• 2018年問題

    ボクが司法書士試験に合格した年の合格率は3.3%でした。人数でいうと700人くらいの合格者がいたことになります。実はここ数年受験者数はどんどん減少しており、今年の受験者数は1万5000人程度。平成初期の頃の人数にまで落ちてきているそうです。全国の司法書士の人数は、現在2万2000人強ですが、こちらは年々微増傾向。業務廃止と新規登録のバランスはいい方なのかもしれません。受験者数の減少は、資格そのもの

  • 相続人は誰か④

    配偶者と子供達の、いわゆる「家族」の人達が相続人であるケースはとても多いと思います。結婚して子供が生まれ、年を取って死んでいく。そういう人生は「普通の人生」といえるでしょう。在りし日の思い出を語り合いながら故人を偲ぶということは、家族であるからこそできる大切な儀式でもあります。 最近の相続相談で多かったのが、「未婚の叔父叔母が死んだ後」の問題でした。いずれも未婚で子供どもがいないため、相続人は兄弟

  • 相続人は誰か③

    法定相続人を特定するためには、戸籍という公的証明書が必要なのですが、それは、何かしらの事務手続きに必要だということでもあります。相続財産は相続人全員のものですから、そのうちの一人が勝手に処分したりはできません。ちゃんと戸籍を見て誰が法定相続人かを調査する必要があります。登記にしろ預貯金の払戻しにしろ、相続手続きはすべて戸籍が出発点です。つまり、必要な手続きの分だけ戸籍の通数が必要ということになりま

  • 相続人は誰か②

    戸籍を見ると、その人の人生が多少なりともわかります。身分関係だけですけど。生涯独身でいたとか、結婚離婚を何度か繰り返していたりとか、子供を幼くして亡くしていたりとか。性別が変わっていた人もいました。戸籍は過去に何度か改正されていますし、結婚や転籍などで新しく作られたりします。多くの方の場合、戸籍は少なくとも二通以上になる可能性があるということは知っておいた方がいいかもしれません。 戸籍は本籍地でし

  • 相続人は誰か①

    複雑な家庭環境の人ほど、「自分が死んだら誰が相続人になるのか」ということに関心があると思います。お互いが子連れの再婚同士だったりすると結構シビア。相談者の立場によっても話の内容が変わるため、相続については、受け手としてはたくさんの引き出しが必要です。 自分が死んだ後のことを相談に来た方に対して、ボクは、「遺言書を残しましょう」という回答をすることがほとんどなのですが、実際に手続きをされる方はまれで

  • 資格試験合格後の自分は

    独立開業してから3か月。最初の月に「仕事ゼロ・収入ゼロ」を経験してしまい、かなり焦っていましたが、ここにきて、徐々に仕事をいただけるようになってきました。ありがたいことです。お仕事をさせていただいた皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。より一層の努力で、皆さまのお役に立てる司法書士になってまいります。 最近は、同業者の先輩たちとお話をさせていただく機会を多く持たせていただいてます。研修会の場であった

  • 願書受付ハジマリマス

    毎年GWが明けると、司法書士試験の願書受付が始まります。過去十数回願書を出し続けたボクにとっては、年中行事の一つだったわけですが、もはやその必要はありません。今は年中無休の個人経営者としてGWも仕事です。まぁ、大したことはやってませんが。 受験会場は自分で選べるため、田舎に住んでいる方でも東京や大阪などの大規模会場を受験地とすることが可能です。願書を提出する際に、受けたい会場の管轄法務局に持参する

  • ベテラン受験生⑧

    受験生活も長くなり、ベテラン受験生(ヴェテ?)と呼ばれる部類に入りましたが、ボクは最後には合格しました。今、受験を控えている人の中には、仕事しながら勉強してる人もいるでしょう。大変だと思います。ボクもそうだったからわかります。結婚していて、家族があって、それでも受験している人もいるでしょう。大変だと思います。ボクもそうだったからわかります。周りから、「もう諦めて違う道に進みなよ」って言われている人

  • ベテラン受験生⑦

    試験会場でのお昼時間の過ごし方って、人それぞれです。知り合いがいる人は仲間内でワイワイ言いながらお昼を食べたりおしゃべりしたりして過ごしてますが、多くの受験生は一人ぼっちです。とりあえず試験教室からは出ていく人が多いと思います。試験会場も何年も通っていると、そこが母校のような気持ちになってきます。トイレの位置とか、ベンチの場所とか、駅までの裏道などなど、だいたい把握しています。ボクは何年も同じ会場

  • ベテラン受験生⑥

    ボクが合格した年に知識とは関係なくやったことですが、たとえばこんなこと。 多肢択一問題で1問当たりにかけられる時間は、午前3分、午後2分弱なんですが、これを試験前に声に出して言うこと(周りの方に迷惑にならない程度のちっちゃい声で)。実際問題解くときも、所定の時間が過ぎたものは諦めて次の問題にいってました。 試験開始直前にやったこと、のついでにもう一つ。開始5分前からは、開始の合図があるまで、ひたす

  • ベテラン受験生⑤

    合格した年の勉強方法ですが、テキストを読むということにつきます。ある予備校の有名講師の方のお話ですが、テキストを問題集代わりにする、ということをおっしゃってました。主に法律用語で固められた試験なので、ほかの試験とちがって特殊なのかもしれませんが、言葉の定義であるとか、その事柄の要件であるとかを思い出しながら読み込むというものです。文字だけ追ってないで、記憶に直結できるように色々な角度で読んでいけば

  • ベテラン受験生④

    同期合格者の中には、「私、受験回数多すぎて何回受けたかなんて言えません」という方もいらっしゃいましたが、ボクより長い受験回数の方は一人しか知りません。直接会ったことはないですケド。受験生のなかでは、とても有名な方だったと記憶しています。発信力のある方で、合格者の中でも中心的な存在だったなぁと思います。人に影響を与える力をもっている方って、とても素晴らしいと思います。 さて、ボクは働きながら受験勉強

  • ベテラン受験生③

    実務経験も10年を超えると、大抵のことはできるようになります。入所したての頃の、失敗しては呼び出される、という毎日が懐かしい。懐かしいと思うだけで、怒られっぱなしのあの頃に戻りたいとは思いませんが。 事務所の中でも、ボクが受験生であるということを、なんとなく話せない雰囲気です。受かった後に聞いてみたんですが、「毎年受験した結果が気になってたけど、聞くに聞けな」かったそうです。周りの人に気を使わせな

  • ベテラン受験生②

    なりたくてなったベテラン受験生ではありませんが、受験回数だけはどんどん増えました。受験回数の増えた人たちは、数年たつと、「今年の問題はあーだったこーだった」と、評論家のような意見を言うようになります。受かってないんですケドね。事務所の先輩たちもどんどん退職し、ボクも古株となる時期がやってきます。辞めた方は、業界から去った人、他の事務所に移った人など様々でしたね。 受験が10回目になるころ、予備校に

  • ベテラン受験生

    ボクは、司法書士試験に合格するまで10年以上かかりました。同期で合格された方々の中には、平成生まれの方も相当数いらっしゃいまして、「いからしさん、うちの母親と同い年ですよ」などという大変ショッキングな言葉をいただいたこともあります。ボクが受験を始めた当時、小学生だったお子さんが同期の仲間ってナンカ複雑です。 ボクが受験を始めたきっかけは、というとナンカ面倒くさい話になりそうなのでしませんが、まぁ要

  • 五十嵐は「いがらし」なのか「いからし」なのか

    事務所を立ち上げる際に、名前をどうしようかと考えたわけですが、結局「いからしやすなり司法書士事務所」という名前に落ち着きました。ひらがなフルネームとやたら長いのが特徴ですが、もう一つ見落とせない大事な特徴があります。 いからし? いがらし?  ボクの名前には濁点はありません。「いからし」が正解です。ボクの出身地である新潟県では、五十嵐を「いからし」と読む人が圧倒的に多いと思います。地名にもあるし、

  • はじめまして

    今年独立開業1年目の新人司法書士 いからしやすなり です。 みなさまどうぞよろしくお願いいたします。 個人事務所を立ち上げ、現在登記業務中心に執務をしています。 このブログでは、ボクが業務を通じて感じたことや、司法書士業界のことなどを書いていきたいと思います。 法律専門家が身近な存在となれるように頑張りマス。

  • 中古でしのぐ

    家出て図書館で勉強して昼飯食って、うんこして寝るだけの人生なので直ぐにネタが切れる。 昨日からこの問題集を始める。去年三回転くらいしているはずなのに大分間違える。 24年の過去問の解説が気持ちの良いくらい簡素なので読書嫌いの俺には最適であった。 今月はヤフオクの売り上げ前年比44パー減なので中古参考書で年内しのがなくてはならない。

  • 年金を取りに行く。

    昨日は帰ってからプラモ作って寝た。 今日は年金の日なので家人のお使いで朝から引き出しに行って、それから図書館で勉強の予定。 午後科目の過去問の続きね。 特例申告とか電子的なんとかとかアナログ君なのでよう分からんわ。 今年の択一午後科目酷かったのでこの辺対策せんとといかんなぁと。 監査役等設置会社とか特別取締役とかややこしいてかなわんわ。 まあ、今日も一日頑張りまひょ。

  • テレビ見ない

    家人が韓国ドラマを見続けテレビを占拠して久しい。もう見たいテレビが無いので別にかまわない。 パトカーがひっくり返り建物が爆発するような金のかかった作品はもう見れないご時世のようだ。 殴る蹴るの暴行の取り調べと激しい銃撃戦が無くてはドラマではないのだ。 こういうモノしか好まない息子に親は泣いている。 また説教されるのはかなわんので、そろそろ図書館に逃げ込むことにする。 本日は過去問の午後科目つぶす予

1 2