• うつ病患者は自動車運転してしていいのか 病院で聞いてみた うつ病患者は自動車運転してしていいのか 病院で聞いてみた

    【前回の記事】 本日の結論 「次の診察で、先生に運転しても大丈夫か、聞いてみる」といってから、間が空いてしまいました。本日が、次回の診察日となり、先生に質問してみました。 個々の病状、また通院している病院・地域により、事情が異なると思われます。あくまで、私の事例です。 Q1:車を運転しても大丈夫でしょうか。 A1:現在の状況なら、全く問題ないです。 Q2:となると、次の問題は運転免許の更新でしょう

  • 会社生活 うつ休職 中流幻想という病

    前回:会社生活 うつ休職 休職振り返り4    http://maru-opt.muragon.com/entry/267.html 社会に出てから30年、何も考えずにやってきてしまった。 昔、一億総中流という、今では考えられない時代があり、 その感覚を現在まで、引きずっている。はっきり言って 病と呼べるレベルです。 結婚して、妻は専業主婦、子供は二人。子供が小学校に 入学する前に家を建てる。親が

  • 会社生活 うつ休職 休職振り返り4

     前回:会社生活 うつ休職 休職振り返り3  http://maru-opt.muragon.com/entry/264.html 休職中は、纏まった時間が使えるので、断捨離に挑戦して みました。 1.書籍 仕事本,ビジネス本を除いて、文庫本・囲碁将棋本を中心に、 捨てました。私は好きな作家ができると、読み尽すまで買って しまっていたので、引っ越し段ボール箱15箱になりました。 ネットで申し込むと

  • 会社生活 うつ休職 休職振り返り3

    前回:会社生活 うつ休職 休職振り返り2    http://maru-opt.muragon.com/entry/263.html 休職中は、纏まった時間が使えるので、気になっていたことを まとめてやりました。 1.老後資金関連 (1) 年金ネット利用環境整備 (2) 確定拠出年金の確認と、ネット利用環境整備 (3) 企業年金内容確認 (4) 加給・振替加算確認 現在の年金生活者で、夫婦世帯の最

  • 会社生活 うつ休職 休職振り返り2

    前回:会社生活 うつ休職 休職振り返り1    http://maru-opt.muragon.com/entry/262.html 今回の休職で、当初の2~3日は、人身事故対策でバタバタ してしまいましたが、生活パターンを安定できたのは、幸運 だったと思います。  会社生活 休職出口作戦  http://maru-opt.muragon.com/entry/244.html  会社生活 うつ休職

  • 会社生活 うつ休職 休職振り返り1

    前回:会社生活 うつ休職 復職へ    http://maru-opt.muragon.com/entry/260.html 上司にメールで「早期退職の道を探る余地はないでしょうか」 と問い合わせたことから、今回の展開は始まりました。  会社生活 休職への道  http://maru-opt.muragon.com/entry/236.html 何回か繰り返された、上司との話し合いの中で、「病気だ

  • 会社生活 うつ休職 復職へ

    前回:会社生活 うつ休職 復職への道    http://maru-opt.muragon.com/entry/257.html 当時は2週間に1回、精神病院に通院していました。 長女の受験が決着した、次の通院日が3月3日でした。 先生の質問に答えながら、エクセルシートに打ち出した 生活状況、減薬目標半減で問題なく生活できていると 説明しました。 「復職についは、どう考えていますか」と聞いて下さっ

  • 会社生活 うつ休職 復職への道

    前回:http://maru-opt.muragon.com/entry/244.html 長女受験が決着したのが、2月中旬でした。今度は私が復職を 目指して、がんばる番になりました。 日常生活は、前回とほとんど変わりませんが、若干負荷を増やし ました。また、先生からのアドバイスで、実際に会社に出かける 時間に30分の散歩をするようにしました。      3時  起床  3時~ 4時  室内運動

  • 会社生活 うつ休職 病歴29年振り返り

    前回:http://maru-opt.muragon.com/entry/251.html 今回、精神病院で受診して、先生の発した最初の一言。 「これまでの薬は、抗不安剤ばかりじゃないか!!」 私が最初に発病したのは、会社に入って2年目でした。 入社時からチーム組んで分業していました。私分は早々に 片付き、次に与えられたコンセプト特許執筆もクリア、 次に、遅れている人のサポートに回ることになりまし

  • 会社生活 うつ休職 平日の図書館

    前回:http://maru-opt.muragon.com/entry/248.html 運動不足だったこともあって、最初の2~3日は、30分 歩くと汗びっしょりでした。面白いもので、2週間目には 全く汗をかかなくなりました。 これには続きの話があって、3月に人間ドックを受診した際、 足の血圧を測定しては首を傾げ、5回再測して頂きました。 左の心臓が肥大気味だったので、不味いことになったかと、

  • 会社生活 うつ休職 家族のありがたみ

    前回:http://maru-opt.muragon.com/entry/246.html 今回の休職中は、家族にずいぶん助けられました。同僚二人が、 同じ状況で退職になったと書きましたが、二人とも独身でした。 私も家族が居なかったら、潰れていたと思います。 ちょっとした事でも、人と話したり、役立ったと感じることは、 たいへん重要なことだと痛感しました。 子供達には心配をかけてしまいました。私に直

  • 会社生活 うつ休職の日常

    会社生活 休職出口作戦 基本は前回立てたスケジュールに従い、粛々と過ごしました。 先ず、必要なのは鈍感力です。都会と違い、田舎の会社関連の 人がほとんどの団地に住んでいます。 ご近所を含めた他人の目が、非常に気になるところです。私は、 普段はきめ細やかなほうですが、こういう場合は、百害あって 一利なしなので、周りは一切気にしないモードに切り替えました。 まー実際のところ、他人は自分が思うほど、こち

  • 会社生活 休職出口作戦

    会社との思惑が一致して、2016年1月7日から休職となりましたが、 出口(復職)は単純ではありません。 まず、復職目標を3月中としました。これは、休職が長引くと復職が 難しくなる点、長女の身の振り方が収束していると考えられる点、職場 との冷却期間として適切と思われる点、求人が最も多く出る時期なので 転職を並行検討するのに都合が良い点、現職に復職するなら有給(40日) 及び積み立て有給(長期病欠の際

  • 会社生活 生への灯

    長女の共通テストが終わった翌日、唐突に会社の上司から 「自動車事故報告書を、添付フォーマットに従って出すよう」 メールがきました。 急いで記入して返信すると、翌日返信が来て、「会社関連の 対応は完了、他の対応も収束させること」とのことでした。 会社サイドは10日程度の検討の結果、物事を荒立てない方針 となったようです。当時カンパニー内で、メール誤送信による 顧客情報漏えい連発が大問題となっていまし

  • 会社生活 人生終わった

    翌朝6時、いつものように長女を駅に送りに行きました。 その帰り、人身事故を起こしてしまったのです。お相手は 60歳を超えたシニア社員で、会社に向かう途中でした。 加害事故は初めて、しかも人身で相当動揺してしまいました。 幸いお相手のケガ自体は、車横に接触し、尻もちをついた 程度だったのですが、横断歩道上の事故のため、お医者様の 診断書を待って、検察に起訴されることとなりました。 現場検証を終え家に

  • 会社生活 休職へ

    諸々考えた結果、休職で会社との間に距離を置き時間を稼ぎ、長女 対応時間を確保しつつ、転職準備を進めることとしました。 年明けに会社の産業医と面接、翌日会社指定の精神科病院で受診し、 診断書を書いて頂くこととなりました。 http://utsu.ne.jp/self_check/ http://www.skincare-univ.com/article/008732/ https://www.ast

  • 会社生活 休職への道

    2015年6月から猛烈に忙しくなり、毎月200時間超のサービス残業が続きました。 9月頃までは、何とかしのいでいたのですが、緑内障の悪化や、治療の副作用に 苦しみ、10月からはパフォーマンスが、徐々に落ちていきました。 今考えれば、明確なSOSをチームに早く逐次出すべきでした。 その結果、担当の仕事から徐々に外され、12月には社内ニート状態になってしまい ました。仕事が忙しい分には平気なのですが、