• 取り敢えず話しましょう

    ※7月位のはなし さて、前回リフォーム前の部屋を見た訳だが… •公団に何がどこまで出来るのか •8月には引っ越せるとの話らしいが本当に可能なのか などなど、こちら側から聞きたい事は結構あった。 取り敢えず仕事の合間に、アポ取りをと思い電話したのだが、 何か来るな的な雰囲気を感じたので… この日の午後伺いますんでお願いします、とアポを取り。 電話での内容を纏めると、 1.リフォーム後に、再び内覧して

  • どこまでやってもらえるの?

    ※7月位のはなし 前回、内覧に行ってから、気になることがあった為、URの営業所に行ったのだが、 ここは契約を結ぶ所であって、階下移転は承れない と言う事だった。 しかし来てそのまま帰るのもなんなので、色々と聞いた所… 階下移転と高齢者優遇賃貸は全くの別物 との事だった。 う〜む。 母親は、父の為に取手を付けたいと言っていたが、良く調べた方が良いんじゃ? ふとそう思った。 そして、その事務所の連絡先

  • 内覧ね〜(^^;;え?俺も∑(゚Д゚)

    ※6月位のはなし ある日、父親からメールが来た。 母親が、内覧に行ったがひどい状態だったらしい。だからもう一度みて来て欲しい と。 ん〜…ま、いいか、と。 そして、内覧に行ったのだが… ∑(゚Д゚) リフォームされとらんやんΣ( ̄。 ̄ノ)ノ 要は、前の住人が出て行ったままってこと(^^;; う〜む、中々にヒドイ。 廃墟やんけ∑(゚Д゚) 取り敢えず片っ端から 写真を撮って行く。 そして、次は、リフ

  • え?引っ越すの?

    ※6月位のはなし え? 引っ越す? 両親も、僕も公団に住んでいる。最も同じ名を冠する団地だが、違う棟だけど。 突然そんな話を聞いたのだが、 1.階段の登り下りが困難な障害者と認められ(病院から) 2.介護保険(だったような) 3.その他にいくつか書類がある 他にも条件があったかは分からないが、上記を公団に提出すれば、 階下移転 となり、1階の部屋が空いたらが優先的に紹介されるとの事だ。 で、父親が

  • 本当に一時的?

    ※今年の4月位のはなし 白河から東京に戻って来て… まず、驚いたのは玄関に足の踏み場が無いことΣ( ̄。 ̄ノ)ノ 何事? まず頭に浮かんだのはそれだった。 実家(同じ公団内の違う号棟)に電話して聞いてみると •父が退院するので介護ベッドなどを借りなくてはならないこと •スペースが無い為、一時的に置かせて欲しい と言う事らしい。 だからって無断でこれは無いだろ、と思ったけれど、明日の夜には白河から送っ