• しまなみ海道

    本来はサイクリングなどで通った方がよいらしいのですが、効率的に回るといったことを言い訳にして高速バスで通過しました。そして、バスからの写真といった手抜きしました。 朝早かったこともあり、朝日を受けての景色のためか全体的に少し靄がかかったようになりましたが、しまなみの景観と人間が作った大橋とが合わさり、見事でした。

  • 小唄を聴きながら

     世田谷に住んでいたころ、小唄を好んで聴いていた時期がありました。  小石川図書館で見つけた春日とよのレコードを聴いてずいぶんシブい世界があるもんだと驚いたものです。  小唄といっても粋とかそういうことよりも渋みが強い傾向です。心にジンジンと響きました。  三味線は自ら弾いたものもあったかもしれませんが、弟子の人が弾いてるのが多かったかもしれません。  弟子といっても師匠クラスの大御所ばかりです。