• 共産党募金活動に非難が、、

    昨日共産党の、九州地震募金活動について記事を書いたが、 募金はどこに? https://muragon.com/dashboard/confirmEntryUpdate これに対して、選挙へのパフォーマンスという非難(まあこれは言う人もいるだろうが)にくわえ詐欺?つまり募金にかこつけて、自党の活動資金にするつもり、という批判が展開されている。また、公職選挙法に違反という指摘もある。 バズプラスニュ

  • 募金はどこに?

    日本中の人たちが、心配して見守っている九州地震。被災者から、紙おむつの不足情報に、たちまち使い切れない紙おむつが送られた来たそうだ。 送るならお金、でも、本当にきちんと使ってくれるの? 東北の時は公平性重視で、宙に浮いてしまった義援金、募金がたくさんあったとか。 今、日本共産党が、募金活動をしている。彼らなら正直に有効に役立ててくれるのではないか。 委員長自ら街頭募金はアッピールがある。選挙パフォ

  • 適切な判断、共産党、川内原発運転即時停止申し入れ

    熊本地震、被災された方々はもちろん、九州に住む多くの人たちは、川内原発の即時停止を求めているのではないか。こうした中、共産党の緊急申し入れは、適切であり、専門家も今後の推移は予測が出来ない中、不安のただ中にいる人々に、これ以上の不安をもたらさず、復興を行う上でも、重要であると思う。 政府の対応は、「原子力規制委員会は停止の必要性はないとの認識を示している」という 誰が、どんな根拠でそう示しているの

  • 高村副総裁、口喧嘩レベルのやりとり、NHK日曜討論会

    <日曜討論>9党代表に問う「どう臨む参院選」 2016-4-3 自由民主党=高村正彦 民進党=岡田克也 公明党=山口那津男 日本共産党=志位和夫 おおさか維新の会=片山虎之助 社会民主党=吉田忠智 生活の党と山本太郎となかまたち=山本太郎 日本のこころを大切にする党=中山恭子 新党改革=荒井広幸 NHK鬼門の山本太郎氏の出席、今回は山本氏、公共放送を使っての効率の良い国民への 問題意識提起に集中(

  • 緊急事態条項成立は待ちきれない?共産党に破防法調査対象ー閣議決定。国がいわれのない差別、弾圧を堂々と行う。

    毎日;政府答弁書 「共産は破防法調査対象」…閣議決定 http://mainichi.jp/articles/20160323/k00/00m/010/077000c 政府は22日の閣議で、共産党に関し「警察庁としては『暴力革命の方針』に変化はないと認識している」との答弁書を決定した。同党が現在も破壊活動防止法の調査対象団体だとし、「共産党が(合法化した)1945年以降、国内で暴力主義的破壊活動を

  • 達成可能な具体的イメージ・共産党志位委員長会見

    志位委員長定例記者会見で、より踏み込んだ学費奨学金改革+最低賃金引き上げの抜本的提案をおこなった。 学費・奨学金の抜本改革、最低賃金の抜本引き上げを 会見の要約は、 1)国立大学の国の運営交付金毎年60億程度を1.5%ほど増やしていきその分学費の値下げをする.もし実行すれば毎年26000程度の値下げが可能、これを10年続ければ26面円となり、現在の学費半額になる。10年後に国立大学学費を半額にする

  • どちらが本当に若者の事を考えているんだろう。共産党成人式赤紙配布と、自衛隊萌えキャラポスター

    日本は本当に特殊な文化を持っている。現実を直視する事を避ける。物事に直面する事を避ける。可愛いものを緩衝剤に使い、ソフトに空想的に、印象やイメージを実態より大事にする。古来から『臭いものに蓋』においの元を取り除くのではなく蓋をしてやり過ごす。 こちらのブログが、共産党が成人式で赤紙を出席者に配り、ヒンシュクを買った事について、言及されています。 弁護士 猪野 亨のブログさん:成人式 有権者としての

  • 南スーダンPKO自衛隊 白紙委任気分の政権、独走防衛庁、共産党笠井議員の追求

    2011年12月20日から、現在に至るまで自衛隊は南スーダンで平和維持活動をしている。しかし戦争法成立で、業務内容が明らかな戦闘行為への意向を検討されている。 問題が多すぎて、自衛隊の行動が話題から遠のいているように見える昨今、29日予算委員会での笠井議員の追求に、国民も目を戻し、憲法違反の戦争法と、水を得たさかなの、防衛庁の庁勢拡大、国民の知らない所で着々と行われている、軍事国家化を注視するべき

  • 名を捨てて実を取る。共産、国民連合政府構想を凍結

    5党首会談でやっと野党共闘がスタートラインに立った。民主、共産、維新、社民、生活の野党5党は19日午前、国会内で党首会談を開いた。 5党は、この4点の合意確認をした。 (1)安保法廃止と集団的自衛権容認の閣議決定の撤回を共通目標とする。 (2)安倍政権の打倒をめざす (3)国政選挙でなどで与党+保管勢力を少数に追い込む (4今夏の参院選や国会対応についてできる限り協力していく 日経:野党5党、安保

  • 民主党は周辺事態法改正案などを国会に提出する方針、では安保法制廃止はどうなるの?

    対案の出せる責任野党民主党は、周辺事態法改正案を提出する方針なのだそうです。周辺事態法を含む<違憲>平和安全法制、成立過程も違憲であるので、撤廃が必定であると思うのでが、改正案を出すと云う事は、前提として平和安全法制を受け入れてしまっていると云う既成事実になるのではないでしょうか? その事に関連して、今、鈴木親子旋風で混戦模様の北海道5区補欠選挙で、共産党が候補を取り下げない事を、問題視する動きに

  • 共産党、選挙協力には協議が必要はもっともな意見

    熊本で民主党と共産党とも共闘で、候補の一本化が成立した。 ところが、12日「日経」が「共産、候補取り下げ柔軟に」との見出しで、党幹部が他の野党に「(安保法制=戦争法案の廃止)法案の共同提出を大義に選挙協力を柔軟にできる」と伝えたとする記事がでて、これに対して小池晃政策委員長「このような事実はまったくない」と否定しました。 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/201

  • 志位委員長に議論で負けて首相逆切れ?南スーダンPKOでの任務拡大検討を表明

    3日の予算委員会に老いて,志位委員長は南スーダンPKOの実情を示し、 政府が自衛隊を派兵している南スーダンの実態を全くつかんでいないことを,明確にし、 政府軍持て期待している現状、参加5原則にも違反し,自衛の為の武装は武力行使ではないとする安倍首相の論理も当てはまらず,明らかな武力行使であり,憲法に違反する、 と示した。これに対して政府側は,スーダンの実態を矮小化し、志位委員長の指摘,糾弾に、何ら

  • どうやってアメリカの要請をことわるのか?安倍首相気分で政治をやっている足下の弱さ露呈ー志位委員長論戦

    民主党若手連による鋭いナイフのような質問を,訳の分からない自信満々の答弁で煙にまき、意地の悪いあてこすり、逆切れ、捨て台詞と、一国の首相とは思えない,いや,成人した人間とは思えない最悪の態度を晒す,安倍首相。 本人は、それで勝った気でいて、勢いづいているから始末に悪い。しかし,やはり貫禄、志位委員長は、まるでチェスの試合のように、しかも、ルールの分らない相手に、見事にチャックメイトをきめた。 衆院

  • 南スーダンPKOの実情、志位委員長、怒りの論戦。

    4日の国会質疑、志位委員長の質疑は圧巻だった。注目は集団的自衛権についての、アメリカの要請に対する対応と、南スーダンPKOの実情。いかに安倍政権が表面的に自衛隊派遣を行っているかが,明白になる答弁だったので、2つに分けて書くことにした。 <南スーダンPKOの実情と自衛隊派遣>質疑部分 志位委員長=C 安倍首相=A PKO法の改正で、自衛隊の任務は兵站にとどまらず、戦闘も行う、警護,自衛だけでなく、

  • 安倍政権新プロパガンダ,共産党応援で票が減る。

    ”とことん共産党” 京都市長候補,本田久美子氏のインタビューを見ていて,ネットご意見質問募集に、「私は本田さんを応援していて,友人や知り合いにも声をかけている。だがみんな、共産党が後押ししているような候補には、、という」と云うような”ご意見”がきた。 これは、いかにも、やらせ臭いコメントだった。ネットサポータークラブの次ぎなるお仕事,と云う感じがする。小池副委員長は、時代遅れ、と一蹴したが、案外じ

  • この際、党議拘束は邪魔+連合における共産党排除の理由

    前の記事に 山本太郎議員がいつも、「ウチは党議拘束がないので」と,彼の信念で投票し、考え方、やり方を貫いている。と書いていて、ふと、 ”党議拘束”とは何の為に必要なのか?と疑問に思った。 ”主に、議会で採決される案件に対し、党全体の意思としてあらかじめ賛成するか反対するかを決めておき、所属議員の表決行動を拘束する。個々人の自由意志で賛否を表明することは容認しない。ひとつの政党が結束して行動するため

  • これが,安倍政権+日本会議の実力?宜野湾市長選現役再選

    あれだけ,反対運動があり、県民の総意はは翁長知事とともにある沖縄。しかし宜野湾市長選は、自公公認の日本会議会員の現役市長が再選。 大阪W選はやっぱり、応援野体裁をとったネガティブキャンペーンだった。 大阪W選維新勝利・案の定の共産党叩き。疑心暗鬼は安倍の思うつぼ。 http://artrino.muragon.com/entry/80.html にも書いたけれど,本当に応援したいなら、小泉進次郎な

  • 参院選候補者調整、政党間協議無しの候補取り下げ要求は民主的ではない。

    小沢一郎+山本太郎代表会見で、小沢一郎氏は、一党が独自候補を立て,他党に候補取り下げのみ要求するのでは、巧く行かない。政党間協議無しの候補と利下げ要求は民主的ではない。と述べた。 2016年1月12日代表会見 加えて共産党志位委員長も、Twitterで『32の1人区の候補者調整・一本化のためには、中央段階で、政党間の真剣な協議を行い、しっかりした合意をつくることが必要です。協議なしに一本化はできま

  • 質問に真っ正面から答える大切さ。

    安倍首相、同じ事を1000回も説明したという。1000回相手の質問ポイントを無視し、ただ自説を繰り返しただけ。質問者,糾弾者も,相手が納得出来る答えをすれば,同じ答えを何度も言う必要もなく,次の質問に移れると云うもの。 BSフジ「プライムニュース」に置ける,志位委員長への質問は、共産党の姿勢、方向転換、政策への考え方など、反町氏の質問は、巷での批判も含め、色々言われている諸説を代弁して、鋭く迫った

  • 共産党の躍進をめざす、は、背水の陣

    そろそろ,見極めを付けなくては行けない,民主党との共闘。 国民連合政府」現時点では困難…共産・志位氏 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160110-OYT1T50078.html?from=ytop_main1 民主党の認識は、非常に楽観的自負心に支えられたもので、救い様がない。常に話し合いを求め、当ブログのように怒りの民主党批判などせずに、忍耐強く臨んでき

1 2