• 友人?R子

    買い物の帰り向こう側から 歩いてくる人を見て ん?って目を見張った 霰交じりの雨が降っているのに 綿入り半纏で歩いてくる その顔と歩き方ですくにわかった R子だって 声をかけるとあっちもびっくりして しばらく立ち話をした R子と私は同じ年で同じ職場に勤務してた 実家からは遠かったので二人とも 会社の寮に住んでいた 彼女の両親と弟は金遣いが荒く 借金をしてたので 給料日になると 弟が金をせびりに寮へ