• 54歳:退職後まだ1日目(住宅ローンの一括返済)

    【住宅ローンの一括返済手続き】 退職後1日目は続きます。 次の行き先は銀行です(リアルには健保への行く前に行きましたが)。 銀行に関することも大概WEBで出来る時代になりましたが、一括返済だけは出来ません。面倒ですが銀行に出向きす。 持参したのは、通帳と銀行印と現在のローンの返済予定表。 銀行に入って案内の人に「住宅ローンの一括返済をしたい」と言ったところ、ノータイムで窓口に案内して貰えました(も

  • 2017年5月末 貯金額

    久しぶりに現在の資産状況です。 2017年5月31日現在 総貯金額¥14,931,911 【内訳】 銀行A 普通預金¥3,353,343 銀行B 定期預金¥9,370,984  〃   普通預金¥40,915 銀行C 普通預金¥2,166,669 1500万円まであと7万円ほどになりました。 今月末にボーナスが支給されれば超えるのは確実です。 この調子でいけば年末には1600万円到達も可能性が出て

  • 住宅ローン減税還付金&固定資産税

    あっという間に4月です。1年ほんとに早いわ。 さて、ちょっとドキドキしながら確定申告の書類を郵送してから約1ヶ月、3月末に還付金振込通知書が届き無事振り込まれました。 その額、約17万円。住宅ローンは12月末時点で2,000万円以上残っているので控除しきれていない分は住民税から控除される、はず。 どうやら作成した書類に不備は無かったようです。 は~これでひと安心。 と思った矢先に固定資産税・都市計

  • 風邪ひいてます

    先週末から風邪ひいています。 金曜日から熱が出て土日2日間まさに泥のように眠り続けたおかげで熱はおさまったのですが、そこから喉に来たために喉の痛みと咳との戦いの毎日です。 仕事の合間に病院に行ってこの一週間ずっと薬も飲みましたが、治りません。 風邪をひくといつもこうなってしまうので半ば諦め気味です。 止まらない咳にうんざりしながら仕事もトラブル発生で休めず。 そんなわけでもっと早く出すつもりだった

  • ねんきん定期便

    ねんきん定期便が今年も届きました。 平成28年9月までの厚生年金加入期間(受給資格期間)は378月。 保険料納付額は累計で1,000万円を超えていました。 私の年齢だと老齢厚生年金は63歳からのようです。 そして65歳からが老齢基礎年金+老齢厚生年金(+経過的加算部分) さてその額は・・・ 63歳~ 約103万円 65歳~ 約176万円 これはもちろん「見込み額」であり、「現在の加入条件で60歳ま

  • 2016年12月末の貯金額と住宅ローン残高

    総貯金額¥14,576,381 【内訳】 銀行A 普通預金¥3,207,015 銀行B 定期預金¥9,170,984  〃 普通預金¥47,715 銀行C 普通預金¥2,150,667 住宅ローン残高¥20,418,073 差引マイナス¥5,841,692 株や投資等はやっていません。 保険は掛け捨て。 住宅ローンは今年6月から返済スタートしたばかりです。 メインバンクは元々銀行Bだったのですが、

  • 連絡いただきました!!

    三菱UFJ信託銀行から連絡があり正式に金利が確定いたしました。 ごらんのように10年固定の金利は先月と変わらず0.55%でしたのでこれに0.1%を足した0.65%になるそうです。 ※下の記事の中に先月の金利が出ています。 1.2%だった金利が0.65%!! 約半分になりました。 おめでとう! 自分!! そして三菱UFJ信託銀行さんありがとう!! ただし! 三菱東京UFJ銀行さんは10年固定の金利を

  • 0.1%

    どうなったかやきもきしていたところに三菱UFJ信託銀行から連絡がありました。 ドキドキの回答は・・・ 「8月の金利に+0.1%でどうでしょうか?」 マジっすか!? 少しでも下がれば御の字のところにまさかまさかの好条件! しか~も! 契約し直しになるのでここから10年間の固定金利です。 てっきり今契約している残りの残年数に対して適用されるものばっかりだと思っていたので喜びも倍増です。 デメリットとし

  • えっ?検討してくれるの?!

    早速ダメ元で電話をしてみました。 「あの~今そちらで住宅ローンを借りているものなんですがご相談したいことがありまして・・・」 「ハイ。担当に代わります。」 そして代わってくれた方はたまたま前回借り換えの時に担当してくれた方でした。 (ダメ元で) 「実は今借りている住宅ローンの金利のことでご相談がありまして・・・。」 「ハイ、なんでしょう?」 (おそらくわかっていたのでしょうが) 「ダメ元でご相談な

  • 住宅ローン相談会

    以前住宅ローンを借りていた三菱東京UFJ銀行からDMが来た。 確かに世の中マイナス金利なので住宅ローンの金利も当然下がっているだろうと思っていたがまさかここまで下がっているとは・・・。 ※菱東京UFJ銀行より抜粋 10年固定でなんと0.55%!! 「ありえな~い」 初めて住宅ローンを組んだ時確かみずほ銀行の2年固定で1.95%だったような気がする。 都度2年固定で様子を見ていたがだんだん上がってい

  • 団信のその後

    こんばんは。 今日嬉しい知らせがきました! 以前、ワイド団信まで落ちるという悲劇に 見舞われ、健康って大事なんだなぁー とつくづく感じたわけですが、その後も 団信に、こだわり続け色んな金融機関に 団信を出してみました。 その結果、一つのメガバンクから 『ワイド団信、通りましたよ~』 と連絡が入りました☺ まぁ、ワイドなので、金利0.3%増なんですけどね。 でも、主人の健康状態では、一般の保険に 入

  • 団信

    さきです。 blogを立ち上げたのは最近ですが、 お家作りは着々と進んでおります。 その中私たち夫婦の中でとてもネックに なっていることがあります…(^^; それは、団信!! 大九の金融機関で住宅ローンを借りには 団信という保険にはいらなければならないんです。 現在主人は糖尿病を患っており、 団信に入ることが難しいことが発覚! 発覚したのは、3月。 そこから、主人は努力して、 数値はかなり低くなっ

  • ▲0.6%が終わってる!

    (フラット35HPから拝借) 日銀の関係でローンについて書き始めましたが、ついでにもう一度ローンがどうなるか確認していたところ、、、 昨年末頃に▲0.6%が終わってる!! ってことに気が付いてしまいました。 一応気にしてはいたんですけど、すっかり見過ごしていました。 ただ1月29日までに申し込んでいれば▲0.6%が適応されるとのことです。 そこで気になるのが「申し込み」とはどのタイミングなのか?で

  • マイナス金利と住宅金利

    (フラット35のHPから拝借)  日銀のマイナス金利については前回のブログのようによくわからないことが多いので物知りさんにに任せようと思いますが、マイナス金利発表後のフラット35の金利が発表されましたので速報として載せておきますね。  1月の最低1.54%に対して発表後の2月の最低は1.48%です。  ▲0.06%ですねぇ。月々の支払いを考えると「これだけ?」ってなりますが、35年払ったらそこそこ

  • マイナス金利って、、、

     マイナス金利のニュースは職場で休憩しているときにYahoo!ニュースで知りました。  その瞬間住宅ローンはどうなるんだ!?と思い調べたわけですが、全然わからずに土曜日、日曜日と、、。  なんとなく理解したのは ①日銀にお金を預けると金をとられる ②お金を貸すと利子がもらえる  ということはですよ、銀行はお金を貸した方がいいわけです!金利が下がるのでは!?と思っています。  そしたら嬉しいですね!

  • 中間金支払い

    まだ据付は来月なのですが、契約した住宅ローン会社はその月は融資ができない関係で 先週、融資が入ってきたのでトヨタホームへ中間金として据付までに支払う 必要がありましたので、今日は休みということもあり 銀行に行ってきました。 先日、土地の支払いはやっていましたので緊張しませんでしたが 間違えちゃいけないし何度も記入した用紙を確認してしまいました。。。 中間金なので70%の金額を入金すれば良いのですが

  • 住宅ローン(2)

    前回の設計士との打合せのあと、現在の建築費用を出してもらい 当初の金額より70万程上昇してしまってました。 なんだかんだですぐに金額は上がっていきますね。。。 地盤調査もちょうど終わったとのことでしたが あまり強固な地盤ではなかったのでさらに80万程アップに。 あーどんどん上がっていく。。。まだ外構も決めてないけど。。。 そんな中で住宅ローンの本申し込みの時期になってしまい とりあえず借入金額と年

  • 住宅ローン(1)

    今回は住宅ローンについて書いていきます まず会社員で勤続年数、収入的には問題ないと思ってましたが いざ審査と言われると緊張してしまいますね。。。 あと最大のネック事項である「団信」こと団体信用生命保険に通るかでした。 これがあればもし私が死んでしまっても残りのローンを支払うことなく 残った家族に家を残してあげることできるので。 私は持病がありまして、血圧の薬等を飲んでる状態でしたので。。。 とりあ

  • 住宅ローン。

    ところでわが家は住宅ローン組みます。 フラット35S α を予定してます。 αの条件は色々ありますが、 ・長期優良住宅 ・低炭素住宅 よく聞くのはこの2つかな? これらに該当した新築住宅の場合は、 10年目まで▲0.6%の優遇措置があります。 (融資可能な場合は、申込み時点での優遇が決定され、本審査の結果は2年間有効だそう) 当然、いまの固定金利がほぼ底値という状況だからこそのメリットです。 本当