• ラチとらいおん

    ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ) 福音館書店 本 あらすじ  ラチは世界で一番弱虫な男の子。犬も怖ければ、暗闇も怖い。お友達も怖いというのだから、外で遊ぶなんて恐ろしい!お部屋で絵本を読んだり、絵を描いたりして過ごしています。ラチのお気に入りは一枚の「らいおん」の絵。こんな「らいおん」が側にいてくれたらなと思います。  翌日、目が覚めると、なんと部屋には赤い小さな「らいおん」が!ラチは、何

  • こねこのぴっち

    こねこのぴっち (岩波の子どもの本) 岩波書店 本 あらすじ  ぴっちは、リゼットおばあさんの家で飼われているマリとルリの5匹の子ねこのうち、一番小さくて変わった子ねこ。飼い犬のベロが心配そうに見ています。なぜかというと、他の4匹の子ねこたちは毛糸にじゃれたり、箒によじ登ろうとしたり、元気いっぱいに遊んでいるのに、ぴっちだけは1人カゴの中で考え事をしているからです。  ぴっちは、他の子ねこのようと

  • しげちゃん

    しげちゃん 金の星社 本 あらすじ 『しげる』という名の女の子(女優 室井滋さん)のお話。 しげちゃんは、自分の名前が嫌でたまらないのです。男の子みたいだから・・・。 小学校の入学式。男の子と女の子が隣同士に座るのだけれど、隣の男の子が名前を見て泣き出しました。「オレだけ、男と隣同士だ~」って。  それからというものの、名前のせいでからかわれ、しげちゃんはどんどん自分の名前を嫌いになっていきます。

  • 図書館ライオン

    としょかんライオン (海外秀作絵本 17) 岩崎書店 本 あらすじ  ある日、図書館にライオンがやってきます。図書館員のマクビーさんは大慌て。でも、図書館長のメリウェザーさんは、きまりを守っているならば、ライオンが来ても構わない、図書館は決まりさえ守れば、誰でも本を楽しむことが出来る場所であることを告げます。ライオンは、お話の会の始まるずっと前に図書館にやって来て、メリウェザーさんのお手伝いをする

  • ハチドリのひとしずく

    あまり嬉しかったモノで・・・・ 今日は、最初にお礼を。初コメントいただきました。とっても嬉しかったです。ありがとうございました。「うんこ!」が、あなたの幸せの記憶の種になりますように・・・・。 今日の絵本 ハチドリのひとしずく いま、私にできること 光文社 本 あらすじ  ハチドリのクリキンディが主役の絵本。といっても、とてもとても短いお話です。南アメリカに伝わる昔話が絵本になりました。 ある日、

  • 「うんこ!」

    今日の絵本 うんこ! 文溪堂 本 あらすじ  道ばたで置いてきぼりされてしまった犬の「うんこ」。道行くいろいろな動物たちとの会話がとても楽しい。「うんこ」のことを動物たちはみんな、「くっさーい」と、いらないもの、じゃまなもの扱いします。「うんこ」は「ふんっ」「くっそー!」と、落ち込むことなく、仕方なく頑張って前に進んでいきまが、最後に出会った人だけは、うんこの良さや長所を認め、うんこを喜んで連れて