• 保険会社でも正直わからない がん患者の加入

    僕は今 直腸がんの術後 10年以上がたって 大手国内生保で 生命保険の申請をしている 定期健康診断は僕は数カ月おきに血液検査などしているので 特にはしていなかったため 指定病院で医師との診察があった かかれたことは過去の病気 入院など また現在の通院などと身長体重血圧と尿検。 直腸がんを10年以上前にわずらい 外科手術等やったこと 現在 下痢止めをもらうために 通院をしていること などなど ただ、

  • 生命保険 再加入 いざ挑戦

    本日は 午前中に 生命保険の健康診断を受けてきた 大手生保 2社・・・。 知人の保険会社にお願いして(痛恨のミスでミスされてしまった会社) もう10年以上たったので チャレンジしてみたいということから申し込みをした 健康状況の報告も きちんとして 現在も下痢止めをもらう通院をしていることなど 医師と面談してきた 加入目標は1500万の生命保険 通常のように入れるのか 追加料金が発生するのか それと

  • 癌患者にはあってはならない 生命保険 痛恨のミス

    僕の先輩は某大手保険会社の代理店だ そこで結婚した当初から保険に入っている 信頼はもちろんしているというか 貧乏なのは知っていたから どういうものに入っておくべきか それを教えてもらいながら 加入した 病気になっていろいろな給付をもらったことは先日ブログに書いたので そちらを参考にしてほしい それから数年が立って その会社も大きくなり 知り合いは社長から引退して業務から離れ他の方が担当となった 保

  • 知らないと損する 健康保険で給与保障

    さて、社会保険庁で加入する 一般の社会健康保険。 厚生年金とセットで会社で入っている健康保険の話。 この社会健康保険は国民健康保険とのサービスで 休業保障という点で受給できるものがまったく変わってくる 国民健康保険では会社を休んでも何も受給できないが 社会保険の健康保険だと3日以降の休業で会社からの給与支給がない場合は 過去の受け取り給与の実績を見てその平均額の66%が社会保険庁から支払われる。

  • 知らないと損する 病気前にはあらゆる保険に加入してた

    病気になる方が 大きく得をする。。。 できれば積立型の保険に入れば最終的に解約しても 支払った金額程度が戻る保険にしておくことで 貯蓄と同様になる・・・ 癌になる前 ぼくは結婚したときに せめて保険だけはと 積み立て型の保険に加入した 生命保険 生活保障保険 医療保険 がん保険 20年前にすれば がん保険などは入る必要はないといわれていたが・・・ 結果病気になり 医療保険 がん保険からお金が下りた

  • 知らないと損する 癌になる前に入っておく保険のこと

    癌になって10年たつが いまだに 医療保険や生命保険に入ってはいない。 実は数千万の生命保険にも入っていたが 保険会社のミスで解約せざるを得なくなった そして何年もたつのですが やはり入れる保険は少ないということです また、家を購入する場合は 団体生命保険での 癌特約などの特約は入っておくべきとも思います 僕は会社もやっていますし 多くの人を見てきていますが 保険は使うときに初めてありがたみを感じ