• flow…「光」を求めて

    …小豆島にたどり着く ヒマワリの花言葉 その② ~光輝~ 瀬戸内の島と海、 映画、写真、永瀬氏の独特の世界が広がる トークイベントにて 映画の撮影前に数ヶ月間、 視覚障害の疑似体験ゴーグルを 使用して生活をされていた時の 感覚についての感想を お話され その、実直な ストイックさと優しさに触れる 河瀬監督 ✖ 永瀬氏 の映画「光」より  ~flow~ ... 街では視覚障害者の安全歩行のため 音声

  • 「不確かさ」という現実の先

    アヒルの子は、絶対白鳥にはなれない。 けれども醜い幼虫が、 虹色の蝶になる日は必ず来る。 僕や君は、美しい羽の代わりに 丸くて重い頭を抱えて生きる。 扱いの難しい、やっかいなやつだけど、 こいつのお陰で 辛い過去を理解し、 夢見る未来を想像出来る。 アヒルの親には見抜けない。 カラスの色では光らない。 不確実な今を、 未来を見据えて生きる事は 人にしかできない事。 僕らはゴッホやモーツァルトではな

  • 植物たちが一斉に輝き出す素晴らしい季節!

    緑色が目にまぶしい!ぎぼうし 4月下旬、ゴールデンウィーク前。輝く緑! 何年か前までは「命」は人間や動物だけに宿るものだと思っていました。でも、今は違います。命は人間や動物だけではなく、花や木などの植物にも宿るということを強く感じています。 会社の近くで僕が撮った写真をぜひ見てください!葉っぱが輝いています。花が歌っています。雫(しずく)が踊っています。虫が笑っています。そして光が嬉しそうに喜んで