• 楽しくも悩ましい食料計画

    JMTに行くことになった瞬間から決めていたこと、それは3週間分の食料をすべて一から自分で手作りする、ということでした。 また準備期間が短いのに、バカなことを、と、心のどこかでささやく、もうひとりの自分がいないこともないのですが、わたしは、アウトドアとヨガの次に順位入りするくらい、料理が好きなのです。1泊や2泊の短いバックパッキング旅のときは、野菜やお米、麺類や調味料を背負っていき、豪華に料理するの

  • ロングトレイルを支える装備、道具たち

    旅準備というのは、ときにストレスでもありますが、ときには旅そのものよりも、心躍るわくわく感に満ちた時間だったりもします。やがてやってくる夢の旅に期待を膨らませ、調べものをしたり、買い物をしたり、仲間と情報をわかちあう時間。ひとたび旅が始まってしまうと、充実感とともに、しかし旅そのものを生きる、という、非日常な時間やトラブルに見舞われたりしているうちに、あっという間に終わりがきてしまうもの。「ああ、

  • 単独行

    ひとりで、ゆく ひとりで、生き延びるための最小限の荷物だけを背負って、大自然の中を歩いてゆく。 ありのままの自分でいたいから 偽らずに、ほんとうの自分である瞬間 ほんとうの自分にならざるを得ない場所 大自然の中に、ひとりで、出かけていく ほんとうの自分って、なんだっけ おぎゃあと泣いて、母の胎内から、ありったけの祝福と愛に囲まれ、この世界にやってきた瞬間は、ほんとうの自分以外は存在しなかったはずの

  • パーミット、最初にして最大の難関

    夢が、高いところに、ぼんやりぴかぴか漂っている存在から、実際に向かっていくべき目標になったとき。 走り続けた目標が、実際に手の中にやってきて、日常生活になったとき。 そしてその日常生活が終わって、過去のものとなったとき。 このブログでは、これから時間をかけて、そんな経緯をゆっくりと綴らせていただきますが、前回の記事では、15年間なんとなく思い続けた夢が、突然1か月半先の目標に変わる瞬間を書きました

  • それは大失恋からはじまった

    おんな一人旅で山奥を何週間もバックパッキング…というと、やはり「危なくないの」「そんなことしている人、他にもいるものなの」というような疑問を投げかけられることが少なくありません。危なくないのか、という点に関してはまた後の機会にじっくり語らせていただくとして、珍しいかどうか、という疑問に対しては、「主流とは言えないけれど、現在の北米では、大騒ぎされるほど珍しくもない」というのが答えです。 わたしが移

  • ジョンミューアトレイルとは

    何はさておき、まずはジョンミューアトレイルについて、ご説明せねばなりませんね。 ジョンミューアトレイル、通称JMTは、全長350キロ、カリフォルニア州に堂々と横たわる、広大なシエラネバダ山脈に沿ってつくられた、歩くためのトレイルです。北米ではハイカー、バックパッカーの憧れの長距離トレイルの一つで、特にここ数年は、6か月前から申請しても、許可書を取るのはほとんど不可能という状態になっています。出発、