• 未来旅行 本土へ戻る

    展望台で写真を撮り、再びパーキングエリアのお土産さんに寄るつもりが意外にも、もう買い物はないと真っ直ぐにクルマへと戻ってしまった。   T「寄らなくて良いのですか?・・・なにも買わないのですか?・・・そうなんだぁ~😣」 ・・・な~んて感じながら・・・ やはり陽菜ちゃんの異変が気になってしょうがない私だった❗ なんだかな少しでも、気持ちぬを和らげたくて・・・ もちろん車内の空気はいたって、やんわり

  • 最後の10日間 その2

    タカシはいつもわたしの心の動きを見抜く。 わたしがどんな想いを抱いて今回来たのかをよくわかってくれていた。 悲しい涙で泣いてはいけない・・これから10日間も連続一緒に過ごせることに感謝しなければいけない。 公私共に多忙なタカシを少しでも支え疲れを癒したい・・ いつもは週末に来ていたが翌日も平日で会社があるから夕飯はいつものように''割烹ミオコ'' はできない。 それでもヘルシーメニューとビールでゆ

  • 最後の10日間 その1

    3月に入り年度末でタカシは仕事はかなり忙しくなっていた。 併せて家族と住む新居への引越の準備など諸々をすべて一人で行っていた。 彼も仕事の関係上、人脈も拡がり地域の情報や不動産事情も長けてきたが、いろいろな付き合いも考慮しなくてはならず苦しんでいた。 たった4ヶ月でワンルームのアパートをを解約する事も違約金が発生してしまい、かなり交渉に困っていたようである。 仕事も激忙なのだからわたしも手伝いたい