• 頭、寒っ!

    埼玉の自宅にやってまいりました。門(お葬式の時以外開けられない門があります)が新しくなったというので見に来たのです。それ以外に、病院に行くのと、楽譜とフランス語の本を少し持って帰ろうと思って金曜夜からの2泊3日の自宅ステイでした。 自宅なので服の心配とかはいらないんですが。 頭、寒っ! 家の中ではかつらを脱いでいたのですが自宅は寒すぎて…。 最近母が来ていたようで(この自宅は、祖父母の家であって、

  • 放射線治療2日目、疲れた・・・。

    今日は1時45分からの放射線照射だったので、お昼を食べてバスに乗って病院へ。 淡々と放射線治療は終わり、研究所へ帰る。 今日は研究所の一般公開日。 私はない知識で説明しなきゃいけないのと、言葉がまだうまく出てこないのと、頭の中うまく整理できないのと、ともかくケモブレイン的な感じの症状で、 疲れた・・・。 マジ疲れた・・・。 18時すぎは何も食べない、というのが今のダイエットの決まりになっているので

  • TC療法2回目 12,13日目、だるくはないんですが仕事できません。

    熱が38.5度を越えて以後、抗生物質を飲むようになりました。 そうしたら、朝は大体36.9度、夜は家にたどり着く頃には37.5度くらい。なんとなくだるいけれど動けないことはない範囲。だるいといっても熱が38.5度のときのだるさとは違って、駅まで20分歩けるし、やれといえばスキップも出来るくらい。 だるいのはねー。仕事なんですよ。もう2ヶ月も停滞して進んでいないです。もうやめることまで考えてしまいま

  • TC療法第一回 12日目、全然大丈夫じゃない、仕事しながら抗がん剤してる人に聞きたい

    午後7時職場での地獄 くるしいようーーー。 しんどいようーーー。 もう動けないようーーー。 解熱剤飲んだけど無理ーーー。 立って帰れないーーー。 仕事先のベッドで少し横になったけどあかんかったーー。 明らかに高熱---。 昨日やおとといは休みの日だったから、夕方から熱が出ても家でごろごろ出来ていたので、副作用の辛さを感じることもなく、もう副作用もないのかな、余裕!と思っていたんですが、とんだ間違い

  • 春宵十話

    やっと論文が投稿できるところまで来たんですが、共著者の先生方の署名をいただかないといけなかったことにいまさら気が付きました。完成原稿を添付して「サインください」メールを先生方に書き送り、ちょっと休憩。 水曜日に、今までネットで家庭教師をしていた海外の教え子が帰国するので、一緒に食事をすることになっています。なかなか優秀な生徒さんで、ほぼオールスコアでオックス・ブリッヂ狙えるレベルでした。結果はだめ

  • 今日は仕事の話

    帰宅して熱を測ったら7度4分。もう。なんでやねん!なんなんこれ! じょんねあっせ! 抗がん剤の準備については、今度また改めて、抗がん剤が始まってから書いてみようと思います。まだそろえたほうがいいものがあるかもしれませんし、治療中に必要なものが出てくるかもしれません。 何より抗がん剤はやってみないとわからないという。 おっかなびっくりですが、まだ1ヶ月あるし。 一ヶ月…。 この一ヶ月が私にとっては恐

  • 抗がん剤準備着々

    とはいえ、抗がん剤が始まるのは7月に入ってからです。7月のはじめに学会の締め切りがあるので、それまではきっと”すごい状態”だから、6月半ばから始める予定だったのを、7月の前半に変更してもらいました。 お医者さんも学者さんだから、「すみません、実は学会の締め切りがあって…」とおずおずと申し出ただけで「ああじゃあ変えましょうか」って分かってくれたような感じで日程を変更してくれたのがありがたかったです。

  • 学会終了、微熱継続

    学会終了、といっても学会が終わったわけではなく、自分の発表が終わりました。 ポスター貼るのを手伝ってくれた同僚(彼は大学院の卒業が同期だった)には感謝。 たくさんの人が聞きに来てくれたので、上司と半分に分かれて説明。こんな、昨日30分で作ったようなポスターでごめんなさい。穴があったら入りたいーーー!! ところで、今日はさすがにスーツでいくので、朝、スーツを出してみた。 スカートがはいらない!!!!

  • まじやばい、これやばい、ほんとまじやばい

    何をしているかといいますと、あさって学会なんですね。 それで、発表の準備をしなきゃいけないんですが、そもそもが乳がんと診断されてからがん鬱にかかっていたこともあって、 研究まったく進んでいない! 状態でした。 だからそれ以前の研究で発表しようと思って図を探してきて、さて発表の資料作り。 こんなときにしたくなるのが、ネットサーフィン。それが人情。 なぜか懐かしい人の名前を発見してしまい、その方のBl

  • 退院後初出勤

    久しぶりに仕事に来ました。 結局論文は仕上がらなかったし、このタイミングで復帰となると5月半ばの学会は私が自分で準備して発表しなきゃいけないという、予測していたもっとも過酷なスケジュールの始まりです。 が、今日は朝から会議がいろいろ入っていて、自分のことに手をつけられませんでした。学会の予稿は「こうするつもりです」ということを書いて提出しましたが、その「こう」がまったくできる気がしません。あと1週

  • 乳がんの不安で心の病気で休職中

    先日、「不安障害」の診断書を心療内科でもらってきて、さてこれを職場に提出するかどうかあれこれ悩みましたが、これを出すことで4月の所内の研究発表会を辞退できる可能性があると思い(1月からほとんど何も仕事できてないので発表できないんです)、まず直属の上司に相談した結果、とりあえず1週間休んでみて、まだダメだったら1週間、というふうにして休もうかと言うことになりました。でも、「思ったより元気そう」ってい

  • 鬱とがん

    乳がんで心配しているのは、私のしこりはここ1ヶ月くらいでも十分大きくなってきているような気がすることと、どうやら、ほとんど皮膚の真下にしこりがあることです。 全摘出は絶対嫌だ…でも皮膚の真下だと、皮膚を切り取ることになって、乳首もなくなっちゃうんじゃないか・・・それはいやだ。しかし、もう次に病院にいくときは手術のときだけだ。術式説明も「前日のエコーでどこを切るか決めますからね」ということだったので

  • 鬱とがんの関係

    癌と診断されてから、まったく仕事が出来なくなってしまいました。面白いほどに、一枚の書類を読むのに一日がかり、たった17ページの論文の訂正に2週間たってもまだ半分も終わっていない状況です。やる気がおきません。もうエネルギーがどこにも残っていなくて、指も頭も動かないのです。 先日抗不安薬をもらってきました。癌に対する不安があるから仕事にならないんだ、と思って指示された量を服用しても、普段と変わらず何も

  • 病気がわかって安心した鬱

    判決が出て、手術で治るとわかってから、なんだか毎日力が入らなくなってしまいました。何事も面倒になり、気がつくとうとうとしていて、仕事も進まず、朝も2度寝してしまい、散らかしっぱなし、食欲もなく、見たいテレビもなく、何もかもが面倒くさく、消えてなくなりたい・・・。 なのであまり書くことありませんが、こういうことで鬱になることもあるそうなので、ひどくなったら病院にいきます。不眠は前からなのでしょうがな

  • 癌の片付け、食事から

    癌になってしまったら、再発させないよう、転移させないよう、免疫力をつけてしっかり体を作って健康的に生活しなければ、と思っていた矢先にぶっ倒れてしまいました。癌とは全然関係なくて、月のもののせいで血液が頭まで上がらず、造血機能があまりかんばしくないので貧血というよりは虚血の状態でへばってしまいました。冷蔵庫空っぽ、立ち上がれない、保存食の類がない、飲み物は水道の水のみ、冷や汗だらだら、これ、このまま

  • カミングアウト

    検査続きでしばらく仕事を連続して休んだりしていたので、今日久しぶりにみんなでお昼を食べることになったのですが、そのとき「検査どうでした?」みたいな話になって、いろいろやったよー骨も全部調べたし肺とかCTとか、という流れになって、「そんな大掛かりな検査なんですか、大変っすね」「うん、だって癌だから」という感じののりでカミングアウトしてしまいました。 親兄弟とか大事な人にはまだカミングアウトしてないの

  • 病気で仕事を続けること

    病気になったら、これからの治療も大変そうだし、いろいろ考えてしまい、 結果として、仕事に対するモチベーションが、なくなってしまいました。 今後、研究職を続けていく自信がありません。こんなめんどくさい仕事をずっとやっていく勇気がありません。というか途中でくびになってしまうかもしれません。 もう、潮時かな。研究職にしがみついてきたけど、今日も一日ぼーっとして研究進まなかったし、もうなんか、だめかな。だ

  • 生き方を変える必要がある

    乳がんとわかって、いろいろ調べた。先輩患者さんのブログをみたり、ガイドラインを読んだり、病気のこと、病気をしても生活している人たちのことを知ることが出来た。 わかったのは、今度手術して取ってしまっても、抗がん剤をやろうがホルモン剤をやろうが、常に再発の恐怖を持って生活していかなければいけないということ。 一回乳がんにかかって、「治りました」というのはないんだ。 症状がおさまって普通の人と同じになり

  • がん治療しながら仕事は可能か

    今日も午前中乳がん調査に使ってしまった。主な調査項目は、「抗がん剤治療しながら仕事が可能かどうか」でした。 おりしも、ニュースで「がん治療と仕事の両立、対策へ」http://news.yahoo.co.jp/pickup/6188943 という記事が出ていて、おおっ。と思いました。結構調べてみると、がん治療があるから仕事をやめさせられるということも多いのですね。それに、ブログを読んでいると案外と多

  • 学会締め切り前。頭の中は癌でいっぱい

    タイトルのとおりです。 学会の予稿を書きたいのですが、あと、投稿論文の準備もしているのでそれを共著者の方に読んでいただくべく準備したいのですが、職場で、ついつい乳がんに関する記事などを検索する時間が増えました。 午前中、亀田京橋クリニックに、「紹介状はどのくらいで出来ますか?もう新しい病院予約してしまったのですが」と電話をしてみました。そうしたら、ご希望の日時に出来ますよといい返事が返ってきたので