• 静岡県を見習って健康寿命を延ばす

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 以前にも紹介しましたが、 健康寿命には地域差があって 静岡県と愛知県の結果が良いということでした。 今日は静岡県の取り組みについて見てみましょう。 静岡県では1987(昭和62)年から「日本一健康県」を目指して、 市町とともに健康づくりに取り組んできました。 【ポイント】 約50万人の特定健診データを元に「健康マップ」を作成して県内の生活習慣病に関する状況を

  • ソーシャルキャピタルが機能して健康維持

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 「いきいき健康大使」をご存知ですか? 2013年に任命されたのですが、 今でも健康大使としての活動はされているのでしょうか? 正直、あまり印象にないですね。 シニアの健康維持の対策について ひじょうに地域性が重要な要因だと感じています。 厚生労働省でも地域の保健について 指針を打ち出しています。 ですが… 例えば、東京都といっても、 「集い」の地元八王子と港

  • 高齢者と一口にいうけれど

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 政府が掲げる「健康日本21」には数々の目標が設定されています。 今回の活動を始めて特に気になることがあります。 それはいろいろな場面で見る「高齢者」という言葉。 厚生労働省や内閣府ではおおよそ65歳以上を指しています。 これは統計のまとめ方を見ると顕著にわかります。 65歳以上を前期高齢者、 75歳以上を後期高齢者と呼ぶということを聞いたことがあります。 で

  • 女性の「こころの健康」も見逃せない

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 高齢の女性が気をつけなければいけないのがうつ病。 うつ病の患者は相対的に女性が多く、 特に高齢になると男性の2倍以上も多いという統計があります。 老人性のうつは自殺につながることがありますから、 見過ごすことはできません。 高齢者のうつ病はさまざまな喪失体験がきっかけとなりやすいといいます。 老化による身体・知的機能の低下 配偶者や知人・友人との死別 定年退

  • 見逃せない「こころの健康」

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 高齢者の健康について見逃せないのが 「こころの健康」。 ここ数年減少傾向にあるとはいえ、 2万5千人以上の人が自殺で命を失っています。 高齢者についてみると毎年1万人以上が亡くなっています。 高齢者に対するうつ病対策強化が求められています。 そんな中注目されているのが生活環境。 近年男性の孤立化が社会問題にもなっていて、 「一人暮らし」の中高年男性の自殺死亡

  • ロコモティブシンドロームを知っていますか

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 ロコモティブシンドロームという言葉をご存知ですか? ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは 運動器の障害のために自立度が低下し、介護が必要となる危険性の高い状態のことを指します。 我が国では、実に毎年5万人もの人が「運動不足」が原因で亡くなっていて、喫煙、高血圧に次いで第3位という報告もあります。 昨日ご紹介した健康日本21でも、 ロコモ対策

  • 健康寿命延伸は一大テーマ

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 昨日、準備室のサイトの方に 応援メッセージをいただきました。 また、SNSの方には貴重なご意見をいただきました。 Kさん、Nさん、ありがとうございました。 今日は、「健康寿命を延ばす」ということについて 国の施策を見てみましょう。 健康日本21という一つの指針があります。 現在は第二次という段階に入っています。 そこで提示されている方向性というのが こちらで

  • 「健康」と向き合う

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 一口に「健康」といっても人それぞれ尺度があるでしょう。 一般には世界保健機関憲章の前文にある定義を使われることが多いようです。 「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、 たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」 「健康」は病気じゃない状態のことと考えがちですが、 もっと奥深いものなのですね。 世界保健機関憲章では「健康権」についても 「達成可能

  • 健康投資ということも考えたい

    こんにちは、「集い」準備室管理人です。 ハーバード大学が健康への投資について一つのデータを発表しています。 それによると 予防に1ドル投資すれば、 医療費は3.27ドル減り、 生産性は2.73ドル向上する のだそうです。 医療費が日本とは比べ物にならないくらい高いアメリカのことですから、 一概には日本に当てはまらないとは思います。 ですが、予防のためにお金を使うということが どれほど医療費の軽減に

  • スケルトン写真でよくわかるスポーツ★マッサージ 熊倉弘雄+中澤清江

    スケルトン写真でよくわかるスポーツ★マッサージ 著者:熊倉弘雄+中澤清江 発行所:ナツメ社 「渡辺佳子さんの「経絡リンパマッサージ」からだリセットBOOK」と一緒にたぶん数年間積んであったこの中古本を久しぶりに読み返しました。 別にこれからスポーツをやるわけじゃないんですが、"体が資本"で体を一番大切にしているスポーツ選手やアスリートたちがどんなマッサージやストレッチをやっているのかを知りたくてだ

  • ゴマちゃんが寝ている間に

    今日は休日だったので遅く起床して午前中はゴマちゃんとゆっくり過ごしていました。午後になってからポスティングに出掛けようと支度をしていると、ゴマちゃんは急に2階の寝室に駆け上がり静かになりました。 私はゴマちゃんが寝ている間に外出しました。今日のポスティングは読谷村の国道58号線、嘉手納ロータリー周辺のエリアでした。沖縄に行ったことがある人の多くが旅行や仕事で通る場所ですね。 今日の読谷村は秋の涼し

  • 時は金なり!一石三鳥!

    今日は休日を利用して副収入のポスティング仕事をしました。ゴマちゃんが寝ている昼の4時間ちょっとで規定のチラシ広告を配り切りました。休日は必ずウォーキングをしていたので運動しながら小遣い稼ぎが出来る一石二鳥のシステムです。 普段どうりならば週2回に1時間半〜2時間のウォーキングをこなしていましたが、ここ数ヶ月の職場のシフト変更で週1回しかウォーキングが出来なくなりました。運動不足が気になり私は適度な

  • ゴマちゃんの健康維持

    7月も半ばを向かえ時の速さに置いて行かれそうです。そんな猛スピードの時間の中、ゴマちゃんは毎日毎日確実に成長しています。ゴマちゃんの年齢は1歳1ヶ月、立派な成猫としてのステージを生きています。 沖縄本島は相変わらず快晴続きで、熱い太陽光線が朝から晩まで降り注ぎますが私もゴマちゃんも夏バテせずに元気に暮らしています。私の夏バテ対策はゴーヤーやナスなどの夏野菜を沢山食べて、沖縄の島豆腐や沖縄の豚などを

  • 私のダイエット奮闘記

    一ヶ月ほど前から、一念発起してたるんだ身体を引き締めるためにダイエットを始めました。 たまたまダイエットをしたいと思っていた所、 私にあったダイエットと出会いました。 ■まずは、一週間で1キロのダイエットに挑戦 糖質制限をした食事、3時以降は炭水化物の 摂取を控えること。 食事の内容をチェックして、栄養のアドバイスを頂きながら、食生活を改めること。 トレーナーさんからストレッチのやり方を教わって、