• 初陣

    さて、いよいよ物語は三国志らしくなっていきます。 義勇軍を旗揚げした劉備らは、幽州の太守劉焉に面会します。 劉焉は義勇軍の到着に大喜びし、殺人犯である張飛の罪を許し、劉備たちを手厚くもてなしました。 そんな中、五万人もの黄巾軍が近所の山にたむろしているとの情報がもたらされ、劉焉は激怒します。 そして部下の鄒靖将軍に討伐を命じ、劉備らの義勇軍はその先陣を命じられます。 黄巾軍の陣地に接近した劉備らは