• 名前を売るって怖いんだ

    不特定多数の人に対して 名前を知られ、その存在を知られる事。 今のネット社会。 情報化社会では、それは簡単な事なんだ。 昔の戦国時代。 名前を売る事も 人に名前を知られ殺される可能性のある事はその時代生きる人は、知っていたんだ。 寿命が長い若者は、考えないといけないと思うんだ。 簡単に名前を売る事。それがこの先危険な事だという事を 名前を売る事。名前を知る事。 存在を知らせ、その存在を知る事がね?

  • それ以降かな?

    例の彼女と思わしき謎の黒いコートを着た女性。謎の女性から違った名前を 叫ばれた後。 変な変な偶然。 自分の身に重なる現象が現れた。

  • 名前を間違って正解かもしれない

    気づかせる為。適当に名前を呼んで正解かもしれない? 自分は、その時は、決心がついていたんだ。 その土地を少しの距離離れる事や 只のファンだと告げる事を例の彼女に伝えようと思ったんだ。 でも、一度でも話しかけてしまったら その後の事まで解らない。 その後。 彼女になってください。結婚してくださいと 自分は、例の彼女に懇願したかもしれない。 自分は、とてもその時。理性的では無かった。 自分のような年取

  • 自分の名前は、ケンジではない

    名前が違う。 だから、勘違いだと思ったんだ。 謎の黒いコート?コートらしき衣服を羽織った謎の女性を

  • 最後に、例の彼女と思わしき女性に会った時

    自分は、その女性を例の彼女だと思い。 その土地から、少し離れる事を伝え 今迄通り? その時分は、例の彼女を女性として意識してしまって商品を 上手く買う事ができなかったのだけれど ビックリする程。綺麗で可愛い店員さんのファンだと伝えようと思って、その謎の女性の元へ向かったんだ。 すると、その時。 謎の女性が叫んだ名は、「ケンジ」。

  • ひらがなに直すと

    最初の一文字の音が父親の名と被る。 良く考えているんだ。 祖母は、とても、頭の良い女性だった。 そして、とても責任感の強い真面目な人だった。 そして、簡単に人様の子に名前付ける様な人物ではない。 それに、自分の事が好きだったんだろう。 生まれる前から 一生懸命名前を考えてくれたのだからね? おそらく、両親から一字も取らない事は、決めていたと思うんだ。 でも、それでは、縁が切れてしまう。 父親と縁が

  • 自分の名前は、変わっているんだ

    その名前、いたって普通の名で多くの人は、なんら違和感や変異を 認めないとおもうのだけれど 自分の名前は、変わっている。 その問題は、自分の置かれたバックボーン。 簡単に言うとその背景なんだ。 自分の両親は、自分の事を好きではなかった。 これから、生まれる自分達の子に対して、愛情を 注げる様な人物達ではなかった。 この先。生まれる自分達の子に対して、名前を考える事や 名を与える事を簡単に言うと「メン

  • 昔の時代と違って、今の時代は色々な選択肢があっても良いと思うし

    多様性もあっても良いと自分は、思っている。 それによって結婚制度や家族制というものが変わって行く事もあるかもしれない。 そして、自分が人様の苗字。 どのような名を名乗ろうが口を挟む事や、意見の述べる様な存在ではないのは 重々知っている。 そんな自分に変に目についた記事。 高齢の女性の裁判問題なんだ。 昔の時代は、夫。旦那さんの籍に入る。 同じ苗字を名乗る利点って物があったんだ。 その流れを組む者と

  • 団体が分裂。名前が乱立する業界?業種ってあるよね?

    有名なのはプロレス団体や日本の剣道や武道? それに多くの職業で、日々新たな名前が生まれている。 それは 今迄の名。その名やその流れで日々の糧を得る事が出来ない。 だから、別の名を名乗り別の流れの元。 食べて行く事を考えての事なのだろうと思うんだ。

  • 名前を分けると言うのは不吉な暗示なんだ

    物を分かつ? この先。物事が別れるという。不吉な暗示。 他人から見れば、そのような意味での意思表示だね?