• 勉強会の学び

    本日は、参加している地元の勉強会でした。三ヵ月ぶりの参加でした。 学びを記録します。 ①上下関係を生まないような言葉掛け「みんな同じ◯年生」。 ②テストで名前を丁寧に書くようにさせると、答えを書くときも丁寧に書くよう意識するようになる。 ③毎日百人一首で握手するなど自然と男女触れ合える機会を作っておくと、男女一緒の活動がしやすい。 ④卒業文集は、卒業生の文章もモデルにさせる。 ⑤泳ぎが苦手な子は、

  • 人権教育研修

    昨日は、教務主任向けの準公的研修でした。 テーマが人権教育でした。 ですが、学級経営や管理職の学校運営の話も聞け、大変充実した研修となりました。 学びを残します。 ①スポコン広場という取り組みはクラスの団結を付けられる。 ②自己開示をすることが協働につながる。 ③ミドルリーダーは若手に教える、学ばれる(ようになる)。 ④ベテランも若手も互いに学び合えるのがよい協働。 ⑤休み時間の取り組みは、職員の

  • クレーム対応研修

    教務主任や研究主任、学年主任などの中堅教員を対象とした時間外の研修に参加しています。(講師は校長先生・教頭先生などで準公的研修の雰囲気です。) 事前に事例が渡されており、グループで対策を考えてきました。前半・後半でクレームを言う側、対応する側に分かれて対応し合い、最後に校長先生、教頭先生からの指導がありました。 そこでの学びを書きます。 ・担任がしっかりと誠意を見せての謝罪は大切。人は感情で動く。