• 激戦区

    家計見直しを順調に進めるおれんじ。 そんなおれんじの前に立ちはだかる一つの問題があった。 それは保育園問題。 (・д・)ゲキセンダゼ どこの地方自治体も保育園問題は大きな課題。さりとて保育士不足がとりだたされてる中、我が家の息子も保育園へ預ける段取りを始めた。 名古屋市も有名な待機児童王国。 保育園に入れるのも一筋縄ではいかない。 (;´Д`)タイヘンダ 条件さえクリアすれば、保育園を利用

  • 保育士体験

    次女の通う保育園では。 保護者が1人ずつ参加する。 1日保育士体験があります。 そこに私も希望して。 参加させてもらいました。 昨年も参加したんですが。 1年でずい分。 みんなそれぞれに。 成長していることを。 実感できた1日でした。 昨年はまるで出来なかったことが。 当たり前のように。 出来るようになっていたり。 集団生活の中の。 自分の役割なんてのも。 自然と体で覚えていたり。 それでも。 子

  • お守り

    1週間前の。 ある日のこと。 次女を保育園へ送って行くと。 園長先生が駆け寄ってきて。 『雑誌の取材  受けてもらいたいの』 笑顔で言ってきた。 私。 園長先生の笑顔。 弱いんだよねぇ。。。笑 なんでも。 次女と同じクラスにいる。 男の子のママさんが。 新潟の地方雑誌“komachi”の。 編集部にお勤めとかで。 新たに創刊される。 “親子版komachi”の。 取材対象者を探していると。 もちろ

  • 運動会♪

    甥っ子の子供の運動会に行ってきました♪ 田舎の小さな保育園です~ とっても和やかな運動会でした~ 去年はドベッジを走ってたでんでん虫ちゃんの兄も 今年は一等賞! 成長を感じました^^v 写真を撮ってると・・・ 甥っ子の幼い頃の顔を思い出し・・・ タイムスリップしたみたいな不思議な気分に・・・ 甥っ子の子供の運動会にまで行けて幸せですm(__)m

  • 猛暑2

    昨日の猛暑は。 殺人的なもので。 うちはみんなで。 引きこもりでした。 そんな中。 6歳の次女だけは。 文句も言わず。 なにやら一人遊び。 この子。 一人遊びが得意なんです。 左利きなので。 右腕にこんなこと。 よく見ると。 サングラスの下には。 ちゃんと目があります。 この右腕と。 しばらく楽しそうに。 会話をしてました。 あるものだけで上手に。 一人遊びをしてくれます。 私は。 この子を産んで

  • 私について

    F氏が本物だと。 心底確信した私。 F氏が教える。 カウンセラー育成講座を。 受講することを決めた。 授業初日。 『りゅうみさんも スピリチュアル得意ですよね』 不意に言われたF氏の言葉。 ようやく。 ようやく。 整理できた。 今までのこと。 昔から。 私は変わった子で。 『あの人、長くないな』 とか。 『車に乗ったらいけない人』 とか。 分かっていた。 自分が乳癌になることも。 ちゃんと。 ちゃ

  • 保育園問題と規制緩和?

    自分は、只の酔っぱらいのオジサン。 過去。規制緩和と云う物を幾つも見て来た?聞いてきたんだ。 その経過。その結果を それが良いか悪いか判らない。 簡単に規制緩和を望む事と言うのは、 只。単純に質の低下を招いてしまう様な物を見て来たんだ。 だから、難しい。 従来ある様な保育園や、幼稚園に 以前。自分が知って経験した様な物を求めるのなら 簡単に規制緩和を求めるべきではないと思うし そして、保育園や幼稚

  • 保育園や保育士が足らないなら、自分は賃金を増やせば良いと思っていたんだ

    只。単純に政府や都や市が従来以上に助成金?援助を只。単純に増やせば良い。 そんな風に思っていた。 自分は、只。単純な酔っぱらいのオジサン。 でも、そうではないらしい? 保育園落ちた日本死ね!!! →本当に死ぬべき人たちは誰なの とっても、世の中と云うのは、複雑なのだろうね? 自分には、良く解らないのだけれど

  • 矛盾の言葉は現代によくあう。

    #保育園入れなかったのは私だ。 数日前、国会で民主党の女性議員が 連日の保育園騒動に触れると… すかさず、 「誰が言ったんだ!」 「出典どこだ!」 「だから誰だよ!」 「うぜーんだよ!」 凄まじい野次が飛び交いました。 それを受けて国会前では、 保育園に入れなかった親御さん達の抗議の姿あり…。 今度は社会党女性議員が保育園騒動に触れると… シーンとしてました。 議員さん達ずれてるでしょ? 人気とり

  • < 幼い友だち >

    毎朝出かける途中に<保育園>の園児たちに行き交う・・ 今日は少し早かったので、まだ園内で遊んでいた・・ 幼児は見ていて面白い・・特に<鬼ごっこ>が、最高・・ グルグル大勢が繋がって誰が<鬼>だか分からなくなる・・ 我が家は<外孫>なので、正月と夏休みの数日しか触れる機会がない・・ <純粋無垢>の幼子は・・いいな・・

  • あれま!そんなこともできるの?

    毎日、保育園に2人のお迎えに行くと、担任の先生がその日の様子を簡単に教えてくれる。 先「今日は階段を登りましたよ(^-^)」 私「え?2人がですか?」 先「はい!」 全身で一段ずつ登ったらしい。 先「ウノくんはお返事ができるようになりましたよ(^-^)」 私「え?返事??」 先「はい!ウノくーん、ハーイ!って手を挙げたら、真似してくれるんです」 わお、いつの間に!? 私「デュエはしないんですか?」