• 自分を映す鏡

    保護者会の時、少し早めに行って仲良しのIさんとランチをした。 行事の時は、ほぼ学校の保護者でいっぱいになるロイホはあえて避けた。 少し離れたBigboyに行った。 Iさんは、遠方から子どもを登校させているので、ママ友が少ない。 しかも調剤薬局を手広く経営しているので忙しい。 あれこれと質問してくる、かなり情報に飢えている。 私の話せる限りの情報を吟味しながら、あたりさわりのない会話。 そして、話題

  • 保護者会的子供助言(子どもの一言)

    今日は新学期初の保護者会だった。 まず校長先生のお話が講堂で30分ほどあり、その後教室に移動。 うちは子ども二人なので、25分ずつ掛け持ち。 上の子は最終学年なので、たぶん役員決めに時間がかかるだろう。 おそらく後半に恐怖のお世話係選出、ならば役員決めが始まる前に中座しよう! と、相変わらず姑息な手段ばかり考えている。 六年生は、卒業の際に先生に贈る寄せ書きや、アルバム的な記念品の作成など、幼稚園

  • 保護者会 続編

    子どもの学校で よく、知らない保護者に ものすごくフレンドリーな感じで、半笑いで話しかけられる。 この間 保護者会があった。 この日もそう。 知らない 奥さま 3人から話しかけられた。 私には、全く身に覚えがない。 『◯◯さぁ〜ん! 電話番号教えてくださぁぃ。私XXの母です。』 『あ、どうも。 いつも 子どもがお世話になっておりますm(._.)m』と 私。 親と違って、人付き合いがいい子どもたちの