• 親が決めていた唯一の浪人条件

    息子の場合、幸いにして現役で進学できましたが、医学部に全落ちの場合は浪人することを決めていました。したがって、他学部の受験予定はありませんでした。 ただ、浪人をする場合には、一つだけ条件を設けていました。 よくある1年限りで結果を出すというものではありません。 それは、国立後期の試験が終わった次の日から浪人生としての受験勉強を開始するというものです。 国立後期が終わった翌日から勉強を開始するという

  • 気持ちを高めることの重要性

    受験ブログ、特に指導者の方のブログを拝見していると、具体的な勉強方法について書かれていなくとも、受験勉強に向けて気持ちを高揚させてくれるような記事をしばしば見受けます。 父親である私が読んでいても、なるほどなあと前向きな気持ちになることがあります。 親の精神的サポートも是非こうありたいものです。 素人である親には受験勉強の方法論はよくわかりません。 それでも、子供が前向きになれるような言葉は、社会