページを調整。この様な編集ができることが手間がかかる自炊の数少ない利点の一つだと思います。今巻では不死者の組織 UQ HOLDERへの入団テストと初仕事の話。入団テストでは組織のリーダーが登場。1400年生きた人魚の肉を食べた不死者。人魚の肉の不死者は不死性が弱く首を切り落としたり、特