• 個人の蓄積されたデーター。それは価値あるものかもしれない?

    その人物が過去に経験し、体験し得られた情報だから、 その人しか持っていない。データーなのだから その人しか書けなかったり、写真や動画を取る事が出来ない。 事柄なのだから とても、価値のある物だと思うんだ。 だから、個人の持っているデーター。 それも、蓄積されたデーターと云う物は、 大事に扱わないといけないと思うんだ。 いつもの様に良く解らないのだけれど?

  • マイキーくん

    マイナンバーのゆるキャラ「マイナくん」に続いて 今度はマイナンバーカードのゆるキャラ「マイキーくん」が出来たとか。^^; いいけど、先にやることあるでしょう。 つか、このゆるキャラデザインにいくらかけたのかな。。。 今、マイナンバーや申請IDの重複が判明して“マイ”キーになってない というのにねぇ。。。 で、いまだに事の重大性が騒がれてないんです。 マスコミが騒がないのは、 取材能力が無いのか、萎

  • マイナンバーカードの暗証番号入力

    やはり、マイナンバーカードの暗証番号を 職員が代理入力することが横行しているようです。 読売新聞北海道の記事に出ておりました。 システムトラブルで暗証番号設定に時間がかかるため、 待ってられなくて、  「暗証番号を記してもらって」⇒紙の処分手続きが必要  「職員が入力を代行し」⇒暗証番号を知ることができる人は明確か  「本人受取限定郵便で郵送」⇒戻り郵便になったときの手続きは という流れになってい

  • マイナンバーカードの疑念

    天下り資金になるとか、監視社会のツールになるとかいう話ではないです。 それは、最早前提の話なので。(笑) 前回ブログでも取り上げた、 「顔写真が合ってて、記載内容が別人」のカードがあった って話の件です。 これ、マスコミも、よくある他のマイナンバー関連ミスの一つ のように片づけてるんだけど、 致命的なシステムバグにしか見えないのですよ。 まずね。 PCで申請する場合、申請IDと生年月日を入力します

  • 不可解な事件

    マイナンバーカードに記載の内容と本人写真の不一致が 発生したという記事が出ていました。 ああ、これ成りすまし作成が発生したのか と思ったらどうも違うようで。 マイナンバーカードを受け取りに行ったら、 顔写真は本人なんだけど、記載内容が違ってた、 IDの誤入力によるもので、注意が必要、ていう話なんですね。 さらりと流しそうだけど、ちょっと待て。 不審点① まず、スマホなんかで申請する場合、 生年月日

  • ついに巨額詐欺

    マイナンバー制度ネタでついに巨額の詐欺被害が出たそうです。 被害額、数千万円。 マイナンバーで調査をしており、 自宅が災害時の避難所に指定されている。 変更しなければならない、って話で引っ掛ける手口。 これ、番号使われてないじゃないか、 と思うかも知れませんが、ポイントは 「マイナンバーでいろんなことがわかる」 という意識が漠然としたまま広がっていること。 「マイナンバー使えばそういうこともできる

  • CYBER SHOCK

    2月7日 21:00 NHKで 「CYBER SHOCK 狙われる日本の機密情報」 が放映されました。 ご覧になった方も多かったと思いますが、 あまり危機をちゃんと伝えていなかったかな と感じました。 例えば、「少なくとも1000以上の企業で情報が盗まれた」とありましたが あれは、 いくつもある攻撃者の一つの いくつもある踏み台にされたサーバの一つを 経由したのが1000以上ってことですからね?

  • マイナンバーポイントカードの怪

    総務省がマイナンバーカードのポイントカード化を 2017度を目途に検討するという記事が また出てきました。 少し考えるだけでツッコミどころ満載の話です。 ただ。。。 まあ、さすがに国民もバカではないので 誰も使わんと思いますけど。 以前にも書きましたが 「マイナンバー」とついていますが、 この話はマイナンバー制度とは全く関係のないものです。 関係あるっつたら、法令違反ですし。 マイナンバーカードに

  • あなたのマイナンバーが漏れてることに気づいたら

    横浜市の小学校でマイナンバー盗難事案(どうみても紛失ではない)が 発生しました。 運用が始まって、配布・自治体以外の初めてのケースです。 とはいうものの、教員のマイナンバーですから 大騒ぎされずになあなあで済まされるんでしょうけど。 さて、「自分の」マイナンバー漏洩が随分と現実味を帯びてきたところで。 もし、自分のマイナンバーが漏れたことがわかったら、 「自分は何をすべきか」を押さえておきましょう

  • サイバーセキュリティ月間

    本日2/1から3/18まで、「サイバーセキュリティ月間」です。 これは毎年、情報セキュリティ意識の向上のため、 政府主催で開催しているものです。 この間、様々な情報セキュリティに関するイベントが 催されます。 (「月間」といいつつ、なんで45日もあるかは謎) キャッチフレーズは「知る・守る・続ける」です。 まあ、敢えて言うなら  政府広報がいい加減なことを「知る」  自分の身は自分で「守る」  情

  • マイナンバーシステム障害

    システム障害の話も連日マスコミを賑わせていますね。 ですが、これは業者を非難するのは 酷だと思っています。 原因は、ムチャな納期を迫っているうえに ちゃんとした要件定義を期限までに出してこない 国や自治体に起因するもの。 開発を受けた現場では困っておりました。 中には、要件定義が間に合わないことを見越して マイナンバーだけでなく、 名寄せでもリンクできるような別プログラムを 同時進行させてたベンダ

  • 個人や団体が物事を考える際。決める際。拾捨選択と云う物があると思うんだ

    拾捨選択。 ちなみに、この言葉は、誤用で 取捨選択が正解らしい。 Yhoo!知恵袋で見たんだ。 でも。知っていても、自分は、使うんだ。 なんせ、いつも酔っぱらいのいい加減なオジサン。 昔。なんでもかんでも無駄と決めつける。人達。 民主党の人達。 この人達。一体何をしたいのかと不思議に思ったんだ。 せっかく、与党になったのに何をしたいか解らない? なんでも、かんでも前政権の行っていた事を悪い事と決め

  • やっぱりCCC

    やはりやってくれました。 TSUTAYAでマイナンバー「通知」カードを 本人確認として使用していたとの記事。 「住所と氏名のみ確認し、マイナンバーは見ていなかった」 ・・・ってあるけど、んなことあるかーい。(笑) 図書館業を受けていながらプライバシーマークを返上するなど 元々遵法意識が低いと言わざるを得ないことを やってきた企業でしたけど、 マイナンバーでもやってくれました。 ちなみにここ。 以前

  • マイナンバーこんなクラウド業者は嫌だ

    今一番、懸念しているのが 「マイナンバーを預かります」のクラウド業者です。 「ガイドライン準拠」をうたっていますが どー考えても、準拠していない。 いや、正確に言うと 「クラウド業者は準拠してるけど、預けた企業は準拠してない」 が正しいでしょうか。 ☆最初のポイント   「マイナンバーの業務委託」になっているかどうか。  アヤシイ業者はこれをしません。  こういう業者はマイナンバーのQ&A3-12

  • サイバーセキュリティ経営ガイドライン

    少し空いてしまいました。 さて、今回は「マイナンバー」カテゴリとはちょっと違うんですが、 昨年末にこっそり出ていたガイドラインについて。 「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」 これが昨年の12月28日にひっそりと公開されました。 これは昨年より施行されたサイバーセキュリティ基本法の一角を為すものです。 これも、つい最近までのマイナンバー同様、あまり知られてませんが、 この法の施行により、省庁を

  • マイナンバー制度とマイナンバーカードの方向性の違い

    またも、わけのわからん記事が出てましたね。 「ポイントカードをマイナンバーカードに一本化検討」 ・・・もう少し考えてから記事にしなさいよ。(^_^; まあ「検討」だから間違いじゃないですけど 簡単にできる話じゃないでしょうに。 ポイントカードは「民間」の発行物です。 マイナンバーカードは「公的」発行物です。 これをごっちゃにできるわけなかろー。 どんどん全体主義というか社会主義というか 発想がキナ

  • マイナンバー早めにやっておきたいこと

    私は企業のリスクマネジメントの観点から マイナンバー対策に取り組んでいる、 という話を以前書きました。 リスクマネジメントの観点からすると、 運用が始まった今年早いうちに 一度取り組むべきものがあります。 それは、紛失・漏えい対策訓練です。 話は少し逸れますが、日本は世界有数の 自然災害の多い国です。 地震・津波・台風・etc・・ 諸外国では、マグニチュード5クラスの地震でも 死者が出るくらいの騒

  • マイナンバー元年

    あけましておめでとうございます。 愈々、マイナンバーの本格始動です。 ニュースでは連日、児童手当や雇用保険で 「知らなかった」「知ってたけど忘れた」 というような、マイナンバー上手に回ってない話が 出ておりますね。 でもま、これは「慣れ」の問題なので、 さしたる話ではありません。 問題はこれから。 「民間企業がマイナンバーを管理する」 ことが本格化してからです。 ぶっちゃけた話。 公的機関がマイナ

  • マイナンバーの専門家

    いろんなところの記事で 「マイナンバーの専門家○○氏 談」 というのをよく見かけます。 (私もその一人だったりするんですけど。。。) だけど、「マイナンバーの専門家」って いったいなんなんでしょうね。 まだ始まってもないのに。。。 「マイナンバー法の専門家」 ならいるでしょう。 「システムセキュリティの専門家」 もいるでしょう。(マイナンバーに直接関係しないでしょうけど) でも、実務上の話とはちょ

  • マイナンバー漏洩を自分で気づいたら

    状況をシミュレートしていて、 まだ、「こうすれば大丈夫」の結論が出ていないものがあります。 それは、 「自らマイナンバー漏洩に気づいたらどうするか」 ということ。 例えば、こんな状況。 ある日、電話がかかってくる。  「○○様ですか?あなたのマイナンバーが漏えいしたようです。   あなたのマイナンバーはXXXXXXXXXXXXで間違いないでしょうか?」 さらに続きます。  「マイナンバーの変更手続

1 2 3