• 今週の成績(4/21)

    今週も裁量トレード試行は黒字で終えることができました。。 直感トレード(損切り無し)はチマチマした小銭を積み上げることは容易ですが、一発の大きな下げで全ての儲けを失うどころか大きな赤字をこさえてしまう可能性を秘めています。 それでも107円は何れ回復する可能性が高いので試行として少額トレードを行っていますが、現状のままでは100通貨,1,000通貨,10,000通貨での取引は危険すぎて実行に移せま

  • 今週の成績(4/14)

    今週もUSD円での裁量トレード試行を行いました。 今週は直感トレードに加え、107円以上は仕入れ無い、とのルールを設定しました。 107円だとどんな事があっても必ず戻りそうに感じたからです。 結果的には、106円台から107円台に上昇し、利確が出来ました。 ただ、ドル円が上がったままなので仕入れ出来がなくノーポジションの状態です。 仕入れ上限を決めたことにより、何でも買ってしまうことがなくなり、含

  • 今週の成績(3/17)

    多くの通貨が下げ続けていましたが、ついにZAR円も8.8円付近までおちました。 劣等生だったZAR円はここまで良くがんばっていたと思います。もし逆に円安に転じていたら10円台に突入していたのでしょうか。 楽しみな部分もあり、ますます目が離せません。   スワップ運用から大部分を撤退しまいましたので、新たな運用先を模索しています。 それは本格的に裁量トレードに参入したいと考えています。   これまで

  • 今週の成績(3/10)

    今週も週末に9円台を確保し、依然好調を続けているZAR円です。 SBIFXのスワップ単価も15円のままです。 手持ちの建玉が少ないので上がっても下がっても影響はないのですが、高値キープは良いことです。 下がったら買いを入れる予定ですが、中々チャンスが巡ってきませんが、じっくり待つつもりです。   それでは、今週の成績です。   資本金     316,755円 保有通貨数   20,200ZAR

  • 今週の成績(2/24)

    依然好調を続けているZAR円ですが、 私が運用しているSBIFXのスワップ単価が14円に落ちました。 レートが上がっているのに単価を下げるSBIFXの運営に疑問を持ちますが受け止めざるを得ません。   私の場合、多くの建玉を処分しているので影響が少ないのですが レートが上がって喜んでいたスワップ派の人々には出鼻をくじかれた感があると思います。 もっとも、スワップ派はこの様なスワップ単価の上下も折り

  • 今週の成績(2/17)

    今週もZAR円は9円台をキープしています。 他の通貨が軒並み下げている状況で底堅い動きを示しています。 来週にはさらに上昇しそうな状況です。 自分のZAR円は既に大半を売却してしまったので、今後の楽しみはないのですが それでも上昇することはうれしいです。 来週からは完全に傍観です。引き上げた資金を使い、新たな投資先を見つけようと思います。 来週からは本当にスワップ派を通します。 それでは、今週の成

  • 今週の成績(2/10)

    今週もZAR円も9円台をキープしています。 上げそうで上げない、下げそうで下げない、といった状況が続いています。 売り癖がついてしまったようで、今週も在庫一掃セールを行いました。 手もとにはわずかの通貨数しか残っていません。 これがいいことだったかどうかは過ぎ去ってみなければ分かりません。 いずれにしても、これ以上の値段で仕入れを行う事はないので、値が下がるまで傍観です。(先週も言っていましたが。

  • 今週の成績(2/3)

    今週もZAR円は9円台をキープしています。 けれどこれ以上値を上げる気配もないようです。 暫くは様子見といったところでしょうか。 今週も建玉を売却したので、在庫が少なくなりました。 平均単価も7.9円を切り余裕一杯です。 これ以上の値段で仕入れを行う事はないので、 値が下がるまで傍観です。 それでは、今週の成績です。 資本金     290,110円(週益6,0206円) 保有通貨数   58,7

  • 今週の成績(1/20)

    今週もZAR円も週末に下げたものの依然高い位置にあります。 8.9円レベルで2割ほどの建玉を処分しましたが、ちょっと早過ぎたかも知れませんね。 しかもスワップも一時17円にまで上昇しました。 もしこのまま17円のままであれば、処分はしなかったと思います。 週末には15円に戻ってしまいました。   建玉を処分したことにより強制ロスカット値が5.3円台にまで下がりました。   このため、暫くはスワップ

  • 今週の成績(12/30)、今年の成績

    ZAR円は依然好調に上昇を続け、一時9.2円台に達しました。 年末を高値で終了することができ、来年の期待が高まったところです。 しかし、買い増しをしたくともZAR円が9円以上と高騰しており、なかなか増通貨できずにいます。 こうなると頼りはスワップですが、やっと14円になったばかりでこれ以上は期待ができそうにもありません。 暫くは何もせずスワップ派に徹することにします。   さて、今週で1年も無事に

  • 今週の成績(12/23)

    先週より上昇したZAR円は更に上昇を続け、一時9円台に達しました。 先週の上げが急だったので、今週は下げを予想していたのですが、また外れてしまいました。 良い意味で残念でした。   今となっては、買い増しをしたくともZAR円が9円近くと「高値掴」のリスクが大きくなり、中々買に廻るこことができません。 値段が低い時は低い時で、更なる暴落に備えなければならず、これも買い増しができず、結局ただ見守ること

  • 今週の成績(12/16)

    ZAR円は週末にかけて一気に上昇しました。 来週はその反動で下落するのか、更に上昇するのが不明ですが、誠に良い状況になりました。 この機を利用して、溜まっていた建玉も決裁できて何よりです。 来週からまたスワップを貯める手法にします。 ただ、スワップは未だ13円のままです。 本来ならば、ZAR 円が8.5円をクリアしましたので、スワップ14円は欲しいところです。 慌てず待ちましょう。 それでは、今週

  • 今週の成績(12/2)

    ZAR円がようやく下げ止まった感がしてきました。 一時8.2円まで回復しましたので、これからは上げが期待できます。 長い低迷期を過ごしましたので、今度は明るい話題へと展開したいですね。 SWPも現在は13円ですが、来週中には14円を回復すると思います。 このような明るい見通しを立てていますが、相手は相場ゆえにどうなることやら。 それでもSWP派は耐えるしかなさそうです。     それでは、今週の成

  • 今週の成績(11/25)

    今週もZAR円は下げ続け、とうとう、7円台に定着してしまった感じがあります。   ZAR円は過去に一時的とはいえ6.3円台に突入したこともあり、いつ何時大きく下げてもおかしくない状況となっています。   この様な状況下では、赤字容認で早期の離脱を計るか、持久戦で回復するまで堪え忍ぶかの選択をしなければ行けません。 私は持久戦を選びましたが、これが正解かどうかは今後の相場によると思います。   私の

  • 世界一周旅行: 南アフリカ共和国編 猪突猛進男の世界一周やらかしブログ

    自由気ままなバックバック旅行! 猪突猛進男(バックパッカー こうの たかのりさん)の世界一周やらかしブログ 南アフリカ共和国編 ▼こうのさんの格言 そんないっぺい君の名言。 「人生、逃げなんてない。」 なるほど❗ と納得させられた。 人間、うまくいかないことや、出来ないことがあると、逃げたくなってしまう。 いっぺい君であれば、コミュニケーションができないことから逃げたくなってしまう。 だけどそこか

  • 映画<遠い夜明け>を観て!

     イギリスのロック歌手 ピーター・ガブリエルが 南アフリカの 黒人指導者スティーヴ・ビコに捧げた<Biko>という曲を 聴いていたら この映画を 再度観たくなり 観ることにしました。もう20年以上も前に 一度観ましたが あまりの素晴らしい映画で 何度見ても 心に迫ってくるものがあり 一人の人間として 生きているうえで 大切なものを 教えてくれる映画と言っても 言い過ぎではないと思うほどです。 Pe

  • アフリカの言語事情

    こんにちは。 東南アジアは4度目のベトナムなうです。 落ち着いたので アフリカ(エジプト、南アフリカ、モロッコ)での出会いで 心に残ったこと、考えたことを書こうと思います。 エジプトは滞在期間も短かったせいか あまり感じませんでしたが、 南アフリカ、モロッコで感じたこと。 アフリカの方達は言語が堪能すぎること。 南アフリカで出会ったコンゴ出身のジョジョは フランス語、英語、スワヒリ語が堪能でした。

  • 為替

    保有218165ランド 追加68ランド

  • SBIFX

    保有140005ランド 買い増し10000ランド 122ランド

  • 国境を越えること

    こんにちは。 私は今は、南アフリカはケープタウンにいます。 これまで約4ヶ月間旅行してきてそんなにたくさんではないけど 色んな人と話をして、ふと国境を越えることについて考えたことがあるのでまとめておこうと思います。 私は、トルコのイスタンブールで 何人かのシリア人に会いました。 今、自国に住むことはシリア人でさえも危険で彼らに殺されるからシリア以外のどこか別の国へ出国して、そこで働いたり、暮らした

1 2