• バラモンへの調整と反省と今後

    バラモンの前の週はなぜかいつも伊豆大島のトライアスロンです。 伊豆大島は6年連続エントリー、バラモンは5年連続です。 伊豆大島で仕上げて、翌週のバラモンに備えるという流れを作ってきました。 去年は、伊豆大島中止でしたが、その前までは、この流れでなにも問題ありませんでした。 が、今回は、とても脚が重かった。 年のせいか、ここ2年ほどは疲れが抜けるのに時間が係るようになってきてます。 もしくは、昔より

  • 自転車の鍵は1秒で瞬殺(>_<)伊豆大島トライアスロン(番外編)

    トライアスロンが終わった翌日、朝飯前は三原山の展望台までヒルクライム 風呂入って、今度は伊豆大島一周(反時計回り) 筆島あたりからの登りが結構キツイ。 前々から行ってみたかった、月と砂漠ラインで裏砂漠へ。 大島周回コースから離れると激坂。3キロとか表示されていたけど長いきつい。 なんとか到着してバイクに鍵を掛ける。 手前の自転車のホイールは前後で7桁円ジャマイカ。 ここからシューズを履き替えて山道

  • 伊豆大島トライアスロン3

    トランジットの急坂下って、ラン開始。 「第3ウエーブの上位がランに入ってきました」とアナウンスがあり、「え?」もしかして今のところ第3ウエーブ先頭?と大勘違い。 まあ、抜かれるんだけど。 例によって息苦しい。脚も重い。バイクで周回している横をランで走るのは気持いいのだが、呼吸がいっぱいいっぱい。1キロほど走った所で、声掛けられ、あっさり抜かれる。ぎゃ、今回トライアスロン初参加のK卿だ。。。。それも

  • 伊豆大島トライアスロン2(バイク車載カメラ)

    陸に上って、タイムを見ると30分を大きく過ぎている、遅。。。。の やってもうた!と思ったが、バイクでいっぱい抜ける!と考えなおし、トランジションへ。 坂を登ってみると、同じウエーブには、思ったほどウエットが置かれていない。 テンションアップ! ウエットの足を抜くのに若干手間取るが裸足で乗車地点へ。 今回はP5がDi2病で入院中なので、Storck Aero。 P5に慣れてしまったせいか、ポジション

  • 伊豆大島トライアスロン1(偏差値)

    伊豆大島のトライアスロン出場して参りました。 2010年の初トライアスロンの地でもあり、トライアスロンを通じて公(トラ)私に渡り色エロお付き合いをさせてもらっている&お世話になっているチームメイトとの出会いの場でもあり、非常に思い入れがあります。 トライアスロンの「ト」の時も知らずにエントリーし、ブイもほとんど見えないとんでもない中で右往左往し、スイムアップ直前に両足を同時に攣り、レスキューの人か