• 保険会社に連絡 上皮内新生物は二つありますよ

     以前保険会社から頂いた判定書には、私の新生物はTNM分類で上皮内新生物だから、3大疾病特約の支払い対象ではないとの見解が記載されていました。  そこで、保険会社にはこれまでの調査から、上皮内新生物が二つあることを伝えました。すなわち、TNM分類とICD分類が定義する上皮内新生物があり、それらの分類は全く関連がないこと。以上から、同じ上皮内新生物であっても、中身は全く別物の可能性があることを伝えま

  • 上皮内新生物は二つあった

     TNM分類とICD分類という二つの分類方法が異なることをはっきりと示す情報、これがなかなか見つけられませんした。諦めかけたその時、「ICD-O-3の利用の実際」というレポートを見つけました。その40ページに「ICD-OはTNMとは無関係である」と明記されていたのでした。   これより、ICD分類とTNM分類が定義する上皮内新生物は、無関係なので、別物であっても良さそう、ということが分かりました。

  • TNM分類とICD分類の比較

     TNM分類とICD分類を整理しました。 1)発表機関   TNM分類: UICC(国際対連合)   ICD分類:  WHO(世界保健機構) 2)定義   TNM分類: 臓器毎に病期(ステージ)を分類    ICD分類:  腫瘍の位置、形態、性状を分類 3)悪性新生物  TNM分類: 定義されていない(たぶん)     ICD分類:  Cから始まる、また5桁目の数字が3 4)上皮内新生物  TNM

  • 改めて色々な癌保険を調べる

     保険会社が悪性新生物や上皮内新生物を定義するための分類方法にそれなりに詳しくなり、新生物の分類方法の視点で、各社の癌保険や医療保険の約款を見ました。   その結果、もちろん素人の私が調べた範囲内で、以下のことが分かりました。 1)悪性及び上皮内新生物をともに世界保健機構WHOのICD分類で定義する 2)1)に、枠外の注意書きで、国際対がん連合UICCのTNM分類で0期(上皮内癌)に分類される病変

  • TNM分類を調べる

     最初に、3大疾病特約の診断書に記載されていたTNM分類とは何者なのかを調べることにしました。  その結果、TNM分類はICD分類とともに、新生物を分類する数ある方法の一つであることが分かりました。なお、前者は国際対がん連合ICUU、後者は世界保健機構WHOが策定に関わっています。異なる組織の作った異なる分類方法ですから、この二つの分類で定義される新生物は全く異なるものを示していると直感的に思いま

  • バフェットと保険事業

    前回ブログのバフェットとハリケーン - ウォーレン・バフェット ウォッチャーで述べた通り、バフェットがCEOを務めるバークシャー・ハサウェイ社は傘下に損害保険・再保険(保険会社の為の保険)会社を抱えています。昨年、その再保険会社が日本の地震保険の再保険事業に進出する計画が報道されたので、ご存知の方も多いかと思います。(詳細はバフェット系保険、日本進出 バークシャー・ハザウェイ傘下 地震保険を再保険

  • 火災保険、地震保険編

    ハイムの家は頑丈です! 素晴らしいです。 ハイムの地震保険について、聞いてみました。 地震保険って入る意味があるんですか? 基本的に壊れないじゃないですか? 窓とかの開口部損壊で保険金はしんどいと思いますが? ハイム側の説明として、建物の保険金を払うなら基礎のクラックで払うことが多いらしい。 算定もハイムの人が来て査定するらしい。 基本的にはいらない気がするが、少し悩んでいます。 あとは子供が傷つ

  • バフェットとハリケーン

    大型ハリケーン「ハービー」が米国テキサス州湾岸部を直撃しています。この度、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。 「ハービー」による人々の精神的な被害に加え、その被害額が数兆円に上るとの予想が報道され始めています。意外に知られていませんが、ウォーレン・バフェットがCEOを務めるバークシャー・ハサウェイ社は損害保険、並びに再保険(保険の為の保険)事業を営んでおり、今回の様な大型の災害が訪

  • 3大疾病特約の診断書を思い出す

     しばらくして、3大疾病特約の診断書を思い出しました。その診断書では、私の新生物は、TNM分類からステージ0で上皮内癌と書いてありました。きっとこれが支払い判定の結果の根拠と推測しました。   ここで、頭に浮かんだ疑問は次の点です。特約の約款には、新生物の定義に使用する分類として、ICD分類しか書かれておりません。にも関わらず、TNM分類が判定に使用されたということですので、TNM分類とICD分類

  • 最悪、自己嫌悪、最低なわたし。

    明日は、ヒデちゃんの分身君に逢いに行く日。 ツキメイニチ。 1人で行くのは、久しぶり。。 この車で行くのは、初めて。 2人でドライブデートしよう。 ちゃんと、隣にいてよ。 安全運転するからね。 今日ね、朝から気持ちが上がらず、鈍より気分。。。 そんな時、9時にモニターに映る保険の担当者。 さすがに、気持ち悪くなっちゃった。。 解約するって言ったからだと思うけど…昨夜と今朝と来訪。 他の支店の窓口に

  • まさかの支払い判定結果が届く

     約1ヶ月後、支払いの判定結果が保険会社から届きました。手紙には、お客様の新生物は上皮内癌で、悪性ではないから支払いできない旨の記述がありました。私の新生物は3大疾病特約の定義上、悪性であると思い込んでいたので、予想外の結果に本当にびっくりしました。  ところで、判定結果の手紙には、対象となる悪性新生物の定義を表す表と、また参考として、新生物の性状を表す5桁目のコードが記載された表が添付されていま

  • 3大疾病特約の診断書・TNM分類との出会い

     さてさて3大疾病特約の診断書のフォーマットを見てみると、ICD分類であるICD-10やICD-O-3のコードの記入欄が見当たりません。これでどうやって、新生物を悪性に定義できるのかしら?とは深く考えず、先生には、その診断書への記入を御願いしました。  その結果、記入頂いた診断書には、TNM分類に基づき、上皮内癌との記載がありました。TNM分類とは何かしら?特約の約款にないから関係ない分類と考え、

  • 3大疾病特約の悪性新生物とは

     住宅ローンの生命保険・団信には3大疾病特約をつけていました。いわゆる、がんになったら住宅ローンがちゃらになる保険です。金利の約0.2%分が上乗せされる一方で、60歳までに癌になる確率は非常に低いため、特約の加入に賛否両論あるようです。   特約のしおりには、支払い対象となるがん、すなわ悪性新生物について、次のように述べられています。  保険期間中に、所定の悪性新生物(がん)に罹患したと医師によっ

  • 自分の癌のICD分類を知る

     医療保険にも入っていたのですが、その診断書を見ると、ICD分類であるICD-10及びICD-O-3のコードを記載する欄があることに、初めて気がつきました。あやうく見落とすところでした・・・。予想通り、私の新生物は、ICD-10のコードがCから始まり、またICD-Oのコードに記載された6桁の数値の5桁目は3でした。つまり、私の新生物は、癌保険的にはでありますが、本当に悪性であることが確定し、へこみ

  • 保険における悪性新生物とは?

     現在の癌保険は、国際的な分類に従って、悪性新生物、良性新生物、上皮内新生物および性状不詳の新生物を定義し、保険金の支払いの範囲を決めているようです。  ここで、国際的な分類とは、世界保健機構WHOにおいて提示されている疾病分類「ICD-10」と、病気の中で腫瘍はさらに細かく分類した「ICD-O-3」を表し、癌保険にて悪性新生物と上皮内新生物の定義付けに利用されています。まとめてICD分類という場

  • 裏の話しが大事!

    単独で交通事故を起こし、チョッとした怪我をした場合、 人身事故にするのか、物損で済ませるのかで大きく違います。 小さな怪我の場合は物損で済ませた方がお得なのはどなたも ご理解いただけるでしょう。 しかし、ソコソコの怪我だった場合、自分が加入している保険から 治療費や入院費が下りるのか? 人身事故にしなければ、保険金は下りない! 通常はそう考えます。 でも、人身事故にすると、単独事故で、怪我をしたの

  • なぞの保険金支払い額

     まずは二つの医療保険ですが、癌だったので、手術給付金の倍率が20倍から40倍になり、また癌に関係する入院特約が発動しました。入院が9日間と長かったこともあり、かなりの保険金を頂き、本当に助かりました。  さて、一方の癌保険、こちらは予想していた額を大きく超えた保険金を頂き、想定外の事態に驚きました。  私の癌保険は、新生物の種類で手術給付金が異なるもので、悪性新生物だった場合、上皮内新生物の場合

  • 保険の申請

     「がん」と告知された後、たいしたことない と言われたし、そもそも知識がありません でした。この時は、情報がないため、ものすごく軽く考え、精神的な負担は皆無でした。  そーいえば、かなり以前に癌保険にも入っていたなあと思い出し、この癌保険の診断書 で先生に内容を記入頂き、二つの医療保険と合せて、保険金を申請することにしました。  そういれば、住宅ローンに3大疾病特約をつけていました。でも、「要保存

  • ネットで調べる手術・保険のこと

     胆嚢ポリープの摘出術を書いたブログがわんさかとありました。そこには、わたしの知らない世界が広がっていました。腹腔鏡手術のメリット、術後の様子、短期入院もあることなど、それはそれは大変参考になり、十分なイメトレが出来ました。ブログの重要性も良く分かりました。  気になったのが費用の点。結構お金かかるなあ~なんて考えながら、ひたすら検索。このとき、恥ずかしながら、初めて高額療養費制度を知りました。

  • 胆嚢癌になりました

     昨年のことです。 40歳。偶然、胆嚢癌がみつかりました。初期だったにも関わらず、今でも心乱れること しばし。がんブログを夜な夜な見る自分。保険に詳しくなりました・・・、いろいろありまして。記録に残さねばと思いました。

1 2