• 健康な笑顔に.../ 誰にでも癒しの力はある

    私にはヒーリングという言葉がどうもピンとこない。 単に「癒やし」と言われればしっくりくるのだけど・・・ また、癒しの能力は誰にでも備わっているのではとも思う。 それこそ、母親が幼子を気にかけて抱きかかえている状態や添い寝している状態では、癒しのエネルギーは想像以上だろうことは間違いない。と・・ 癒しとは「無条件に愛情を注ぐ状態」ともいえ・・・ 或いは「私心無く相手を思いやる状態」ではと。。。 本当

  • 健康な笑顔へ.../ 普段から手足のマッサージを

    普段から健康を意識しているわりには、時々忘れていることに気づくことが幾つかあります。(>_<) そのひとつに手足のマッサージです。 思い出したように手のマッサージをすると、痛みを感じることがあります。 その痛みを感じる部分から、どの部位が疲れているかが判るわけですが・・・ やはり普段から手のマッサージをことあるごとに自然とやっているような癖をつけなくてはと思う今日この頃です。 そうそう、健康を害し

  • 健康な笑顔に../ 同じ観るなら笑えるもの

    元気溌剌として健康な人を見ていると・・・ いつもにこやかでよく笑われていることに気づかされます。 声を出して笑うということはやはり健康に良いのだなと実感します。 そこで思うのは。。 なるだけ意識的に楽しくなるような話題に接する機会を作り、また映画やドラマなどもスカッとするとか、声を出して笑えるような動画を観るのがよいのではと思うのです。 いまの人たちはあまり興味ないかもしれませんが・・・ 落語など

  • 新たな価値観と生きてQOLを高める

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 話は横道から入ります。 原子力発電所に対してNOと主張する人たちがいます。 管理人もその1人です。 化石燃料の使用も地球温暖化から考えて、 減少させなくてはなりません。 多くの人が再生可能エネルギーへの移行を主張していますが、 この数字から見て説得力があるとは到底思えません。 最も効果的なのは私たち一人ひとりが 電力消費量をドラマチックに削減することです。 寂

  • 超高齢社会のQOLを守る

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 WHOの定義によると、 日本は2007年から超高齢社会になっています。 実際にこんな人口比率になったとして 不自由な生活を強いられた高齢者はどうなるのでしょうか。 今厚生労働省の提示している方針で高齢者は守られるのか、 本当に不安です。 高齢者が増加すると反比例して少子化が進みます。 人口全体も減少を続けます。 社会全体に人材不足になります。 すると、国全体の

  • 健康寿命延伸は子孫のため

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 本当に残念なご報告です。 本格的な活動に向けて準備を進めてまいりましたが、 明日の脳トレ塾をもって、活動を休止することにいたしました。 このブログの作成も今月いっぱいで、一旦終了いたします。 あと4回ですが、 シニアのQOLの向上と健康寿命延伸についての情報を ご提供してまいります。 さて、昨日まで28年度の厚生労働白書が報告している 高齢者の生活についての指

  • 高齢社会を想定してみる

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 日本は2007年から超高齢社会に突入しています。 2060年には人口の2.5人に1人が高齢者となると推測されています。 そうなった時私たちはどのように生きたら良いのでしょうか。 お考えになったことはありますか? 28年度の厚生労働白書では 目指す将来の姿をこんな風に示しています。 別の見方からすると こんなイメージを想定することができます。 地域の特性・資源の

  • 高齢社会のQOLを考える

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 政府は「生涯現役社会」という言葉をよく使います。 「生涯現役社会」とは、 働く意欲のある高齢者が培ってきた知識や経験を生かし、 活躍し続けることができる社会だといいます。 これが実現すれば、 高齢者自身の健康や生きがいにもつながることから、 ますます重要になってます。 現実はそれとは程遠く、 実際に高齢者の知識や経験を生かせる仕事など ほとんどないということは

  • 高齢者のイメージを確定する

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 私たちは高齢者と簡単にいいますが、 実際には何歳からが高齢者というのでしょうか。 厚生労働省では 65歳〜74歳を前期高齢者 75歳以上を後期高齢者として区別しています。 個人的にはあと9ヶ月したら私も高齢者? 何となく納得いかない感じがします。 老いはいろいろなところや場面で実感していますが、 父が今の私の年齢の時と比べたら、 ずっと今の私の方が若いと感じて

  • 好奇心を旺盛にしてQOL向上

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 私的散歩の楽しみ方をご紹介しています。 最近、私は歩くときには できるだけ行ったことがないところを通って行くようにしています。 もちろん、新しい出会いや発見をするためです。 これは1964年の東京オリンピックの時に 浅川中学のビジュ部の生徒が作った記念の像。 この写真なんて八王子とは思えないでしょ😄 このように歩いているときに撮影した画像は Facebook

  • 歩いて不思議を発見!QOLが高まる

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 台風の連続来襲の後はほぼ好天続きですね。 秋の空の高さが気持ち良い毎日です。 10月に散歩する楽しさをご紹介しました。 いろいろな発見が気持ちも脳もリフレッシュしてくれます。 その後も私の散歩は続いています。 毎日ではありませんが、 天気が良い時にはほとんど必ず出かけます。 散歩というには早足で、 スポーツとしてのウォーキングというには遅い。 そのくらいの歩み

  • 高齢者の経済面を世界と比べてみた

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 欧米諸国と比較したデータから QOLについて考えています。 これまでも欧米と日本の違いが浮き彫りになっています。 今日は経済的な面を見てみます。 このグラフで特徴的なのは 日本の「困っていない」と答えた人の多さでしょう。 日本の経済力の成果かと思うと残念賞。 日本の単身世帯は、意識面では「困っていない」という答えているが 実態面では低所得層の割合が高いのだそう

  • 世界とのギャップにQOLを考える

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 本日の脳トレ教室はお休みです。 今日17日の音読で脳トレはいちょう祭りのためお休みです。 お気をつけください。 世界の高齢者の生活と日本との比較を続けます。 単身世帯の高齢者にとって、頼ることのできる人の存在は不可欠です。 高齢になる程、男女の違いを問わなくなります。 こうした状況にあって、 家族との繋がりが日本ほど顕著でない欧米各国の人たちはどうするか とて

  • 高齢者の生活を国際的視点で見る

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 明日ののトレ塾はお休みです。 明日の音読で脳トレはいちょう祭りのためお休みです。 長房市民センターにいらしてもお祭りの会場となっています。 お気をつけください。 さて、高齢者の生活を世界と比較したレポートが 内閣府の国際比較調査にありましたのでご紹介します。 http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h27/zentai/inde

  • ユマニチュードでQOL向上

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 高齢者のSEXについての情報を取り上げている流れで 「ユマニチュード」という言葉をご紹介しておきましょう。 ユマニチュードとは 医療や介護の現場で注目を浴びている コミュニケーション技法があります。
 フランス語で「人間らしさ」を表します。 
たとえ認知症の高齢者であっても 
「自分が人間であること」を思い出してもらい、 
支援者と良好な関係を築くという技法で

  • 新たな女性像が見える高齢者の SEX

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 今日はクイズで脳トレの日です。 外の空気は少し冷えてきていますが、 アッタカクしてぜひご参加ください。 さて、高齢者のSEXについて 現代性教育ジャーナルに掲載された 荒木乳根子さんの調査報告からご紹介しています。 http://www.jase.faje.or.jp/jigyo/journal/seikyoiku_journal_201702.pdf ざっく

  • データで見る高齢者のSEX

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 高齢者のSEXについて考えています。 長く中高年のSEXについて研究している 荒木乳根子さんの調査報告を見つけました。 現代性教育ジャーナルの記事です。 http://www.jase.faje.or.jp/jigyo/journal/seikyoiku_journal_201702.pdf ここでは主に2000年と2012年との比較しながら 中高年の性を分析

  • 前向きに高齢者のSEXを考える

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 『セックスと超高齢社会』(NHK出版新書)を上梓した 一般社団法人ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾氏によると 高齢者の性というのは 「全世代の性の問題が表れる世界」だといいます。 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9687 坂爪氏はさらに 高齢期での性生活の充実度は、その前の段階が大きく影響します。 60代になってから、急に

  • 高齢者のSEXと向き合ってQOL向上

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 高齢者とSEXについて考えています。 昨日にご紹介した識者によると バイアグラをはじめとするED薬の普及が 高齢者のSEXに大きな影響を与えているといいます。 EDの治療効果は性交の可能・不可能だけの問題ではなく、 男性にとっては陰茎が勃起するかどうかが 生きる意欲に大きく影響を与えるからです。 さらに、EDは男性だけの問題にとどまらず、 パートナーとの人生の

  • 高齢者の性生活からQOLを高める

    こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 今日は長房脳トレ塾音読の日です。 来週17日はいちょう祭りのためお休みです。 なので、今日ご参加くださいね。 今日のテーマは 黛じゅんさんの「雲に乗りたい」です。 さて、サラリーマン向けの週刊誌で 高齢者の性生活について取り上げたところ、大ヒット。 「死ぬまでSEX」vs「死ぬほどSEX」戦争 とさえいわれているそうです。 いくつになってもセックスは楽しめる。

1 2 3 4 5 ... 7